漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 大人 」 一覧

【一会】『進撃の巨人 25』……その信念の意味と価値

進撃の巨人(25) (講談社コミックス)

 巨人化する能力を有するエルディア人の一種族“ユミルの民”、彼らの力を軍事利用してきた軍事国家マーレ、その両方がそれぞれの思惑から殲滅を願うパラディ島の“壁”の中に逃れたエルディア人たち。当初の“人類VS巨人”という構図から大きくかけ離れた世界の実態が明らかとなりつつある『進撃の巨人』の、25巻が4月に刊行されました。前巻までに引き続き、語りたいと思います。

 ちなみに、24巻のときに書き忘れてしまいましたが、前巻と今巻の限定版付録はオリジナルアニメーションDVD「Wall Sina, Goodbye」(24巻に前半、今巻に後半が付いています)。スピンオフ作品『小説 進撃の巨人 LOST GIRLS』の1編を原作とした(元を辿ればアニメ版DVDの特典付録だったビジュアルノベルらしいです)、アニ・レオンハートの憲兵団時代のエピソードをハードボイルドタッチで描いた作品です。なお、26巻ではミカサのお話も同様の限定版付録DVDになるようです。

 さて、前巻終盤、地下室で衝撃の再会を果たした、ライナーとクルーガーと名乗っていた片足の男――エレン・イェーガー。狼狽するライナーと対照的に、エレンは落ち着いたものです。タイバー家当主・ヴィリーによる「舞台」の開演が迫る中、ファルコを同席させ、エレンが主導権を握るままに対話が始まります。
 同刻、地上では、ヴィリーが緊張の面持ちで本番を待っていました。これから彼は、パラディ島(エレンたち壁内人類)打倒に向けて壁外の人類を結束させるべく、「舞台」に立ちます。そんな彼に声をかけてきたのは東方からの来客、アズマビト家の女性・キヨミ。前巻で戦士候補生のウドを庇ってくれたのは彼女でしょう。ちょっと意味ありげな表情を残して客席に消えていきました。一方、客席では、ライナーの母、アニの父たちも集う中、エルディア戦士隊は「マガト隊長が呼んでいる」との言付けを聞かされます。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 11(完)』……白い夕べの中で

 厚生労働省の夜間衛生管理課(通称「やえいかん」)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、夜衛管が管轄する不死人“オキナガ”である雪村魁(ゆきむら・かい)。数奇な因縁のある2人が、諸々の事件を解決しつつ、12年ごとに女性を惨殺するシリアルキラー「羊殺し」を追う幻想社会派ミス……

thumbnail

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 1』……暗黒の“神”は何を望む

 80年代の終わりからゼロ年代はじめに連載された伝奇活劇漫画『3×3EYES』(100夜100漫第100夜)。そのラストから12年後の出来事を描いた「幻獣の森の遭難者」が昨年完結しましたが、そのさらなる続篇「鬼籍の闇の契約者」の1巻が、去る6月に刊行されました。かなり遅く……

thumbnail

【一会】『プリンセスメゾン 4』……真摯さに、祝福あれ

 26歳、年収250万円ちょっとの沼越幸(ぬまごえ・さち)のマンション購入を主軸に、色々な人物の住まいと暮らしと孤独を描いた『プリンセスメゾン』。昨秋はNHKでドラマ化などもされた本作の4巻が6月に刊行されました。例によっていささか遅いのですが、内容と感想を書いていきたい……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 10』……イヴの決着

 厚生労働省の夜間衛生管理課(通称「やえいかん」)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、その夜衛管が管轄する不死人種“オキナガ”の少年(に見えて中身は88歳の“ご老人”)雪村魁(ゆきむら・かい)。このバディを中心に、12年ごとに女性を惨殺するシリアルキラー「羊殺し」の追跡……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 8』……母への想いと告白の舞

>  富山県富山市八尾に伝わる、越中おわら節に乗せて人々が舞う祭「おわら 風の盆」。その「おわら」をモチーフに、高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の伯父にあたる佐伯円(――・まどか)らの関係を描く『月影べイベ』。8巻が出たのも昨年の話に……

thumbnail

【一会】『プリンセスメゾン 3』……ロマンティック重要事項説明

 居酒屋「じんちゃん」で働く、年収250万円ちょっとの沼越幸(ぬまごえ・さち)の“運命の物件”探しをメインストーリーに、女性たちの“住まいと孤独”を描く池辺葵氏『プリンセスメゾン』。昨年の話になってしまいましたが、10月末に3巻が刊行されました。遅きに失するのもいいところ……

thumbnail

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 幻獣の森の遭難者 4(完)』……失敗やあやまちは、イコール破滅じゃない

 作中・現実世界ともに12年の時を経て、かつての最終決戦に連なった新編「幻獣の森の遭難者」が発表されたアジアン伝奇バトルロマン『3×3EYES(サザンアイズ)』。その最終巻となる4巻が、先月発刊されました。  三つ目の聖なる存在、三只眼吽迦羅(さんじやんうんから)のパイ……

thumbnail

【一会】『Spotted Flower 2』……“攻略法”と、(ある意味)危険な後輩が夫に迫る

 二次元ヲタクな夫と、“一般人”で妊娠中の妻。名前こそ明らかにされていませんが、どこかで見たような(具体的には作者の代表作『げんしけん』[100夜100漫第3夜]の斑目さんと春日部さん方面)夫婦の、割と赤裸々な欲求と不満な日々を軽妙に描いた『Spotted Flower』……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 7』……なのに、心に沁み入るのは彼の言葉で

 富山県八尾を舞台に、高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)、光の伯父にあたる佐伯円(――・まどか)の3人による淡い三角関係を中央に置き、八尾の伝統舞踊“おわら”をめぐる人々を描いた『月影べイベ』。一時休載もあったようですが無事に再開され、ひ……

広告

広告