漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

【探訪】コミケ95一日目…平成最後のコミケ、開幕

 今年の最後、すなわち平成最後を締めくくるコミケ期間がやってきた。例によって3日間、ゆるゆるとではあるが参加するつもりで初日に行ってきた。写真と文章で記録に残そうと思う。
 C95初日である今日の主なジャンルは以下の通り。
ガルパン、ガンダム、ラブライブ!、血界戦線、ヘタリア、ワールドトリガー、ハイキュー!!、黒子のバスケ、ユーリ、おそ松さん、TIGER&BUNNY、進撃の巨人、弱虫ペダル、FC(小説・少年・少女・青年・ジャンプその他)、アニメ(その他)、コスプレ、創作(少年・少女・JUNE/BL)、TV・映画、芸能、特撮、音楽(洋楽・邦楽・男性アイドル)、オリジナル雑貨

 二日目、三日目については、以下のリンクからどうぞ。
【探訪】コミケ95二日目…風は冷たくも大賑わい
【探訪】コミケ95三日目…さらば平成コミケ

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『乙嫁語り 11』……いざ復路の旅へ

 姉さん女房なアミルとカルルクという若夫婦を筆頭に、中央アジアの諸地域における人々の結婚と生活を描いている『乙嫁語り』。最新刊の11巻も読みましたので、色々と書き記したいと思います。  今巻はほぼ全編、スミスさんのお話。中央アジアの文化に興味を抱き、イギリスからやっ……

thumbnail

【一会】『乙嫁語り 10』……それぞれ人生の使い方

 年上のお嫁さんアミルと、まだ少年と云った方が近い風情の夫カルルク。2人と家族たちの生活から始まり、19世紀の中央アジア諸方の結婚と夫婦を描く『乙嫁語り』。先日11巻が刊行されましたが、先に2月刊行の10巻について書きたいと思います。  前巻のあとがき漫画での予……

thumbnail

【一会】『謎のあの店 3』(完)……「ふらり」や「ついに」を、いつまでも

 “前を通ったり電車から見かけたりしても入ったことはない、だけど気になる”お店に突入してみるエピソードをメインとしつつ、そこに作者の追憶や思いも込めて綴る、脱日常実録随想漫画『謎のあの店』。最終巻である3巻が出たのも丁度1年前になってしまいましたが、読んだので、あ……

thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 10』……魔王、交代。振り出しのジミナ村

 テキトー感あふれる勇者の少年ニケと、気持ちが魔方陣の効果に反映される神秘の魔法「グルグル」を使う少女ククリの、再びの冒険を描いている『魔法陣グルグル2』。過日に続き、今年9月に出た最新10巻について、概要と読んだ思いを綴って参りましょう。  なんだかヤバそうな技術……

thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 9』……役者たち、秘境に集う

 子どものような心の振幅が力となる、すこぶる不思議な魔法「グルグル」を操る魔法使いの少女ククリと、ちっとも勇者らしくない勇者ニケの冒険の続きを描いた『魔方陣グルグル2』。初代『魔方陣グルグル』が三度テレビアニメ化された、昨年の12月に9巻が刊行されました(現在10巻まで刊……

thumbnail

【探訪】コミティア126参加記録…11月にして汗ばむ場内

 2018/11/26  漫事探訪

 2018年、そのラストとなるコミティア126に、例によって参加してきた。写真と文で記録を残しておきたい。  ちなみに、過去のコミティア参加記録は下のリンクからどうぞ。 【探訪】コミティア125参加記録…夏コミ直後だけど賑やかに 【探訪】コミティア124参加記録…い……

thumbnail

【探訪】~画業30周年記念企画~ 藤田和日郎原画展…“自然な熱さ”に鼓舞される

 2018/11/18  漫事探訪

 『うしおととら』『からくりサーカス』『月光条例』『双亡亭壊すべし』などなど、100夜100漫の漫画遍歴の中でも大きなウェイトを占める諸作の作者、藤田和日郎氏。その画業30周年を記念した原画展が、東京・池袋で行われている。  過日(11/16)お邪魔し、写真撮影も可能だった……

thumbnail

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 3』……若き死者たちの“しゃべり場”

 先だって2巻について言及した『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』。12年ほど前(『3×3EYES』本編[100夜100漫第100夜]を参照)はオカルトアクションど真ん中という感じでしたが、今エピソードではその中にも「平和とは何か」というテーマが織り込まれ、一味違った味わ……

thumbnail

【一会】『3×3EYES(サザンアイズ) 鬼籍の闇の契約者 2』……世界平和のための一試行

 12年前の本編の続編として綴られた「幻獣の森の遭難者」の終了後、ほどなく開始された『3×3EYES 鬼籍の闇の契約者』。現在3巻まで刊行されている単行本の、昨年12月刊行の2巻から、その展開を追って行きたいと思います。  ちなみに、第1巻については以下を参照ください。……

広告

広告