漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 悲壮 」 一覧

第190夜 海を渡った会津者たちの夢の果て…『White Tiger〜白虎隊西部開拓譚〜』

「黄金を夢見た者も/故国で行き場をなくした者も/覚悟して海を渡りここに行きついた/ここで生きていくほかないのだ/異国で生きるとはそういう事だ」


White Tiger~白虎隊西部開拓譚~ 1 (ヤングジャンプコミックス)

White Tiger白虎隊西部開拓譚〜』夏目義徳 作、集英社『グランドジャンプ』→「GRAND JUMP WEB」掲載(2013年1月~2014年2月)

 1868(明治元)年、戊辰戦争の一局面である会津戦争において、会津藩は敗北した。幕府への忠節を守って戦った会津に対し、しかし戦後の仕打ちは苛烈なものとなる。
 略奪が繰り返される城下で、砲術(銃)の才能を持ちながらも戦えず、腹も切れなかったことに慚愧の念を抱く白虎士中二番隊隊士、白石鶴之助(しらいし・つるのすけ)は、同じ年頃の少年少女に出会う。白虎寄合二番隊隊士で剣に秀でる安藤英虎(あんどう・ひでとら)、そして鶴之助の恩師である会津藩軍事顧問である平松武兵衛(ひらまつ・ぶへい)ことヘンリー・シュネルの屋敷で子守りをしていた少女、おけいである。
 無残な姿となった会津に心を痛めたシュネルは、アメリカに会津の町をつくる事を提案、その移民団へと鶴之助たちを誘う。旧藩士の桜井松之助(さくらい・まつのすけ)、大工の増水国之助(ますみず・くにのすけ)、商人や農民たち、およそ20人での船出だった。
 船旅を終え、アメリカへと渡った一行だったが、そこでも困難の連続が彼らを襲う。多様な人種が入り混じる社会の中、それをめぐって巻き起こる事件を経て、鶴之助の銃の才は覚醒していく。
 しかし、ようやく建設された開拓地“若松コロニー”での暮らしは厳しく、追い込まれていく移民団。起死回生を狙った鶴之助と英虎の運命は、皮肉なものへと捻じれていくのだった。
 荒野をさまよう白き虎たちの夢の果ては、どこか――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第188夜 独りで穏やかに生きていける、つもりだった…『ヒミズ』

「ねぇ・・・・何かないの? ・・・・有名になりたいとか/お金持ちになりたいとか・・・・若者らしいフレッシュなヤツは」「ないね」「オレはモグラのようにひっそりと暮らすんだ・・・・・・・・」 『ヒミズ』古谷実 作、講談社『ヤングマガジン』掲載(2001年1月~2002年……

thumbnail

第186夜 善悪の彼岸すら超えて、貫け…『ジキルとハイドと裁判員』

「正義とはルール。悪とはルールを犯すこと。そうダロ?/だとしたら――/お前も悪ダナ。/適正な手続きで判決を下すルールを、犯した。」「……/は…はは…何言ってんだ、僕が悪だなんて…/ルールが正義とか、世の中ってそんな単純なもんじゃないよ。」「…………」「僕が悪だって…?/そんな…/……

thumbnail

【一会】『少女ファイト 11』……誰だって古傷が堪えていないわけじゃない

 今回も新たに言及する漫画です。100夜100漫の方でも『BAMBOO BLADE』(第182夜)を語ってますし、“女子高生部活モノ(体育系)”がマイブームなのかもしれません。  さて、この『少女ファイト』、概要としては、姉(既に故人)への複雑な感情を紛らわすために……

thumbnail

第179夜 夜明けを呼ぶのは、異能ではなく決意…『黎明のアルカナ』

「この力は奇跡なんかじゃないわ/だから私が/奇跡に変えてやるの」「私の命は/あなたのもの/ナカバ様の心のままに」「ありがとう/ロキ」 『黎明のアルカナ』藤間麗 作、小学館『Cheese!』掲載(2009年1月~2013年6月)  人と、半獣半人の種族、亜人が暮らす……

thumbnail

【一会】『おるたな 宇河弘樹短編集Ⅱ』……三味線と、硝子の靴と、ピー○君

 作者の代表作『朝霧の巫女』(100夜100漫第56夜)の外伝(というか自己パロディ?)が収録されている、というのが恐らく一番の話題であろう短編集『おるたな 宇河弘樹短編集Ⅱ』が発売されました。「~短編集Ⅱ」とされているのは、2000年に出た『妖の寄る家』が短編集……

thumbnail

第170夜 千々に乱れる世界にその死を想え…『さよならもいわずに』

「昨日現像に出した写真を取りに行く/いつもの道/いつもの駅前/何故……/一体 何故/何故キホが!?/何故 あなたではなく………」 『さよならもいわずに』上野顕太郎 作、エンターブレイン『月刊コミックビーム』掲載(2009年7月~2010年4月)  「ヒマだからな!……

thumbnail

第165夜 かつてこの国が経験した、凄絶な季節に…『夏のあらし!』

「それでも/夏の間だけでも/生きて再びこの世界に居られることを感謝したいわ/だから精一杯/楽しく生きるわ/命短し/恋せよ乙女/紅き唇/褪せぬ間に…ってね/生きてるあなたは/恋をしなよ!」 『夏のあらし!』小林尽 作、スクウェア・エニックス『月刊ガンガンウイング』→『……

thumbnail

第158夜 狂わざれば、その時代を生きること能わず…『シグルイ』

「士(さむらい)の命は/士の命ならず/主君のもの/なれば/主君のために死場所を得ることこそ/武門の誉れ/封建社会の完成形は/少数のサディストと多数のマゾヒストによって構成されるのだ」 『シグルイ』南條範夫 原作、山口貴由 作画、秋田書店『月刊チャンピオンRED』掲載……

thumbnail

第155夜 親愛と憎悪、その全てで向き合おう…『含羞(はじらひ)−−我が友 中原中也−−』

「小林ィ」「はっ はい」「おまえ“幸福”ってやつを知ってるかい」「“幸福”……ですか」「ああ そうだ/おまえが文章を書くのも/おれが詩をうたうのも/心の底で幸福をさがしているからなんだよ/あくせく働くのも/旅に出るのも/悩んだり/笑ったり/人生について考えたり/悲しみにうちひしが……

広告

広告