漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 悲壮 」 一覧

第122夜 血まみれの少女が焦がれた明日は…『キリエ 吸血聖女』

「神様…どうして私なんかを生かされたのですか…/私なんかを…/私は/あの子達の為に泣いてあげる事もできないのに…」


キリエ 1―吸血聖女 (少年チャンピオン・コミックス)

キリエ 吸血聖女杉村麦太 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(2000年8月~2002年8月)

 1870年、アメリカ西部。そこでは狂血病という謎の疾患が流行していた。発症者は発作的に人の血を欲し、やがては理性を破壊され人間性を失っていく。すなわち吸血鬼になるのだ。いつ人外のものになるとも知れぬ患者たちは、それ故に差別を受け、発作前でも無条件に殺されることもしばしばだった。
 そんな西部をさすらう1人の小柄な少女がいた。ライフルの仕込まれた黒い日傘に黒髪、黒ずくめの服、不自然に白い肌。そして血のように赤い瞳をした彼女の名はキリエ。人間を母に、旧大陸より来たりし吸血鬼の王「黒衣の者」を父に生まれた“半分”の子だ。色濃く受け継いだ吸血鬼の血に苛まれながらも、狂血病を治療する唯一の手段、自らの父親の純血を求めての旅路は続く。
 自称製銃技師のラーラマリアと道連れとなった彼女の行く手には、血の雨が絶えない。虐げられる狂血病患者たちを庇い、合衆国政府より狂血病とキリエ浄滅の命を受けた防疫修道会(ゲヘナ)との銃撃戦は激しくなる一方だ。
 封じられた「黒衣の者」が防疫修道会の本拠地である西海岸の聖地ソリアに移管されたことを受け、キリエ達はソリアを目指す。必ず「黒衣の者」を倒し、狂血病が撲滅されることを願いながら――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第99夜 破滅に挑む、人の悲しみと儚さか…『百億の昼と千億の夜』

 2013/08/11  100夜100漫, , , ,

「神と戦うのか」「おお そうとも/わたしは相手がなに者であろうと戦ってやる/この わたしの住む世界を滅ぼそうとする者があるのなら/それが神であろうと戦ってやる!」 『百億の昼と千億の夜』光瀬龍 原作、萩尾望都 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(1977年7月……

thumbnail

第92夜 優しさ、ゆえに精神を壊す…『MIND ASSASSIN』

「この平和な時代で/ボクの力が本来の意味で使われることは もうないと思ってた……/でも それは…自分が勝手にそう望んでいただけなのかもしれない…」 『MIND ASSASSIN』かずはじめ 作、集英社『週刊少年ジャンプ』→『週刊少年ジャンプ増刊号』→『月刊少年ジャン……

thumbnail

第88夜 少女達の絶望と、公権力の暗部…『ブラッドハーレーの馬車』

「自分の肉体(からだ)がどんな事になってるのかよく判らない……/ああ……ただ ひどく苦しいの/こんな苦しみが まさかこの世にあったなんて……/あら…駄目よ/もっと楽しい事を考えなきゃ……」 『ブラッドハーレーの馬車』沙村広明 作、太田出版『マンガ・エロティクス・エフ……

thumbnail

第8夜 弟が愛し憎悪する姉は血と鋼に身を固める…『シリウスの痕』

 2013/05/12  100夜100漫, ,

「さて最後のお別れをしなさい/自分の生身の肉体に」 『シリウスの痕(きずあと)』高田慎一郎 作、角川書店『月刊少年エース』掲載(1999年5月~2001年10月)  脳以外を機械化した人間を殺し合わせる闘犬(ドッグファイト)。犬たちには既に闘争本能しか残されていな……

広告

広告