漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 悲壮 」 一覧

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 2』……世界平和のための一試行

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(2) (ヤングマガジンコミックス)

 12年前の本編の続編として綴られた「幻獣の森の遭難者」の終了後、ほどなく開始された『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』。現在3巻まで刊行されている単行本の、昨年12月刊行の2巻から、その展開を追って行きたいと思います。
 ちなみに、第1巻については以下を参照ください。間が空いてしまったので念のため。

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 1』……暗黒の“神”は何を望む

連れ去られた三只眼

 前巻のラスト間際、自らに宿した別人格達によって昏倒してしまったパイ(=三只眼[ここでは八雲のパートナーであるパールバティーⅣ世…以後、個人名として三只眼と云う時はこのパイの別人格を指します])。彼女はそのスキに乗じて連れ去られてしまいました。
 連れ去ったのは、今回の黒幕と思しき闇の者、スキウロス。彼(多分)は、12年前の闘いの舞台となったサンハーラ神殿の直上に建つ海上プラント「エディアカラ」に取り入って暗躍し、そこで生じた「サンハーラの闇」とでも云うべき闇の意識体と、その意識体が依り代に選んだ日本の動画配信青年・鳥谷喜一(とりたに・きいち)を用いて、人類と月の鬼眼王を同士討ちさせようとしているのでした。
 ここまで事態は、割とスキウロスの思い通りに進んでしまっているように思います。が、それはともかく、三只眼を奪われた時の八雲の回想の続きから、今巻は始まります。

 言葉を覚えだした闇の意識体――ウロボロスの望みは、世界に散らばった“闇”の統合。『3×3EYES』本編の結末を踏まえた願望のように思えますが、ウロボロスはそれを叶える前に、人類の望みを叶える、と嘯(うそぶ)きます。
 訝しむ八雲を尻目に、三只眼カーリーが攻撃を仕掛けますが、効果なし。今のままでは、ウロボロスは八雲にすら倒すことの叶わない存在のようです。ピンチと思いきや、喜一の仲裁で事態に収拾がつく格好に。
 自分は難しいことは分からず、戦争や争い事を企てる者の「被害者」であり、とにかく「平和な世界」が望みだという彼には、いかにも現代の日本人という感覚を抱きます。ところで、闘いの最中に唐突に入り込んだ彼の記憶は、「木星になりたい」と語りながらも、居なくなってしまった兄についてのものでした。木星は1巻冒頭にも出てきましたし、今作を彩るモチーフの1つとして注意しておきたいところです。
 「平和な世界」という喜一の望みを叶える方法なんて、きっと誰にも分かりません。が、ウロボロスは「当事者」を探すと云い出します。
 一方、スキウロスの部下ビヨールカの奇策「置換(ザミユエナ)」により、三只眼は囚われの身に。この「置換」という術ですが、一見よく分かりませんでした。単純に、三只眼とビヨールカの位置を入れ替えた、ということでしょうか。
 ともあれ、こうしてスキウロスと喜一らは、動きを封じた三只眼を連れて東京を去ったのでした。残された八雲もカーリーも、真意の知れない相手に表情は冴えません。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『少女終末旅行 6(完)』……Fly Girls to The Moon

 履帯式牽引車両ケッテンクラートに乗った2人の少女、チトとユーリ。終わりゆく世界の多層構造都市を上へ上へと向かう彼女たちの旅を描いてきた、つくみず氏の『少女終末旅行』の、完結巻となった6巻を読みました。  正直なところ、結末を知るのが怖くて、なかなかページをめくれなかっ……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 5』……最上層、その手前の追憶

 沈黙が支配する終末間近な未来世界を、履帯式牽引車両ケッテンクラートで旅する2人の少女、黒髪黒瞳・しっかり者のちーちゃん(チト)と金髪碧眼マイペースなユー(ユーリ)。2人の、呑気さと悲壮さの絶妙な混淆に哲学的な問いを散りばめた旅を描いたつくみず氏『少女終末旅行』の、最終巻……

thumbnail

【一会】『Pumpkin Scissors 21』…… 今、押込めていた「正義」を語ろう

 そろそろ刊行が1年前になろうか(2017年8月刊行)という事実に戦きますが、それでも『Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)』第21巻について、色々と書こうと思います。  長らく続いた“帝国”と“共和国”の戦争。停戦から3年を経ても、その傷痕は種々の……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 25』……その信念の意味と価値

 巨人化する能力を有するエルディア人の一種族“ユミルの民”、彼らの力を軍事利用してきた軍事国家マーレ、その両方がそれぞれの思惑から殲滅を願うパラディ島の“壁”の中に逃れたエルディア人たち。当初の“人類VS巨人”という構図から大きくかけ離れた世界の実態が明らかとなりつつある……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 23』……遠く離れた壁の内側で

 巨人から逃れ壁の中で生き延びた人類が、その存亡をかけて、壁外から襲い来る巨人と戦う。そんな当初の前提から、大きく変容した世界の構図が明るみに出た『進撃の巨人』。  既に今月25巻が刊行されていますが、プレイバック的な意味合いも含めて、過日の22巻に続き23巻から読んで……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 29』……動く状況、去らぬピンチ

 年明けから三度アニメ化もされた『七つの大罪』。エリザベスをめぐって歩んできた、メリオダスの3000年にわたる過酷な時間が明かされ、“騎士団〈七つの大罪〉と魔神族との戦い”や“アーサー王伝説にどう繋がるか”ということに加えて、“彼と彼女の終着点”も気になることになってきま……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 28』……良くも悪くも、因果は巡る

 多種族による7人だけの騎士団〈七つの大罪〉と、世を滅ぼそうとする魔神族の戦い、そしてその背後にある魔神族と女神族という対立する二種族間に芽生えた愛の悲劇を描く『七つの大罪』。過日に引き続き、昨年10月刊行の28巻について語ります。  ちなみに今巻の限定版はキラキラ缶バ……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 27』……憂心去らぬ、再集結

 魔の血を受け継ぎながら平和を願ったメリオダスを団長に、様々な種族が集った7人の騎士団〈七つの大罪〉の戦いと、過去の因縁を解き明かし、アーサー王の伝説へと連なる前日譚『七つの大罪』。27巻が出たのは去年7月です。既に29巻まで出ている本作ですが、まずは今巻から、読んで思っ……

thumbnail

【一会】『ベルセルク 39』……桜舞う里の憩い、彼女の深層への旅

 多くの人が、その成り行きを固唾を飲んで見守るダークファンタジー、三浦健太郎氏『ベルセルク』の、39巻が刊行されたのは今夏の始めの6月末。未完の大作になるのでは、と云われることも多い本作ですが、前巻からは1年余りというハイペースの刊行となりました。相変わらず遅きに失し過ぎ……

広告

広告