漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

【一会】『Spotted Flower 3』……“汚れた大人”になった夜

Spotted Flower 3

 作者の有名作『げんしけん』(100夜100漫第3夜)で見覚えがあるような、二次元ヲタクな夫と一般人で夫ラブな妻。2人を中心とした“日常&妊娠→出産ストーリー”のような体で綴られてきたこの漫画『Spotted Flower』。
 予想よりも全然はやく3巻が出たのも、もう1年前の話となってしまいました。前述したような作品の枠から自ら逸脱するような、ある意味で衝撃的な今巻について、だいぶ遅くなりましたが語りたいと思います。

命名と妻の元彼

 前巻の本編ラストにて無事に出産が果たされ、母となった妻。妻と夫の共通の友人らしき皆さんが病院に駆けつけてきます。何気に1巻から皆勤のコスプレ大好きな女性と、ちらりとしか出てこず顔も見えませんが彼女の夫と思しき髭の男性、吃る癖のある男性と、『げんしけん』読者にとっては「あの人とあの人なんだろーなー」という面々です。
 友人らが去った後、今度は妻の祖母が来院。以前も相談しましたが未定だった赤ちゃんの名前について、そろそろ決めないとなりません。
 祖母の発案で決まった、赤ちゃんの名前は「咲」。やはりこの漫画の元ネタと云うべき『げんしけん』で登場した名前です。これは「この漫画はパラレルワールドですよ」という作者のメッセージと受け取っていいのでしょう。しかし相変わらず、お婆ちゃんは夫の趣味への理解があり過ぎですね。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『3月のライオン 13』……“勇者の場所”に立てる者、望みながら叶わぬ者

 15歳でプロ棋士となり、対局に高校生活に悩んだり悔やんだりしつつ成長する桐山零(きりやま・れい)を主人公に置き、棋士たちの群像劇と、東京・月島界隈を思わせる“川の見える町”三月町に暮らす、あかり・ひなた・モモの川本家3姉妹の日々を描く『3月のライオン』。現状の最新巻であ……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 10(完)』……老いたる元・霊長類の生命への賛歌

 ふとした切っ掛けで(といっても、いま思えばそれも何か1つの運命だったのかもしれませんが)、人知を超えたアンドロイドとなった老人と青年。それからの、相反するかのような2人の生き様を提示してきた奥浩哉氏『いぬやしき』の、最終巻となった10巻を読みました。  今巻の刊行は昨……

thumbnail

【探訪】コミティア125参加記録…夏コミ直後だけど賑やかに

 2018/08/20  漫事探訪

 今年も夏コミ直後の開催となった8月コミティア。いつものごとく参加してきたので、記録に残したい。  過去の記録は下のリンクからどうぞ。 【探訪】コミティア124参加記録…いつもに輪をかけて盛況 【探訪】コミティア123参加記録…西展示棟を上へ下へ 【探訪】コミティア1……

thumbnail

【探訪】コミケ94三日目…平成最後の夏コミ、最終日

 2018/08/13  漫事探訪

 今日もまた、炎暑のビッグサイトでのコミケに参加してきたので、探訪記録を残そう。  C94最終日となった今日の主な配置ジャンルは以下の通り。 男性向、鉄道・旅行・メカミリ、アイドルマスター、ギャルゲー、評論・情報、創作(少年)、創作(少女)、学漫、オリジナル雑貨 ……

thumbnail

【探訪】コミケ94二日目…初日より、人も暑さもプラス気味

 2018/08/11  漫事探訪

 今日もコミケに参加してきたので、その記録を。  C94二日目の今日の主な配置ジャンルは以下の通り。 ガルパン、ラブライブ!、ヘタリア/血界戦線、ワールドトリガー、ハイキュー!!、黒子のバスケ、ユーリ、TIGER&BUNNY、おそ松さん、ガンダム、弱虫ペダル、進撃の巨……

thumbnail

【探訪】コミケ94一日目…暑いけど、そこまででもなかった初日

 2018/08/10  漫事探訪

 記録的な暑さとなっている今年の夏にも、コミケの3日間が訪れた。命をだいじにしつつ連日参加しようと思っているので、例によって記録を残そう。  C94初日の今日の主なジャンルは以下の通り。 TYPE-MOON、スクウェア・エニックス、艦これ、あんさんぶるスターズ!、……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 6(完)』……Fly Girls to The Moon

 履帯式牽引車両ケッテンクラートに乗った2人の少女、チトとユーリ。終わりゆく世界の多層構造都市を上へ上へと向かう彼女たちの旅を描いてきた、つくみず氏の『少女終末旅行』の、完結巻となった6巻を読みました。  正直なところ、結末を知るのが怖くて、なかなかページをめくれなかっ……

thumbnail

【一会】『少女終末旅行 5』……最上層、その手前の追憶

 沈黙が支配する終末間近な未来世界を、履帯式牽引車両ケッテンクラートで旅する2人の少女、黒髪黒瞳・しっかり者のちーちゃん(チト)と金髪碧眼マイペースなユー(ユーリ)。2人の、呑気さと悲壮さの絶妙な混淆に哲学的な問いを散りばめた旅を描いたつくみず氏『少女終末旅行』の、最終巻……

thumbnail

【一会】『銀の匙 Silver Spoon 14』……想い、叶う。それはそうと急展開

 札幌で勉強漬けだった中学生活から、逃げるように十勝の大蝦夷農業高校に進学した八軒勇吾(はちけん・ゆうご)。彼の価値観の転換と“本当にやりたいこと”の探索を中心に、淡い恋と部活動、そしてひたすら農地と家畜と労働の群像劇を描いてきた『銀の匙 Silver Spoon』の……

広告

広告