漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

コミケ96二日目…シャトルバスでの移動が快適

      2019/08/13


 今日も無事にコミケに参加して生還できたので、記録を残そう。
 C96二日目の今日の主なジャンルは以下の通り。
 ガンダム、おそ松さん、血界戦線、ワールドトリガー、ヘタリア、黒子のバスケ、ハイキュー!!、TIGER&BUNNY、ユーリ!!! on ICE、ガルパン、進撃の巨人、名探偵コナン、アニメ(その他)、TV・映画・芸能・特撮、音楽(洋楽・邦楽・男性アイドル)、FC(小説、ジャンプその他、少年、少女・青年)、創作(JUNE/BL)

 初日、三日目、四日目については、以下のリンクからどうぞ。
コミケ96一日目…ホール間が近いのは有難い
コミケ96三日目…混雑のためか、体力的に辛い日に
コミケ96四日目…お疲れさまの最終日

会場到着~企業ブース~シャトルバス

 今日は、まず青海の企業ブースから回ろうと考えた。とはいえ、りんかい線の最寄り駅である東京テレポート駅に着いたのは13時半頃。昨日よりも遅いし、そのために入場制限も解除されており、参加証の意味がなくなっていた。。
 それはそれとして、東京テレポート駅に着くと、出口へのエスカレーターに乗った。帰る人の数も多い。

 先日のコミティアの際にも来た青海展示場。目前の観覧車は、東京お台場パレットタウンという複合型商業施設のものとのこと。広場にはストリートパフォーマンスをする人もあり、りんかい線の国際展示場駅前を思わせた。

 入場制限は解除されているので、特に参加証を見せることなく企業ブースに侵入。手荷物検査は実施されていた。

 というわけで、さっくりと企業ブースに入ることができた。混雑はしているものの、歩けないほどではない。

 『FGO』で勢いに乗るTYPE MOONブース。完売していたが、その佇まいを撮影する人が多く居た。

 青海展示棟はA・Bの2つのホールで構成されているが、こちらはBホール。人出の具合は大きな差はない。

 以前のコミティアの際は空調が少し弱い感じもしたけれど、今日はだいぶ改善されているように感じた。

 一度やりたかった、シルエットを強調する撮影。群像劇としてのコミケを演出できただろうか(?)。

 一通り回って、Aホールの出口から脱出。

 出口付近には自動販売機や屋台があり、補給基地となっていた。

 ここからビッグサイトへと向かうわけだが、幾つかのルートが考えられる。せっかくなので今回は、無料運行されているシャトルバスに乗ってみることにした。乗り場は、青海展示棟からほど近いロータリーの一角である。

 遠景にフジテレビを望むあたりを通り過ぎ、路線バスのバス停が並ぶ手前がシャトルバス乗り場のようだった。

 バスの運行間隔は8分ごとということだが、乗れるだけ乗せて発車しているような感じでもあった(この辺、主観です)。ともあれ、タイミングが良かったのか、特に待つこともなく席に座ることができた。

 迂回するように道路を走るので、正直なところ速さで言えば、りんかい線かゆりかもめを使った方がよさそう。逆に急ぐのでなければ、歩くよりも遥かに快適な選択肢だと思った。
 ビッグサイトと青海を徒歩で結ぶ経路に「地獄ロード」という名前が付けられているようだが、それと比べれば、無料で移動できる点も含めて、ありがたいことこの上ない。

西展示棟~南展示棟~西展示棟

 10分ほどの乗車時間で、ビッグサイトの前に到着。

 ゆりかもめやりんかい線を使うと、上部の通路を通ることになるが、この場合はその下を通ることになる。

 エントランスを通らず、直接西展示棟に向かうことができる。

 西展示棟中央のアトリウム。時間が遅いので混雑は穏やか。

 というわけで、ここからは昨日と同様、各ホールを巡ることに。西1ホールの配置ジャンルは、ガンダム、おそ松さん、TIGER&BUNNY、ユーリ!!! on ICEなど。そろそろ撤収するサークルが増えてくる頃だった。

 こちらは西2。ジャンルはTV・映画・芸能・特撮、音楽(洋楽・邦楽・男性アイドル)、FC(小説)。

 昨日と同じようなルートを経て、南展示棟へ向かう。やはり今日も目的を達して休憩する人達で賑わっていた。

 南展示棟に侵入。やはり空調の効きが良い。

 南2は、ガルパンとアニメ(その他)が配置。主にガルパン関連を見て回る。

 南1のジャンルはアニメ(その他)、アニメ(少女)。けっこう懐かしい作品のものもあったりする。

 引き続き、昨日と同様にエスカレーターを使って南3・4のフロアへ。西に面した窓からは海が見えた。かつてコスプレエリアになっていた、有明西ふ頭公園と同じアングルだろうか。

 南3から4方面を望む図。かなり撤収済みのところも多い。今日の配置ジャンルは、南3がFC(少年)、進撃の巨人、FC(少女・青年)で、南4はFC(少年)と名探偵コナンだった。

 そのまま、西展示棟への通路を通って西3・4へ。

 時刻は14時40分。この頃になると、撤収済みサークルが半分を超していた印象だった。本日の西4は創作(JUNE/BL)、黒子のバスケ、ハイキュー!!など。ちなみに西3は血界戦線、ワールドトリガー、ヘタリアなどのジャンプ系だった。

 西の屋外展示場に展開しているコスプレエリアをさまよい、館内の通路を通って中央エントランスホールまで戻ってきた。エントランスホールでは混雑も収まり、整然としたものだった。

コスプレエリア

 上記のような経路で西展示棟の屋外展示場、その後もエントランスプラザ、庭園、防災公園を巡り、例によって、ぐっと来たコスプレ写真を撮らせていただいた。時間がなくて常よりやや少ないが、掲載しておこう(画像をクリックすると大きな画像で見ることができます)。 ※コスプレイヤーの皆様へ…逐一許可を頂戴したつもりでおりますが、差し障りがございましたら、お手数ですがこちらからご一報下さい。

 昨日に引き続き、『鬼滅の刃』より、主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の刀を打ってくれた37歳の鍛冶師・鋼鐵塚蛍(はがねづか・ほたる)。表情が素晴らしい再現度。

 こちらも同じく『鬼滅の刃』より、炭治郎の育手(そだて;教官役的な存在)、鱗滝左近次(うろこだき・さこんじ)。こちらも面とポーズの雰囲気が良い感じ。

 現在も連載中のマルチジャンルギャグ漫画『パタリロ!』より、タマネギ部隊隊員。扮するは、アルフォンセ(Twitter:@patopatodeen)さん。見事に「◇」な口と、伝統と安心のクックロビン音頭をご披露いただきました。

 少年チャンピオンコミックスより、マスコットの「少チャン」。全く意識していなかったけれど、誕生50周年とのこと。漫画系ブログとしてお祝い申し上げたい。

 今般ついに完結編への動きが見られ始めた(本当に終わるのか、自分はまだ懐疑的だけど)『新世紀エヴァンゲリオン』より、加持リョウジと赤城リツコ。加持さん:養田(Twitter:@HCLI_JPN)さん、赤城博士:藤樫(Twitter:@magmag_girl)さん。渋い印象が素敵でした。

防災公園~帰路

 上記のようなコスプレを拝見しながら、庭園から防災公園を抜け、帰路についた。

 16時あたりでコスプレも終了。昨日と同様、更衣に向かうレイヤーさんたちを見送りつつ、ゆりかもめ有明駅へと足を向けた。

 いつものことながら、有明駅は混雑も控え目でおすすめ。自分は豊洲方面だけど、新橋方面に向かうのにも有効じゃないかと思う(最も人が乗るだろう、東京ビッグサイト駅の手前から乗れるので)。

 ホームより、りんかい線の国際展示場駅の様子を撮影。人は多いが、大混乱ではなさそうだった。


 あまり長居ができなかった2日目だったけれど、各所を回るという最低限の目標が達せられたので満足できた。明日は創作系の同人誌が多いので、もっと早く来場したい(いつも云ってる)。
 何にせよ、具合が悪くなっては元も子もないので、休養と熱中症対策はしっかりして、明日もコミケに臨みたい。

 ちなみに明日の主なジャンルは以下の通り。
 創作(少年、少女)、アイドルマスター、ラブライブ!、ギャルゲー、男性向、歴史・創作(文芸・小説)、評論・情報、学漫

 - 漫事探訪

広告

広告

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連しそうな記述