漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

コミケ96二日目…シャトルバスでの移動が快適


 今日も無事にコミケに参加して生還できたので、記録を残そう。
 C96二日目の今日の主なジャンルは以下の通り。
 ガンダム、おそ松さん、血界戦線、ワールドトリガー、ヘタリア、黒子のバスケ、ハイキュー!!、TIGER&BUNNY、ユーリ!!! on ICE、ガルパン、進撃の巨人、名探偵コナン、アニメ(その他)、TV・映画・芸能・特撮、音楽(洋楽・邦楽・男性アイドル)、FC(小説、ジャンプその他、少年、少女・青年)、創作(JUNE/BL)

 初日、三日目、四日目については、以下のリンクからどうぞ。
コミケ96一日目…ホール間が近いのは有難い
コミケ96三日目…混雑のためか、体力的に辛い日に
コミケ96四日目…お疲れさまの最終日

会場到着~企業ブース~シャトルバス

 今日は、まず青海の企業ブースから回ろうと考えた。とはいえ、りんかい線の最寄り駅である東京テレポート駅に着いたのは13時半頃。昨日よりも遅いし、そのために入場制限も解除されており、参加証の意味がなくなっていた。。
 それはそれとして、東京テレポート駅に着くと、出口へのエスカレーターに乗った。帰る人の数も多い。

 先日のコミティアの際にも来た青海展示場。目前の観覧車は、東京お台場パレットタウンという複合型商業施設のものとのこと。広場にはストリートパフォーマンスをする人もあり、りんかい線の国際展示場駅前を思わせた。

 入場制限は解除されているので、特に参加証を見せることなく企業ブースに侵入。手荷物検査は実施されていた。

 というわけで、さっくりと企業ブースに入ることができた。混雑はしているものの、歩けないほどではない。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

コミケ96一日目…ホール間が近いのは有難い

 2019/08/09  漫事探訪

 今年も夏のコミケの時期である。このところ色々と立て込んではいるものの、当然のように初日から参加してきたので、記録を残しておきたい。  東京オリンピックの影響を受け、今年は4日間という変則的な日程となり、会場の配置や在り方も普段と異なっている。その辺りも含めてレポートし……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 36』……苦境の中で輝くのは、いつだってそれだ

 人間と、そのトップレベルの戦士である聖騎士たち、彼らを含む全てを滅ぼさんとする魔神族、それを阻止して権勢を維持したい女神族。この3勢力を中心に、キャメロットとアーサー王の伝説の前日譚を思わせる物語が紡がれる、鈴木央氏のイングリッシュファンタジー『七つの大罪』。4月に……

thumbnail

【探訪】コミティア128参加記録…はじめましての青海

 2019/05/12  漫事探訪

 令和になって最初のコミティアとなった、本日開催のコミティア128に行ってきた。2020年のオリンピック・パラリンピックの影響で、今回から来年秋までの期間、いつものビッグサイトではなく、代替施設である青海展示棟で行われる。 とはいえ、コミティアはコミティアである。いつも……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 35』……六強激突、強欲の終わり

 聖騎士を中心とした人間と、悪魔のような魔神族、天使を思わせる女神族など多種族の関係と戦いを描きつつ、やがてアーサー王伝説に至るとされる、鈴木央氏の古英国ファンタジー『七つの大罪』。間が開いてしまいましたが、1月刊行の現最新刊35巻を読みましたので、概要や感想などを書きま……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 34』……散りゆく戦士たちと交代劇の真相

 人間、妖精族、巨人族、そして女神族と魔神族。幾つもの種族による長い戦いと、それらを越えた幾つもの恋仲が描き出すイングリッシュファンタジー『七つの大罪』34巻(昨年11月刊行)を読みました。その内容とコメントを綴りたいと思います。 四戒禁の異形  33巻にて、魔神……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 33』……その男、マエル

 ついに人間・女神族の同盟軍と魔神族の戦闘が始まった、騎士と魔力のイングランドファンタジー『七つの大罪』。前巻32巻では、魔神族〈十戒〉の一角、「慈愛」のエスタロッサの狂乱ぶりが描かれましたが、今巻33巻はどのように展開するでしょうか。 劇場版 七つの大……

thumbnail

【探訪】コミティア127参加記録…西側配置をさくさく回る

 2019/02/17  漫事探訪

 今年最初、そして恐らく平成最後の開催となる、2月コミティアに行ってきた。いつものように写真と文章で記録を残そうと思う。  ちなみに、過去のコミティア参加記録は下のリンクからどうぞ。 【探訪】コミティア126参加記録…11月にして汗ばむ場内 【探訪】コミティア1……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 32』……「沈黙」と「慈愛」に纏わる諸事情

 前巻31巻にて、リオネス王国を中心とする聖騎士と騎士団〈七つの大罪〉を始めとする人間たち、彼らと当座の同盟関係にある女神族、これに対する魔神族による戦いの火ぶたが切って落とされた『七つの大罪』。戦いの序盤を描いた、昨年6月刊行の32巻を、引き続き読み進めます。 「……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 31』……英雄不在の聖戦へ

 闇の魔神族、光の女神族、そして騎士団〈七つの大罪〉と人間たちという3つの勢力による戦いがクローズアップされてきた『七つの大罪』。先日に引き続き、昨年4月刊行の31巻を読みたいと思います。 神と人との盟約  前巻ラストにて、女神族の〈四大天使〉の一角リュドシエ……

広告

広告