漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 月別アーカイブ:2019年01月 」 一覧

【一会】『七つの大罪 32』……「沈黙」と「慈愛」に纏わる諸事情

七つの大罪(32) (講談社コミックス)

 前巻31巻にて、リオネス王国を中心とする聖騎士と騎士団〈七つの大罪〉を始めとする人間たち、彼らと当座の同盟関係にある女神族、これに対する魔神族による戦いの火ぶたが切って落とされた『七つの大罪』。戦いの序盤を描いた、昨年6月刊行の32巻を、引き続き読み進めます。

「沈黙」の告白

 前巻の編成会議にて、人間・女神族連合軍は、防衛部隊・掃討部隊・強襲部隊の3部隊に分けて戦うことを決めましたが、今巻で描かれるのは掃討部隊。魔神族と正面きって戦いを繰り広げる、もっとも戦力を割いた部隊の戦いです。
 女神族の中でも最上位と思われる〈四大天使〉の一角リュドシエルの“祝福の息吹(ブレス・オブ・ブレス)”により、聖騎士の相当数はハイテンション。中でも〈蒼天の六連星〉の面々は常軌を逸した活躍を見せます。しかし、それは己が身を代償としたものなのでしょう。もちろん〈七つの大罪〉のキングやディアンヌも久々に大活躍しますし、〈四大天使〉のサリエルとタルミエルも流石の強さを見せてきます。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『七つの大罪 31』……英雄不在の聖戦へ

 闇の魔神族、光の女神族、そして騎士団〈七つの大罪〉と人間たちという3つの勢力による戦いがクローズアップされてきた『七つの大罪』。先日に引き続き、昨年4月刊行の31巻を読みたいと思います。 神と人との盟約  前巻ラストにて、女神族の〈四大天使〉の一角リュドシエ……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 30』……神・魔・人の三陣営

 昨年は劇場版アニメ化も果たした、「アーサー王伝説」に連なる剣戟と魔力のイングランド・ファンタジー『七つの大罪』。既に35巻がこの17日に刊行済みですが、未読だった昨年2月刊行の30巻から、ぐいっと追いかけていきたいと思います。  ちなみに、30巻の限定版付録は「ミニ画……

広告

広告