漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

【探訪】コミケ94三日目…平成最後の夏コミ、最終日

 今日もまた、炎暑のビッグサイトでのコミケに参加してきたので、探訪記録を残そう。
 C94最終日となった今日の主な配置ジャンルは以下の通り。
男性向、鉄道・旅行・メカミリ、アイドルマスター、ギャルゲー、評論・情報、創作(少年)、創作(少女)、学漫、オリジナル雑貨

 ちなみに初日、二日目の記事は以下からどうぞ。
【探訪】コミケ94一日目…暑いけど、そこまででもなかった初日
【探訪】コミケ94二日目…初日より、人も暑さもプラス気味

会場到着~待機

 今日は少しばかり気合を入れ、11時には豊洲に到着できた。

 相変わらず、ゆりかもめ豊洲駅の改札前セブンイレブンはコミケシフトを展開中。

 ゆりかもめに乗車。混雑はさほどでもなかった。

 ほどなく国際展示場正門駅に到着。改札を出て右に曲がればビッグサイトはすぐ…。

 と思いきや、まだ入場規制がなされていた。一般参加者は左に曲がり、大きく迂回して待機列に並ぶことに。

 直立不動での待機は30分ほどだったけど、電車に乗っているうちに飲み物も飲んでしまっていたので、高温多湿がかなり辛かった。飲み物は余分に持っておくのが吉。

入場~西ホール

 ほどなく列は動き出し、りんかい線の有明駅からの人の流れに合流する形でビッグサイトへ。

 エントランスをくぐったのは、12時少し前だったかと思う。

 というわけで、晴れて入場。今日も西ホールから回ることに。

 全体的な混雑は、恐らく3日間で随一だったと思う。

 まずは西1から。配置ジャンルは「創作(少年)」。自分にとっての今日の主戦場の1つ。

 続いて西2。こちらの配置は「創作(少年)」「創作(少女)」「学漫」「オリジナル雑貨」。創作を中心に見つつ、ハンカチを忘れたのでオリジナル雑貨を扱うサークルで発見したタオルを購入。

東ホールへ

 西ホールおよび屋上展示場のコスプレエリアを回り、続いて東へ向かうため、エントランスに戻ってきた。

 人が行き交って、まだまだ混雑している。

 いつもはこのまま渡り廊下を通って東展示場へと向かうのだが…。

 その渡り廊下が高温多湿でとっても辛いので、一度屋外に出て、そちらの通路を使うことに。晴れていれば当然暑いが、曇っていて比較的涼しかったので、この判断は成功だった。

 普段、ゆりかもめ有明駅に向かう際の出口から逆に東展示場に入る。

 混雑は、まだまだかなりのもの。

 配置ジャンルは「男性向」の、東1の様子。一部、混雑で通行に困難がある程の混みようだった。

 トラックヤードにもまだ長蛇の列が続いていた。

 ぐるりと回ってきて、東6。配置ジャンルは「評論・情報」「男性向」。こちらの混雑もかなりのものだった。

 混雑は東4(配置ジャンル「アイドルマスター」「ギャルゲー」)も同様。ひと回りして、エントランスプラザや庭園のコスプレエリアに向かった。

コスプレエリア

 今日も、コスプレイヤーの方、幾人かに写真を撮らせていただいた(画像をクリックすると大きな画像で見ることができます)。
 ※コスプレイヤーの皆様へ…逐一許可を頂戴したつもりでおりますが、差し障りがございましたら、お手数ですがこちらからご一報下さい。

  恐らくは以前も撮らせていただいた、ぐだぐだ旅番組『水曜どうでしょう』より、四国巡礼中の大泉洋氏。お顔がもう、おだやかだもん(藤村D風)。お隣は「よう」繋がりで『ラブライブ!サンシャイン!!』より渡辺曜。

 UHA味覚糖の小腹満たしグミ「忍者めし」より、忍者。たぶんラムネ味の方。

 『SLUMDUNK』より、安西先生。何事もあきらめ悪くいきたいものです。

 FGOことスマートフォン用RPG『Fate/Grand Order』より、ジャンヌダルク(オルタ)。扮するは珍龍(TwitterID:@hiro_jejeje、Archive:456548)さん。

 『艦隊これくしょん』より、駆逐艦・島風。多くの提督が「一周回ってまた可愛く思えてくる」と証言する、押しも押されもせぬ看板艦娘の一角。

 今年もいらっしゃった自宅警備隊N.E.E.T(Not Employment Embattled Team)の皆さん。新装備各種を披露。

 今春6度目のアニメ化がなされた『ゲゲゲの鬼太郎』より、鬼太郎と猫娘。水木先生は現世にいなくなっても、ずっと続く漫画だと思う。猫娘に扮するは、千歳ゆう(TwitterID:@kirakira_power0)さん。

 鬼太郎たちと同じ構図でも雰囲気が真逆な、『銀魂』より、銀さんの大屋にして、万事屋の階下にあるスナック「お登勢」のママ・お登勢と、その従業員の出稼ぎ天人キャサリン。表情が堂に入ってます。お登勢に扮するは、犬中尉(TwitterID:@k00027、Archive:339533)さん。

 今秋からのアニメ化が発表されている『ジョジョの奇妙な冒険』第5部「黄金の風」(100夜100漫第21夜)より、主人公ジョルノが所属することになるマフィアのチームリーダー、ブローノ・ブチャラティ。扮するはRoxie(TwitterID:@RokuMuza)さん。

 最後は、いつかも撮らせていただいた、にこぺっぱー(TwitterID:@2525pepper)と、いつのまにか増員されていた海未ぺっぱー(TwitterID:@UmiPepper)。何となく2体ともカメラ目線。

帰路(大崎へ)

 エントランスプラザ付近を歩いていたら、頭痛と吐き気という熱中症の症状が。そろそろコスプレエリアも終わりの時間だし、切り上げて一休みした。

 その後ほどなく友人と合流、りんかい線有明駅から乗車して帰ることに。こちらのローソンも、例によってコミケシフトを展開。

 駅に入るための行列も、なかなか進まない。

 それでも、どうにかりんかい線に乗り込み、乗換駅でもある大崎駅で下車。

 以前からそうだが、コミケ帰りの途中下車駅という利用を促進すべく、駅前でコミケ参加者向けな企画が色々と展開されていた。コミケの“戦果”をチラ見せすると、無料で飲み物が貰えるなど。

 お店に入り、一休みしながら、友人と小一時間お喋りして、解散となった。

 Twitterでは「平成最後の夏コミ」という言葉がトレンド入りしていたが、なるほどその通り。暑さに苦しむことの多い3日間だったけど、平成最後の夏コミは、充分に楽しめたと云えそうだ。
 次の冬コミは正真正銘、平成最後のコミケということになる。寒い頃なので、今度は防寒の準備を進めつつ、楽しみに待ちたい。

広告

広告
thumbnail

【探訪】コミケ94二日目…初日より、人も暑さもプラス気味

 2018/08/11  漫事探訪

 今日もコミケに参加してきたので、その記録を。  C94二日目の今日の主な配置ジャンルは以下の通り。 ガルパン、ラブライブ!、ヘタリア/血界戦線、ワールドトリガー、ハイキュー!!、黒子のバスケ、ユーリ、TIGER&BUNNY、おそ松さん、ガンダム、弱虫ペダル、進撃の巨……

thumbnail

【探訪】コミケ94一日目…暑いけど、そこまででもなかった初日

 2018/08/10  漫事探訪

 記録的な暑さとなっている今年の夏にも、コミケの3日間が訪れた。命をだいじにしつつ連日参加しようと思っているので、例によって記録を残そう。  C94初日の今日の主なジャンルは以下の通り。 TYPE-MOON、スクウェア・エニックス、艦これ、あんさんぶるスターズ!、……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 6(完)』……Fly Girls to The Moon

 履帯式牽引車両ケッテンクラートに乗った2人の少女、チトとユーリ。終わりゆく世界の多層構造都市を上へ上へと向かう彼女たちの旅を描いてきた、つくみず氏の『少女終末旅行』の、完結巻となった6巻を読みました。  正直なところ、結末を知るのが怖くて、なかなかページをめくれなかっ……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 5』……最上層、その手前の追憶

 沈黙が支配する終末間近な未来世界を、履帯式牽引車両ケッテンクラートで旅する2人の少女、黒髪黒瞳・しっかり者のちーちゃん(チト)と金髪碧眼マイペースなユー(ユーリ)。2人の、呑気さと悲壮さの絶妙な混淆に哲学的な問いを散りばめた旅を描いたつくみず氏『少女終末旅行』の、最終巻……

thumbnail

【一会】『銀の匙 Silver Spoon 14』……想い、叶う。それはそうと急展開

 札幌で勉強漬けだった中学生活から、逃げるように十勝の大蝦夷農業高校に進学した八軒勇吾(はちけん・ゆうご)。彼の価値観の転換と“本当にやりたいこと”の探索を中心に、淡い恋と部活動、そしてひたすら農地と家畜と労働の群像劇を描いてきた『銀の匙 Silver Spoon』の……

thumbnail

【一会】『Pumpkin Scissors 21』…… 今、押込めていた「正義」を語ろう

 そろそろ刊行が1年前になろうか(2017年8月刊行)という事実に戦きますが、それでも『Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)』第21巻について、色々と書こうと思います。  長らく続いた“帝国”と“共和国”の戦争。停戦から3年を経ても、その傷痕は種々の……

thumbnail

【一会】『ダンジョン飯 6』……諍いと死闘、そして更なる深層へ

 古き良きファンタジーRPG的な世界観のもと、地下迷宮で魔物を食べるという要素を中心に据えた冒険物語として始まり、次第にダンジョンという概念自体を再検討する意識が顕わとなってきた九井諒子氏の『ダンジョン飯』。少し間が空きましたが4月に刊行された6巻について書きたいと思いま……

thumbnail

【一会】『ダンジョン飯 5』……「めでたし」からの急転直下

 まるで往年のコンピューターRPG『ウィザードリィ』あるいは『ダンジョン・マスター』のような迷宮探索と、そういう世界観での食にまつわる記載がミックスされた、九井諒子氏による妙に所帯じみた“剣と魔法”系ファンタジー『ダンジョン飯』。現在6巻まで刊行されていますが、まだ述べて……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 25』……その信念の意味と価値

 巨人化する能力を有するエルディア人の一種族“ユミルの民”、彼らの力を軍事利用してきた軍事国家マーレ、その両方がそれぞれの思惑から殲滅を願うパラディ島の“壁”の中に逃れたエルディア人たち。当初の“人類VS巨人”という構図から大きくかけ離れた世界の実態が明らかとなりつつある……

広告

広告