漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 悲壮 」 一覧

【一会】『七つの大罪 33』……その男、マエル

七つの大罪(33) (講談社コミックス)

 ついに人間・女神族の同盟軍と魔神族の戦闘が始まった、騎士と魔力のイングランドファンタジー『七つの大罪』。前巻32巻では、魔神族〈十戒〉の一角、「慈愛」のエスタロッサの狂乱ぶりが描かれましたが、今巻33巻はどのように展開するでしょうか。

 そういえば今巻でも途中ページや巻末エッセイ漫画「フィクション88%」で大々的に紹介されていますが、昨夏、本作の劇場版アニメ「天空の囚われ人」が公開されました。
 結局自分は観られなかったなぁ…と慨嘆していましたが、そうこうするうちにDVD/LDがリリースされるとのこと。近く各配信サービスでも観られるんじゃないかと思います。

〈七〉〈四〉〈十〉混合チーム

 前巻末、エスタロッサは、執着するエリザベスを連れ去りました。降り立った場所で、狂気のままにエリザベスを追い詰めるエスタロッサですが、エリザベスは女神族の力で吹き飛ばします。
 人心地を得ると、彼女は思い出します。この場所は、かつて彼女が女神族として存在していた頃、メリオダスとの逢瀬の場所だった天空演舞場の跡地。エスタロッサもまた、憶えがある場所のようです。
 同刻、掃討部隊の陣中では、さらわれたエリザベスを追おうと現状〈七つの大罪〉で唯一空を飛べるキング、〈四大天使〉サリエルとタルミエルの3人が出発しようとしていました。そこに追随を申し出たのは、〈十戒〉の「純血」の戒禁を持つ者だったデリエリです。
(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『七つの大罪 32』……「沈黙」と「慈愛」に纏わる諸事情

 前巻31巻にて、リオネス王国を中心とする聖騎士と騎士団〈七つの大罪〉を始めとする人間たち、彼らと当座の同盟関係にある女神族、これに対する魔神族による戦いの火ぶたが切って落とされた『七つの大罪』。戦いの序盤を描いた、昨年6月刊行の32巻を、引き続き読み進めます。 「……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 31』……英雄不在の聖戦へ

 闇の魔神族、光の女神族、そして騎士団〈七つの大罪〉と人間たちという3つの勢力による戦いがクローズアップされてきた『七つの大罪』。先日に引き続き、昨年4月刊行の31巻を読みたいと思います。 神と人との盟約  前巻ラストにて、女神族の〈四大天使〉の一角リュドシエ……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 30』……神・魔・人の三陣営

 昨年は劇場版アニメ化も果たした、「アーサー王伝説」に連なる剣戟と魔力のイングランド・ファンタジー『七つの大罪』。既に35巻がこの17日に刊行済みですが、未読だった昨年2月刊行の30巻から、ぐいっと追いかけていきたいと思います。  ちなみに、30巻の限定版付録は「ミニ画……

thumbnail

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 2』……世界平和のための一試行

 12年前の本編の続編として綴られた「幻獣の森の遭難者」の終了後、ほどなく開始された『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』。現在3巻まで刊行されている単行本の、昨年12月刊行の2巻から、その展開を追って行きたいと思います。  ちなみに、第1巻については以下を参照ください。……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 6(完)』……Fly Girls to The Moon

 履帯式牽引車両ケッテンクラートに乗った2人の少女、チトとユーリ。終わりゆく世界の多層構造都市を上へ上へと向かう彼女たちの旅を描いてきた、つくみず氏の『少女終末旅行』の、完結巻となった6巻を読みました。  正直なところ、結末を知るのが怖くて、なかなかページをめくれなかっ……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 5』……最上層、その手前の追憶

 沈黙が支配する終末間近な未来世界を、履帯式牽引車両ケッテンクラートで旅する2人の少女、黒髪黒瞳・しっかり者のちーちゃん(チト)と金髪碧眼マイペースなユー(ユーリ)。2人の、呑気さと悲壮さの絶妙な混淆に哲学的な問いを散りばめた旅を描いたつくみず氏『少女終末旅行』の、最終巻……

thumbnail

【一会】『Pumpkin Scissors 21』…… 今、押込めていた「正義」を語ろう

 そろそろ刊行が1年前になろうか(2017年8月刊行)という事実に戦きますが、それでも『Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)』第21巻について、色々と書こうと思います。  長らく続いた“帝国”と“共和国”の戦争。停戦から3年を経ても、その傷痕は種々の……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 25』……その信念の意味と価値

 巨人化する能力を有するエルディア人の一種族“ユミルの民”、彼らの力を軍事利用してきた軍事国家マーレ、その両方がそれぞれの思惑から殲滅を願うパラディ島の“壁”の中に逃れたエルディア人たち。当初の“人類VS巨人”という構図から大きくかけ離れた世界の実態が明らかとなりつつある……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 23』……遠く離れた壁の内側で

 巨人から逃れ壁の中で生き延びた人類が、その存亡をかけて、壁外から襲い来る巨人と戦う。そんな当初の前提から、大きく変容した世界の構図が明るみに出た『進撃の巨人』。  既に今月25巻が刊行されていますが、プレイバック的な意味合いも含めて、過日の22巻に続き23巻から読んで……

広告

広告