漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 月別アーカイブ:2018年12月 」 一覧

【探訪】コミケ95三日目…さらば平成コミケ

 C95最終日となる今日も、無事にコミケに行って帰ってこられたので、報告したい。
 三日目の今日、主なジャンルは以下の通り。
 男性向、評論・情報、アイドルマスター、ギャルゲー、学漫、創作(少年)、鉄道・旅行・メカミリ

 初日、二日目については、以下のリンクからどうぞ。
【探訪】コミケ95一日目…平成最後のコミケ、開幕
【探訪】コミケ95二日目…風は冷たくも大賑わい

会場到着

 今日の豊洲到着は昨日までより1時間ほど早い12時過ぎ。いつものセブンイレブンの作品を撮影。

 今日は豊洲市場はお休みだった。が、ゆりかもめ車内の人数はそれほど変わった感じもなく。

 今日は国際展示場正門駅で下車。ビッグサイト正面は、ごった返していた。

屋上展示場~正面~庭園~東へ

 電車で移動中、友人からの連絡で東の大混雑を知らされていたため、今日は西側のコスプレエリアから回ろうと判断。まずは屋上展示場に向かい、そこから中央に戻ってきた。

 13時頃の中央エントランスホール。混んでいるが進むのに困るほどではなかった。

 エントランスプラザ、庭園のコスプレエリアを抜けて、東へ向かう。この時間帯では庭園から東ホールに直接抜けることはできず、いちど敷地外に出る必要があった。

 車道脇の歩道を歩き、ビッグサイトの東西の間を通る交差点を渡って東ホールへ。

 東5の辺りに到着。意外と時間がかかった。

東ホール

 というわけでやってきた東5。今日の配置ジャンルはアイドルマスター、ギャルゲー、学漫、創作(少年)。自分的には創作が主戦場なので、この辺りから東6までをしばらく巡回。

 ひと通り回ったので外へ。東6から東3まで回り込む。

 東3周辺。休みながら戦利品を確認している人が多かった印象。

 東2あたりから再び中へ。今日の配置ジャンルは男性向、評論・情報。

 評論系も少し見て、再び西へ行ってみることに。「おすすめルート」は昨日ほどは混んでいなかった。

西ホール

 ほどなく西1に到着。配置ジャンルは男性向。

 西2の方は、鉄道・旅行・メカミリ。楽に歩き回れるのでゆっくり回れた。

コスプレエリア

 最終日の今日も、何人かの写真を撮らせていただいた。ご覧いただこう(画像をクリックすると大きな画像で見ることができます)。 ※コスプレイヤーの皆様へ…逐一許可を頂戴したつもりでおりますが、差し障りがございましたら、お手数ですがこちらからご一報下さい。
 往年のジャンプ漫画、あんど慶周氏『究極!!変態仮面』より、変態仮面。寒い中、複数の変態仮面を確認。熱い変態魂を感じる。

 新世紀の神話となった大鬼作アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズより、ネルフ司令・碇ゲンドウ。ゼーレのエンブレム的に新劇場版バージョンか。扮するは、みーくんさん(twitter:@haibara1982)。

 フルダイブ時代のMMOを描いたライトノベル『ソードアート・オンライン 』からのスピンオフ、鉄と銃の仮想世界での戦いを描いた時雨沢恵一氏の『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』より、主人公レンと巨漢エム。原作通りのグッド凸凹コンビっぷり。

 赤塚不二夫氏『おそ松くん』あるいは『おそ松さん』よりイヤミ。あまりに有名な「シェー」の語源は、フランス語や中国語という説があるものの、実際のところは不明とか。

 岸本斉史氏『NARUTO』より伝説の三忍の一角、大蛇丸。表情と舌の質感が良い感じ。

 アニメも放映中の藤田和日郎氏『からくりサーカス』より、からくり編の主人公・加藤鳴海(左)、エレオノール(右)と、人形あるるかん。扮するは、鳴海=にーやんさん(twitter:@oh_niyan)、エレオノール=茶々丸さん(twitter:@cyama28)、あるるかん=TOMOZOさん(twitter:@tomozouamerico)。

 錬金術繋がり。荒川弘氏『鋼の錬金術師』より、エルリック兄弟。扮するは、エド(右)=ゆずきさん(twitter:@yuzukarage)、アル(左)=あかほしさん(twitter:@mygandamu)。

帰路

 西ホールを回り終えた後は、再びコスプレエリアをふらふら。15時にコスプレが終了となり、友人と合流してビッグサイトを後にした。

 今日の帰りは国際展示場駅からりんかい線で新宿方面へ。途中の大崎で下車して一休みした。例によって大崎ではコミケ帰りの人へのサービスを展開。15時から16時くらいの時間だけだったが、戦利品をチラ見せで、お汁粉を振る舞ってもらえた。

 本日の入手物から少しだけ。今回はファンタジックな作品に興味を惹かれるものが多かった気が。

 多くの人がそうであるように、自分のコミケ参加も平成から始まった。また来年もコミケはあるけれど、これで平成のコミケは終わりと思うと、やっぱり少し感慨深かった。
 ともあれ、これにて無事に3日間のコミケも終了。今年もおしまいである。反省を云い出せばキリもないけれど、忘れずたゆまず、来年も頑張りたい。
 今年も鷹揚のご閲覧、ありがとうございました。多くの人にとって良い年末年始と漫画ライフとなりますように。来年も、よろしくお願いします。

(いがらしみきお氏『ぼのぼの』より、しまっちゃうおじさん。平成コミケもしまっちゃおうね。扮するはヒトニャンさん[twitter:@MasaruIshida])

広告

広告
thumbnail

【探訪】コミケ95二日目…風は冷たくも大賑わい

 2018/12/30  漫事探訪

 今日も無事にコミケに行って帰ってきたので、写真と文章で記録を残そう。  C95二日目の今日、主なジャンルは以下の通り。  TYPE-MOON、スクウェア・エニックス(RPG)、刀剣乱舞、東方Project、ゲーム(RPG・恋愛・電源不要・ネット・ソーシャル・ソーシャ……

thumbnail

【探訪】コミケ95一日目…平成最後のコミケ、開幕

 2018/12/29  漫事探訪

 今年の最後、すなわち平成最後を締めくくるコミケ期間がやってきた。例によって3日間、ゆるゆるとではあるが参加するつもりで初日に行ってきた。写真と文章で記録に残そうと思う。  C95初日である今日の主なジャンルは以下の通り。 ガルパン、ガンダム、ラブライブ!、血界戦線、……

thumbnail

【一会】『乙嫁語り 11』……いざ復路の旅へ

 姉さん女房なアミルとカルルクという若夫婦を筆頭に、中央アジアの諸地域における人々の結婚と生活を描いている『乙嫁語り』。最新刊の11巻も読みましたので、色々と書き記したいと思います。  今巻はほぼ全編、スミスさんのお話。中央アジアの文化に興味を抱き、イギリスからやっ……

thumbnail

【一会】『乙嫁語り 10』……それぞれ人生の使い方

 年上のお嫁さんアミルと、まだ少年と云った方が近い風情の夫カルルク。2人と家族たちの生活から始まり、19世紀の中央アジア諸方の結婚と夫婦を描く『乙嫁語り』。先日11巻が刊行されましたが、先に2月刊行の10巻について書きたいと思います。  前巻のあとがき漫画での予……

thumbnail

【一会】『謎のあの店 3』(完)……「ふらり」や「ついに」を、いつまでも

 “前を通ったり電車から見かけたりしても入ったことはない、だけど気になる”お店に突入してみるエピソードをメインとしつつ、そこに作者の追憶や思いも込めて綴る、脱日常実録随想漫画『謎のあの店』。最終巻である3巻が出たのも丁度1年前になってしまいましたが、読んだので、あ……

thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 10』……魔王、交代。振り出しのジミナ村

 テキトー感あふれる勇者の少年ニケと、気持ちが魔方陣の効果に反映される神秘の魔法「グルグル」を使う少女ククリの、再びの冒険を描いている『魔法陣グルグル2』。過日に続き、今年9月に出た最新10巻について、概要と読んだ思いを綴って参りましょう。  なんだかヤバそうな技術……

thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 9』……役者たち、秘境に集う

 子どものような心の振幅が力となる、すこぶる不思議な魔法「グルグル」を操る魔法使いの少女ククリと、ちっとも勇者らしくない勇者ニケの冒険の続きを描いた『魔方陣グルグル2』。初代『魔方陣グルグル』が三度テレビアニメ化された、昨年の12月に9巻が刊行されました(現在10巻まで刊……

広告

広告