漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 青春 」 一覧

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 3』……若き死者たちの“しゃべり場”

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(3) (ヤングマガジンコミックス)

 先だって2巻について言及した『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』。12年ほど前(『3×3EYES』本編[100夜100漫第100夜]を参照)はオカルトアクションど真ん中という感じでしたが、今エピソードではその中にも「平和とは何か」というテーマが織り込まれ、一味違った味わいです。7月刊行の最新刊3巻に追い付いたので、さっそく中身の話に入りましょう。

思念体での前哨戦

 前巻ラスト、さらわれた三只眼を救うため、エディアカラに居る喜一、スキウロスらの前に思念体として現れた八雲と依子。ウロボロスによって呼び寄せられ、闇の能力の使い手となった若者たちが立ちはだかり、激突します。
 ここで改めて明示されたのは、喜一らは既に死んでおり、ウロボロスの力によって闇の者としてこの場に居るということ。生身の人間からはかけ離れた、彼らの超高熱や電磁波や鋼鉄化といった彼らの能力は、闇の者となったが故のものです。八雲が彼らが作ろうとしているものを「死人の国」と呼ぶのはそのためでしょう。
 八雲と彼らの戦いは、やはり闇の者となったギークっぽいアメリカ人・アレックスによって制止させられます。他の者は多かれ少なかれ八雲と敵対的なのに対し、なぜか関西弁で話す彼は八雲の意見に賛成する、と云います。その意見とは、「自分の平和」を望むのと「みなの平和」を望むのは違うのではないか、少し云い換ると、争いはなくなることなどないのではないか、というものです。だいぶドライな意見にも感じられますが、長らく戦いの場に身を置いて、全人類の闇を知った(本編の頃の話です)彼は実感したのだと思います。
 この議題について、じっくり話し合いたいと云うアレックスですが、大統領の指示によってアメリカのイージス艦が接近しつつあり、ついでにロシアの原潜も向かってきている状況では、その時間はありません。忘れていましたが、ここエディエカラが建っているのは、未知の策源地サンハーラの直上です。力のある国はどこも「自分の平和」のため、ここを我が物としたいというのが本音なのでしょう。各国にとっては、喜一らは目的を占拠する「敵」に他なりません。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『銀の匙 Silver Spoon 14』……想い、叶う。それはそうと急展開

 札幌で勉強漬けだった中学生活から、逃げるように十勝の大蝦夷農業高校に進学した八軒勇吾(はちけん・ゆうご)。彼の価値観の転換と“本当にやりたいこと”の探索を中心に、淡い恋と部活動、そしてひたすら農地と家畜と労働の群像劇を描いてきた『銀の匙 Silver Spoon』の……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 9(完)』……一切は、楽の音と共に流れていきます

 毎年9月初頭に行われる富山市八尾の風習「おわら風の盆」までの季節を舞台に、高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)を始めとした「おわら」に親しむ高校生たちと、それを見守る光の伯父にあたる佐伯円(――・まどか)を始めとした大人たちの群像も描いた……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 7』……なのに、心に沁み入るのは彼の言葉で

 富山県八尾を舞台に、高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の伯父にあたる佐伯円(――・まどか)の3人による淡い三角関係を中央に置き、八尾の伝統舞踊“おわら”をめぐる人々を描いた『月影べイベ』。一時休載もあったようですが無事に再開され、ひ……

thumbnail

【一会】『少女ファイト 13』……やりかたは、1つじゃない

 裏表紙に配された「悪役を演じきれますか?」という警句も小気味よく、図らずも高校女子バレー界のヒール的役どころを引き受ける黒曜谷高校バレー部を中心に描かれるハイセンス&メンタルな女子高生バレー漫画『少女ファイト』。12巻の時の予想通りぴったり1年で、この5月末に最新刊……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 19』……“壁”の内外、覚悟の対比

 予定通り今月8日に『進撃の巨人』19巻が刊行となりました。遅れ馳せですが概要と感想を書き留めていきます。  ちなみに、今巻の限定版の付録は全52枚のポストカードです。特に新規描き下ろしは無いようですが、これまでの単行本や月マガの表紙イラストはもちろん、『FRaU』『ミ……

thumbnail

第207夜 北の学府の、優雅な騒動は人獣共通…『動物のお医者さん』

「うちの大学を受けるのか/その顔は~~/理系!/ワタシにはキミの未来が見える/キミは将来~~/獣医になる!!/このカシオミニを賭けてもいい」「……」「キミが賭けるのはこの仔犬だ」 『動物のお医者さん』佐々木倫子 作、白泉社『花とゆめ』掲載(1987年12月~1993……

thumbnail

【一会】『坂本ですが? 4(完)』……別れにパイを、ハンドサインに祈りを。

 完全無欠気味な高校1年生・坂本君のエレガントさと、それによる周囲の人々の改心や再起を描いたスタイリッシュ系人情ギャグ漫画『坂本ですが?』。およそ1年ぶりの刊行となった4巻で無事完結となりました。 (さらに…)……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 6』……大人の強さ、大人の弱さ

 富山県八尾の伝統舞踊“おわら”を遠景に、“おわら”の踊り手である高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の伯父である佐伯円(――・まどか)の三角関係を中心とした人間模様を描く『月影べイベ』も、先月6巻の発刊となりました。実際の富山市八尾町での……

thumbnail

【一会】『銀の匙 Silver Spoon 13』……部活引退。そして彼が動き出す

 進学校の私立中学から受験に失敗し逃げるように農業高校に進学した八軒勇吾(はちけん・ゆうご)とエゾノー生たちの農業&畜産青春グラフィティ『銀の匙 Silver Spoon』。遅くなりましたが新刊の13巻を読了しましたので書かせて頂きます。  前巻後半から作中の時間の……

広告

広告