漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 哲学 」 一覧

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 3』……若き死者たちの“しゃべり場”

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(3) (ヤングマガジンコミックス)

 先だって2巻について言及した『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』。12年ほど前(『3×3EYES』本編[100夜100漫第100夜]を参照)はオカルトアクションど真ん中という感じでしたが、今エピソードではその中にも「平和とは何か」というテーマが織り込まれ、一味違った味わいです。7月刊行の最新刊3巻に追い付いたので、さっそく中身の話に入りましょう。

思念体での前哨戦

 前巻ラスト、さらわれた三只眼を救うため、エディアカラに居る喜一、スキウロスらの前に思念体として現れた八雲と依子。ウロボロスによって呼び寄せられ、闇の能力の使い手となった若者たちが立ちはだかり、激突します。
 ここで改めて明示されたのは、喜一らは既に死んでおり、ウロボロスの力によって闇の者としてこの場に居るということ。生身の人間からはかけ離れた、彼らの超高熱や電磁波や鋼鉄化といった彼らの能力は、闇の者となったが故のものです。八雲が彼らが作ろうとしているものを「死人の国」と呼ぶのはそのためでしょう。
 八雲と彼らの戦いは、やはり闇の者となったギークっぽいアメリカ人・アレックスによって制止させられます。他の者は多かれ少なかれ八雲と敵対的なのに対し、なぜか関西弁で話す彼は八雲の意見に賛成する、と云います。その意見とは、「自分の平和」を望むのと「みなの平和」を望むのは違うのではないか、少し云い換ると、争いはなくなることなどないのではないか、というものです。だいぶドライな意見にも感じられますが、長らく戦いの場に身を置いて、全人類の闇を知った(本編の頃の話です)彼は実感したのだと思います。
 この議題について、じっくり話し合いたいと云うアレックスですが、大統領の指示によってアメリカのイージス艦が接近しつつあり、ついでにロシアの原潜も向かってきている状況では、その時間はありません。忘れていましたが、ここエディエカラが建っているのは、未知の策源地サンハーラの直上です。力のある国はどこも「自分の平和」のため、ここを我が物としたいというのが本音なのでしょう。各国にとっては、喜一らは目的を占拠する「敵」に他なりません。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『少女終末旅行 6(完)』……Fly Girls to The Moon

 履帯式牽引車両ケッテンクラートに乗った2人の少女、チトとユーリ。終わりゆく世界の多層構造都市を上へ上へと向かう彼女たちの旅を描いてきた、つくみず氏の『少女終末旅行』の、完結巻となった6巻を読みました。  正直なところ、結末を知るのが怖くて、なかなかページをめくれなかっ……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 5』……最上層、その手前の追憶

 沈黙が支配する終末間近な未来世界を、履帯式牽引車両ケッテンクラートで旅する2人の少女、黒髪黒瞳・しっかり者のちーちゃん(チト)と金髪碧眼マイペースなユー(ユーリ)。2人の、呑気さと悲壮さの絶妙な混淆に哲学的な問いを散りばめた旅を描いたつくみず氏『少女終末旅行』の、最終巻……

thumbnail

【一会】『Pumpkin Scissors 21』…… 今、押込めていた「正義」を語ろう

 そろそろ刊行が1年前になろうか(2017年8月刊行)という事実に戦きますが、それでも『Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)』第21巻について、色々と書こうと思います。  長らく続いた“帝国”と“共和国”の戦争。停戦から3年を経ても、その傷痕は種々の……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 4』……おしまいを歌うものたち

 静かに終末を待つ未来世界。黒髪黒瞳・しっかり者のちーちゃん(チト)と金髪碧眼マイペースなユー(ユーリ)が、履帯式牽引車両ケッテンクラートに揺られつつ、呑気なのか深刻なのか分からない旅を続ける、つくみず氏『少女終末旅行』。昨年11月に4巻が刊行されましたが、ようやく概要と……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 3』……“終わり”に臨む心構え

 割と絶望的な未来の世界を舞台に、黒髪黒瞳・しっかり者のちーちゃん(チト)と、金髪碧眼マイペースなユー(ユーリ)の、履帯式牽引車両ケッテンクラートに揺られる、奇妙にゆったりとした旅路を描いた、つくみず氏の『少女終末旅行』。予想よりも少し早く、このほど3巻が刊行されました。……

thumbnail

【一会】『孤独のグルメ 2』……18年ぶり。無邪気さと、変わらぬ自由さ

 個人で輸入雑貨を商う井之頭五郎(いのがしら・ごろう)が、主に都内の街で見知らぬ飲食店に入り、そこでの食事や湧き起こってくる想念を淡々と描き流す食事漫画『孤独のグルメ』(100夜100漫第63夜)。その第2巻が、実に18年の歳月を経て刊行されました。1996年までの連載で……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 2』……希望が潰えた時に浮かぶもの

 先日、話題の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(公式サイト)を観てきました(高性能サブウーファーを新規導入した立川シネマシティの「極上爆音上映」は確かにすごかったです)。過激に恰好いい世界観と、人間の誇りを謳うストーリーがとても面白かったのですが、あの映画が描く遠未……

thumbnail

第200夜 かつての罪と命の重さ、抱えてなお歩け…『鋼の錬金術師』

「目に見えない大きな流れ――/それを「世界」と言うのか「宇宙」と言うのかわかんないけど/オレもアルもその大きい流れの中のほんの小さなひとつ/全の中の一/だけどその一が集まって全が存在する/この世は想像もつかない大きな法則に従って流れている/その流れを知り/分解して再構築する…/そ……

thumbnail

【一会】『アップルシードα 1』……ヘタった世界、の2人、の交錯と乖離

 刊行から2週間ほど空きましたが、ようやく読めたので書きます。  『攻殻機動隊』と並ぶ士郎正宗の代表作で、未完で凍結されている『アップルシード』のリブート(新たに一から語られ直し)版を、『茄子』(100夜100漫第1夜)の黒田硫黄先生が描くという離れ業な漫画『アップルシ……

広告

広告