漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 悲壮 」 一覧

第137夜 波乱の刻を咲き誇った、幾つもの魂…『ベルサイユのばら』

「神の愛にむくいる術ももたないほど小さな存在ではあるけれど…/自己の真実のみにしたがい/一瞬たりとも悔いなくあたえられた生をいきた/人間としてそれ以上のよろこびがあるだろうか」


ベルサイユのばら 愛蔵版(第1巻) (Chuko★comics)

ベルサイユのばら池田理代子 作、集英社『週刊マーガレット』掲載(1972年4月~1973年12月)

 1755年、ヨーロッパの3国に、後の激動に翻弄される3つの命が生まれた。
 9月4日、スウェーデンに生まれた貴族ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン。11月2日、オーストリアに生まれた皇女マリー・アントワネット・ジョセファ・ジャンヌ・ド・ロレーヌ・オートリッシュ。そして、12月25日、フランス王家の軍隊を統率してきたジャルジェ伯爵家の末娘として生まれたオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェである。
 男児を切望していたオスカルの父レニエ・ド・ジャルジェ将軍により、男子の名前を与えられ、オスカルは軍人として育て上げられた。従卒のアンドレ・グランディエを軽くあしらう剣の腕と清廉な気質を兼ね備えた彼女は、近衛連隊長付大尉として、オーストリアからフランス王太子へと嫁いできたアントワネットの護衛を勤めることとなる。
 オーストリアのハプスブルク家による、フランスとの同盟関係強化のための政略結婚として、フランス国王ルイ15世の孫、王太子ルイ・オーギュストのもとへ嫁いだアントワネットだが、母である女帝マリアテレジアの戒めも空しく、凡庸な夫との日々の退屈を紛らすために放蕩を続け、懇意になった貴族への過大な支援を重ねる。一方で、王太子妃時代に知り合ったフェルゼンとは強く惹かれあい、やがてその恋慕は半ば公然のものとなっていく。
 王妃の放縦にたびたび苦言を呈するオスカルだが、貴族たちの爛熟や平民との格差に悩みつつ、フェルゼンに惹かれている自分に気付き、女でありながら軍服に身を包むことにも懊悩する。そんな彼女を目の当たりにしたアンドレもまた、長きにわたり秘めた想いに身を焦がしていく。
 王族、貴族、平民。それぞれがそれぞれに惑う中、アントワネットを始めとする王室の贅沢は次第に民衆の憎悪を呼び、やがて戻れぬ革命へと時代は突き進む。自由と平等を謳った燃え盛る革命の炎のさなか、彼らが見出したのは何だったのか――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第134夜 願いよ、せめて彼女の前で真実となれ…『純潔のマリア』

「何で邪魔すんのよ!/あたし悪いコトしてないじゃん/お前達は卑怯だ!/地上では皆あちこちで救いを求めているぞ/なのに祈っても祈ってもお前達は全然人を救わない/だからあたしがやっただけだろ」 『純潔のマリア』石川雅之 作、講談社『good!アフタヌーン』掲載(2008……

thumbnail

第130夜 路地裏の泥臭き死闘と不良達の純粋さ…『ホーリーランド』

「はっきり言う/今のままじゃあオマエはもう通用しねえ!!!」「それでも…/それでも僕は街にいたい!/今戻ったら−−−/今戻ったら僕は一生−−−−/あそこから出られない気がする」 『ホーリーランド』森恒二 作、白泉社『ヤングアニマル』掲載(2000年10月~2008年……

thumbnail

第128夜 流れる涙は、狂おしい郷愁のゆえか…『地球(テラ)へ…』

 2013/12/06  100夜100漫, , ,

「みんな聞け/ミュウは弱い!/傷つくとショックを受け/仲間たちの死に気をとられる/だがこれは戦闘だ!!/勝つことだけを考えろ!!/我々はただひとつのことだけを考えるんだ!/この戦いに勝って地球(テラ)へ…/地球へ行くと!」 『地球へ…』竹宮恵子 作、朝日ソノラマ『月……

thumbnail

第122夜 血まみれの少女が焦がれた明日は…『キリエ 吸血聖女』

「神様…どうして私なんかを生かされたのですか…/私なんかを…/私は/あの子達の為に泣いてあげる事もできないのに…」 『キリエ 吸血聖女』杉村麦太 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(2000年8月~2002年8月)  1870年、アメリカ西部。そこでは狂血病……

thumbnail

第99夜 破滅に挑む、人の悲しみと儚さか…『百億の昼と千億の夜』

 2013/08/11  100夜100漫, , , ,

「神と戦うのか」「おお そうとも/わたしは相手がなに者であろうと戦ってやる/この わたしの住む世界を滅ぼそうとする者があるのなら/それが神であろうと戦ってやる!」 『百億の昼と千億の夜』光瀬龍 原作、萩尾望都 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(1977年7月……

thumbnail

第92夜 優しさ、ゆえに精神を壊す…『MIND ASSASSIN』

「この平和な時代で/ボクの力が本来の意味で使われることは もうないと思ってた……/でも それは…自分が勝手にそう望んでいただけなのかもしれない…」 『MIND ASSASSIN』かずはじめ 作、集英社『週刊少年ジャンプ』→『週刊少年ジャンプ増刊号』→『月刊少年ジャン……

thumbnail

第88夜 少女達の絶望と、公権力の暗部…『ブラッドハーレーの馬車』

「自分の肉体(からだ)がどんな事になってるのかよく判らない……/ああ……ただ ひどく苦しいの/こんな苦しみが まさかこの世にあったなんて……/あら…駄目よ/もっと楽しい事を考えなきゃ……」 『ブラッドハーレーの馬車』沙村広明 作、太田出版『マンガ・エロティクス・エフ……

thumbnail

第8夜 弟が愛し憎悪する姉は血と鋼に身を固める…『シリウスの痕』

 2013/05/12  100夜100漫, ,

「さて最後のお別れをしなさい/自分の生身の肉体に」 『シリウスの痕(きずあと)』高田慎一郎 作、角川書店『月刊少年エース』掲載(1999年5月~2001年10月)  脳以外を機械化した人間を殺し合わせる闘犬(ドッグファイト)。犬たちには既に闘争本能しか残されていな……

広告

広告