漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

【探訪】コミティア127参加記録…西側配置をさくさく回る

      2019/02/26

 今年最初、そして恐らく平成最後の開催となる、2月コミティアに行ってきた。いつものように写真と文章で記録を残そうと思う。

 ちなみに、過去のコミティア参加記録は下のリンクからどうぞ。
【探訪】コミティア126参加記録…11月にして汗ばむ場内
【探訪】コミティア125参加記録…夏コミ直後だけど賑やかに
【探訪】コミティア124参加記録…いつもに輪をかけて盛況
(123以前は目次から)

 ビッグサイトの正面、ゆりかもめ国際展示場正門駅に到着したのは、12時30分少し前。いつもよりは少しだけ早め(それでもちょっと遅い)。

 割とのんびりとした入口付近。今日は他に催されているイベントはないようだった。

 ただ、場内外でスマホの画面をクルクルしている人を幾人も見かけた。『ポケモンGO』のイベント日だったらしい。

 入ってすぐのエントランスホールの混雑も、まだまだ余裕があった。

 今日のコミティアは西ホール。右手へと折れて進む。

 以前も西で催されたことがあったかと思うが、今回も1階全体と、一部4階を使用しての開催。

 入場料として『ティアズマガジン』1部を購入し、係の人に提示する必要がある。事前に書店などで購入すると1300円。当日購入は1000円。

 こちらが今回の『ティアズマガジン』。サークル配置が記された、いわゆる「カタログ」的な雑誌だ。

 手作り感あふれる、4階への案内板。今日はこのあと予定があり、残念ながら4階まで回れなかった。

 展示棟の中だけでなく、アトリウムの部分に各種展示や見本誌コーナーが配置され、会場の一部となっていた。入場ルートと退出するルートが分けられ、往来はスムースだった印象。

 12時半頃の場内の様子。それほど混んでおらず、回りやすい。冬のイベントは暖房と人の熱気で暑くなりがちだが、適宜換気されているようで丁度よかった。

 出張編集部は、西2ホールの端に展開。今回の参加編集部数は111。前回は112だったので、ほぼ同数。これくらいが現在のアベレージなのかも。

 いつものオムそば屋台も変わらず出店。東側での開催時と同様、出入口すぐの所にあった。

 退出は14時半過ぎ。正面のエントランスホールに戻ってくると、むしろ閑散としていた。コミケの時のように、みんな西ホールから1階部分を通って帰ったのかも。
 東で開催された時は、ゆりかもめ有明駅まで歩いて帰るのだけど、今回は逆に遠回り。おとなしく来た時と同じ国際展示場正門駅を目指した。

 今日の入手物より。今日はSF・ファンタジー界隈のものに手が伸びることが多かった。

 東ホールだと複数のジャンルが絡み合うような感じで配置されていることが多いが、西はホールの幅が狭い(?)ためか、割とかっちりとジャンルが分けられていたように感じた。気になるジャンルだけピンポイントで回りたい人には良かったのではないかと思う。
 企画も少な目で、本を見るのに集中できた。そのせいか、じっくり見つつも、さくさく回れた気がする。

 次回コミティア128は、改元後の5月12日(日)11:00~16:00、東京ビッグサイト青海展示棟A・Bにて開催予定。いつもと会場自体違うので、事前確認をしっかりしつつ、作品との出会いを楽しみにしたい。

 - 漫事探訪

広告

広告

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連しそうな記述