漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 オカルト 」 一覧

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 3』……若き死者たちの“しゃべり場”

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(3) (ヤングマガジンコミックス)

 先だって2巻について言及した『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』。12年ほど前(『3×3EYES』本編[100夜100漫第100夜]を参照)はオカルトアクションど真ん中という感じでしたが、今エピソードではその中にも「平和とは何か」というテーマが織り込まれ、一味違った味わいです。7月刊行の最新刊3巻に追い付いたので、さっそく中身の話に入りましょう。

思念体での前哨戦

 前巻ラスト、さらわれた三只眼を救うため、エディアカラに居る喜一、スキウロスらの前に思念体として現れた八雲と依子。ウロボロスによって呼び寄せられ、闇の能力の使い手となった若者たちが立ちはだかり、激突します。
 ここで改めて明示されたのは、喜一らは既に死んでおり、ウロボロスの力によって闇の者としてこの場に居るということ。生身の人間からはかけ離れた、彼らの超高熱や電磁波や鋼鉄化といった彼らの能力は、闇の者となったが故のものです。八雲が彼らが作ろうとしているものを「死人の国」と呼ぶのはそのためでしょう。
 八雲と彼らの戦いは、やはり闇の者となったギークっぽいアメリカ人・アレックスによって制止させられます。他の者は多かれ少なかれ八雲と敵対的なのに対し、なぜか関西弁で話す彼は八雲の意見に賛成する、と云います。その意見とは、「自分の平和」を望むのと「みなの平和」を望むのは違うのではないか、少し云い換ると、争いはなくなることなどないのではないか、というものです。だいぶドライな意見にも感じられますが、長らく戦いの場に身を置いて、全人類の闇を知った(本編の頃の話です)彼は実感したのだと思います。
 この議題について、じっくり話し合いたいと云うアレックスですが、大統領の指示によってアメリカのイージス艦が接近しつつあり、ついでにロシアの原潜も向かってきている状況では、その時間はありません。忘れていましたが、ここエディエカラが建っているのは、未知の策源地サンハーラの直上です。力のある国はどこも「自分の平和」のため、ここを我が物としたいというのが本音なのでしょう。各国にとっては、喜一らは目的を占拠する「敵」に他なりません。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 2』……世界平和のための一試行

 12年前の本編の続編として綴られた「幻獣の森の遭難者」の終了後、ほどなく開始された『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』。現在3巻まで刊行されている単行本の、昨年12月刊行の2巻から、その展開を追って行きたいと思います。  ちなみに、第1巻については以下を参照ください。……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 7』……2つの再会と、2つの遭遇

 地上の悪意と遙か彼方からの悪意。双方が絡み合って建立されたかのような奇妙な館〈双亡亭〉をめぐり、総理が、能力者たちが、異星からの帰還者が、父を亡くした子どもが、そして絵描きが死力を尽くす宇宙的怪奇熱情活劇『双亡亭壊すべし』。つい先日刊行の7巻に追いつきました。概要と思っ……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 6』……命を振り絞るということ

 呪わしいおばけ屋敷に対抗する人間たちの知恵と能力を結集した、亡者VS生者の物語と思いきや、屋敷に干渉する宇宙の彼方からの意思が明らかとなり、にわかにSFチックホラーアクションの色を帯びてきた『双亡亭壊すべし』。先日に引き続いて、昨年10月刊行の6巻について書きたいと思い……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 5』……黒と哄笑の来歴

 絵描きを目指す凧葉務(たこは・つとむ)、短刀を用いて魔を祓う刀巫覡(かたなふげき)の柘植紅(つげ・くれない)と、その弟・立木緑朗(たちき・ろくろう)、そして45年前の飛行機事故から変貌した姿で生還した凧葉青一(――・せいいち)。その4人を中心に、謎と悪意に満ちた館〈双亡……

thumbnail

【一会】『ベルセルク 39』……桜舞う里の憩い、彼女の深層への旅

 多くの人が、その成り行きを固唾を飲んで見守るダークファンタジー、三浦健太郎氏『ベルセルク』の、39巻が刊行されたのは今夏の始めの6月末。未完の大作になるのでは、と云われることも多い本作ですが、前巻からは1年余りというハイペースの刊行となりました。相変わらず遅きに失し過ぎ……

thumbnail

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 1』……暗黒の“神”は何を望む

 80年代の終わりからゼロ年代はじめに連載された伝奇活劇漫画『3×3EYES』(100夜100漫第100夜)。そのラストから12年後の出来事を描いた「幻獣の森の遭難者」が昨年完結しましたが、そのさらなる続篇「鬼籍の闇の契約者」の1巻が、去る6月に刊行されました。かなり遅く……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 4』……彼方から来たらんとするもの

 東京都豊島区に建つ、謎めいて不吉な建築物〈双亡亭〉が引き起こす奇怪な出来事と、そこに巻き込まれ、これを破壊せんとする者たちを描いた『双亡亭壊すべし』。4巻が刊行されたのは4月のことです。既に先月下旬に5巻が出ていますが、追っかけで思ったことを書いておきましょう。  〈……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 3』……人は、辛い過去の奴隷ではない

 東京都豊島区にある“おばけ屋敷”、双亡亭が引き起こす奇怪な凶事と、そこに巻き込まれ、これを破壊せんとする人間たちのドラマ『双亡亭壊すべし』の3巻が、1月に刊行されました。ついに双亡亭内に侵入した駆け出し絵描きの青年・凧葉務(たこは・つとむ)と魔を払う〈刀巫覡(かたなふげ……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 2』……〈双亡亭〉突入。そこで待つのは絶望か

 東京都内に建つ謎の建築物〈双亡亭〉をめぐり、絵本作家志望の青年、〈双亡亭〉に立ち入ってしまった少年、その姉で退魔の力を有する〈刀巫覡(かたなふげき)〉の少女、そして、時の彼方から還ってきた少年、といった人物たちによって紡がれる“おばけ屋敷”ホラー漫画『双亡亭壊すべし』。……

広告

広告