漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

【探訪】コミティア128参加記録…はじめましての青海

 令和になって最初のコミティアとなった、本日開催のコミティア128に行ってきた。2020年のオリンピック・パラリンピックの影響で、今回から来年秋までの期間、いつものビッグサイトではなく、代替施設である青海展示棟で行われる。
とはいえ、コミティアはコミティアである。いつものごとく、記録を残したいと思う。

ちなみに、過去のコミティア参加記録は下のリンクからどうぞ。
【探訪】コミティア127参加記録…西側配置をさくさく回る
【探訪】コミティア126参加記録…11月にして汗ばむ場内
【探訪】コミティア125参加記録…夏コミ直後だけど賑やかに
(124以前は目次から)

そういう事情を受けた訳でもないけれど、今日は11時30分には開催地に到着していた。最近ちょっと忙しく、早起きが習慣づけられた結果だったりする。

 青海は、いつもビッグサイトを訪れる際に使用している、ゆりかもめの国際展示場正門駅の1つ隣(というか、いつの間にか駅名が「国際展示場正門」から「東京ビッグサイト」になってる?…今年の3月かららしい)。あるいは、ゆりかもめが大きく迂回した後で到着する、お台場海浜公園駅も便利。
りんかい線も併走していて、こちらは東京テレポート駅が最寄りとなる。どちらかというと、りんかい線の方が便利かも。

 ともあれ、11時30分に青海駅に到着。駅を出たところの表示を見て、左方向に進路を取った。

 しばらくは直進、直進だった。感覚的に云うと海とは逆方向に歩く感じ。

 豊洲方面から乗ってきた、ゆりかもめの車窓から列が見えたので「あれかな…」と思っていたところ、予感は見事に的中。コミティアへの参加としては久々の会場入り行列に加わることに。

 すぐそこに入口があるけれど、ここから行列に従って大きく回り込むことになる。

 行列からは海浜公園の観覧車がよく見えた。何となく、『ハチミツとクローバー』(100夜100漫第85夜)を思い出したり(あれは葛西臨海公園だけどね)。この先の夢の大橋のあたりまで列が連なり、そこでUターンしてきて会場内に入ることになる。

 Uターンの折り返し点で、入場チケットの役割を持つサークルカタログ『ティアズマガジン』のチェックが行われる。
…だけどその後、会場に入る際にもチェックされたのですこし「?」な感じだった。

 こちらが今回の『ティアズマガジン』。割と人間のキャラが表紙を飾ることが多い印象だけど、動物さんたちもいい感じ。新しい時代の幕開けに相応しいおめでたい印象だ。

 ということで、ようやく入口前まで戻ってきて入場。

 時刻は正午。正味15分程度は並んでいたことになる。

 展示棟は、隣接したAとBの2ホールから成る。今回はA棟から回ることに。

 Aホール内部。人の数のせいか、かなり暑い。夏もここで開催される予定だが、対応策が望まれそう。

 AホールBホールともに、むき出しの空調などが仮設っぽい感じを受けた。代替施設なので、これはこれで完成なのか、それとも本格稼働に向けて整備が進むのか。

 ホール内うろうろ。いつもの出張マンガ編集部。今回の出張数は121媒体。前回から10増えている。いつもより活況に思えたのは、時間が早かったから、かな。

 こちらもいつものオムそば屋さん(正式な社名は「スプラウト」さんだと今回はじめて知る)も出展。青海の施設内には自前の飲食施設が無い(自販機くらい)ので、今コミティアほぼ唯一の補給基地となっていた。

 コミティアからの告知いろいろ。今回はテレビの撮影も来ていたらしい(遭遇しなかったけど)。

 見本誌コーナーから企業出展の一角を眺める。だいたい、いつもの風景という感じ。

 ぐるぐるとAホールを回り、次はBホール。ちなみに今回は以下のような感じで配置が分けられていた(漫画を中心にして幾つか割愛しています)。
 A:SF・ファンタジー、青年まんが、少女まんが、JUNE・BL
 B:少年まんが、ギャグ、百合・GL、イラスト

 B棟内部の様子。混雑の具合は、まぁ普通かなというところ。いちばん細い通路でも、たまに人が詰まって歩きにくいと言う程度だった。A棟もB棟もそれほど差はなかったと思う。

 巡り巡って、他の予定もあって退出することに。A棟の西側が出口となっていた。
 退出時の時刻はだいたい13時半。いつもより早く来て、早く帰るという形になった。自分の場合、これくらいの規模のコミティアならだいたい2時間で回れるようだ。

 帰り道は、東京へリポート駅が近いりんかい線を使うことに。時間があれば、お台場海浜公園駅からゆりかもめに乗り、ぐるっと回って豊洲方面に帰るのも優雅かもしれない。

 りんかい線東京へリポート駅の混雑はこんな感じ。大崎方面への電車は、座れることこそなかったものの、立っている人は数えるほどと割と空いていた。

 今回の入手物より。SF、伝奇、ほろ苦い恋愛、逆異世界百合、日常、宮沢賢治風など、割と色々なジャンルのものを入手できた気がする。

 次回のコミティア129は、夏の終わりの8月25日(日)11:00~16:00、今回と同じ東京ビッグサイト青海展示棟A・Bで開催予定。
 場所の勝手も分かったし、時間さえ許せば次はもう少し長居して、じっくりと漫画を見て回りたいと思った。いずれにせよ、楽しみにしたい。

広告

広告
thumbnail

【一会】『七つの大罪 35』……六強激突、強欲の終わり

 聖騎士を中心とした人間と、悪魔のような魔神族、天使を思わせる女神族など多種族の関係と戦いを描きつつ、やがてアーサー王伝説に至るとされる、鈴木央氏の古英国ファンタジー『七つの大罪』。間が開いてしまいましたが、1月刊行の現最新刊35巻を読みましたので、概要や感想などを書きま……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 34』……散りゆく戦士たちと交代劇の真相

 人間、妖精族、巨人族、そして女神族と魔神族。幾つもの種族による長い戦いと、それらを越えた幾つもの恋仲が描き出すイングリッシュファンタジー『七つの大罪』34巻(昨年11月刊行)を読みました。その内容とコメントを綴りたいと思います。 四戒禁の異形  33巻にて、魔神……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 33』……その男、マエル

 ついに人間・女神族の同盟軍と魔神族の戦闘が始まった、騎士と魔力のイングランドファンタジー『七つの大罪』。前巻32巻では、魔神族〈十戒〉の一角、「慈愛」のエスタロッサの狂乱ぶりが描かれましたが、今巻33巻はどのように展開するでしょうか。 劇場版 七つの大……

thumbnail

【探訪】コミティア127参加記録…西側配置をさくさく回る

 2019/02/17  漫事探訪

 今年最初、そして恐らく平成最後の開催となる、2月コミティアに行ってきた。いつものように写真と文章で記録を残そうと思う。  ちなみに、過去のコミティア参加記録は下のリンクからどうぞ。 【探訪】コミティア126参加記録…11月にして汗ばむ場内 【探訪】コミティア1……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 32』……「沈黙」と「慈愛」に纏わる諸事情

 前巻31巻にて、リオネス王国を中心とする聖騎士と騎士団〈七つの大罪〉を始めとする人間たち、彼らと当座の同盟関係にある女神族、これに対する魔神族による戦いの火ぶたが切って落とされた『七つの大罪』。戦いの序盤を描いた、昨年6月刊行の32巻を、引き続き読み進めます。 「……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 31』……英雄不在の聖戦へ

 闇の魔神族、光の女神族、そして騎士団〈七つの大罪〉と人間たちという3つの勢力による戦いがクローズアップされてきた『七つの大罪』。先日に引き続き、昨年4月刊行の31巻を読みたいと思います。 神と人との盟約  前巻ラストにて、女神族の〈四大天使〉の一角リュドシエ……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 30』……神・魔・人の三陣営

 昨年は劇場版アニメ化も果たした、「アーサー王伝説」に連なる剣戟と魔力のイングランド・ファンタジー『七つの大罪』。既に35巻がこの17日に刊行済みですが、未読だった昨年2月刊行の30巻から、ぐいっと追いかけていきたいと思います。  ちなみに、30巻の限定版付録は「ミニ画……

thumbnail

【探訪】コミケ95三日目…さらば平成コミケ

 2018/12/31  漫事探訪

 C95最終日となる今日も、無事にコミケに行って帰ってこられたので、報告したい。  三日目の今日、主なジャンルは以下の通り。  男性向、評論・情報、アイドルマスター、ギャルゲー、学漫、創作(少年)、鉄道・旅行・メカミリ  初日、二日目については、以下のリンクから……

thumbnail

【探訪】コミケ95二日目…風は冷たくも大賑わい

 2018/12/30  漫事探訪

 今日も無事にコミケに行って帰ってきたので、写真と文章で記録を残そう。  C95二日目の今日、主なジャンルは以下の通り。  TYPE-MOON、スクウェア・エニックス(RPG)、刀剣乱舞、東方Project、ゲーム(RPG・恋愛・電源不要・ネット・ソーシャル・ソーシャ……

広告

広告