漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 バトル 」 一覧

第84夜 彼岸と此岸の境を越えた喧嘩三昧の果てに…『幽☆遊☆白書

「ちょっともの足りねーだけさ/要するにないものねだりってヤツだな/どっちに居たところで足りねーものはあっからな」


幽・遊・白書 19 (ジャンプ・コミックス)

『幽☆遊☆白書』冨樫義博 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1990年51号11月~1994年7月)

 中2の浦飯幽助(うらめし・ゆうすけ)は超強いケンカの他にも一通りの悪事をこなす不良少年。それでも幼馴染の蛍子(けいこ)には強く出れず、たしなめられる毎日だ。
 ある日、幽助は子どもを交通事故から助けるために死んでしまう。浮幽霊となった彼の前に、霊界の使い、ぼたんが現れ、語りだす。幽助の死は霊界の計画にないため成仏できず、生き返るための試練を受けられる、と。どうにか試練に受かった幽助は無事に生き返るものの、今度は妖怪が人間界で起こす悪事を調査する“霊界探偵”としての仕事が待っていた。
 熾烈な戦いの末、いくつかの事件を解決した幽助の元に、闇世界の大イベント、暗黒武術会の招待状が届く。幽助は霊能力を持つ悪友の桑原(くわばら)、これまでの闘いで共闘関係となった鞍馬(くらま)、飛影(ひえい)らとともに闘いに赴く。人間界、霊界、魔界を巻き込む闘いの、それは序章に過ぎなかった。

不吉の流儀
 妖怪を扱った漫画は多くあると思うが、その中にあって本作は亜流といえるかもしれない。水木しげる『ゲゲゲの鬼太郎』に始まる系譜は、民話の類に取材した云わば正統的な作品群で、『ぬらりひょんの孫』なども、どちらかといえばそこに含まれるだろう。
 一方で本作はモチーフにそうした民話などがあっても、作中に登場するのは作者オリジナルの妖怪ばかりだ。この点、物足りない読者もいるかもしれない。が、既成の物語にとらわれない妖怪の造形は、作者固有の独特な世界観を創り出す助けになっている。
 そのようにして創られる世界観は、打ち沈んだ陰りのあるトーンで統一されている。コミカルなシーンが無いではない。しかし、登場人物の生い立ちの多くは苛酷で、後半ではスクリーントーンをほとんど使わずに描かれた画面からは冥い美しさが立ち上っている。

勝者不在
 物語もまた、世界観に追従する。中盤以降、ジャンプ的な闘いが続いていくが、それぞれのエピソードにおいて、主人公たちが勝利したと云えるのか、自分にははっきりと決め付けることができない。1つの価値観が勝利し、他方を圧倒することを、作者は拒否する。それは、あるいは編集部に対する皮肉だったのかもしれない。ともあれ世界観と相まって、少年漫画という枠組みからは明らかに逸脱したと云えよう。現実をかえりみれば、勝者がいないことなどざらにある。その意味で、本作はすぐれて現代的なバトル漫画とも云える。そして受け手がそれを受け入れたことは、往時の本作の人気が物語っている。
 不吉、勝者不在ではあるが、しかし本作は後味が悪いのかと問われると、そうでもないのだ。妖怪たちは非情だが奇妙に無邪気とも捉えられる描き方がされ、相応の感情移入ができるし、勝ったのか負けたのか分からない居心地の悪さを感じながらも、幽助たちは仲間と悪態をつきあいつつも笑い転げる瑞々しさを持ち続ける。そこには、物語を経て彼らが培った、したたかな強さを感じる。本作を読み終えた時、読者は、そんな彼らの歩みに寄り添えた誇らしさと、同時にお別れの喪失感を覚えることだろう。

広告

広告
thumbnail

第80夜 目指せ最強…『陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!

「世界最強の格闘家(オトコ)の夢はどうした――!?」 『陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!』にわのまこと 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1995年2月~1998年1月月)  戦国時代に発祥し、仙台藩御留流(せんだいはんおとめりゅう;門外不出はもちろん、……

thumbnail

第75夜 魔曲とギャグは希望の別名…『ハーメルンのバイオリン弾き

「“馬鹿”は/苦しさの/裏返しのようだな」 『ハーメルンのバイオリン弾き』渡辺道明 作エニックス『月刊少年ガンガン』掲載(1991年4月~2001年2月)  強大な魔族に人々が脅え暮らす時代。辺境の勇者ハーメルは魔王が住む北の都、ハーメルンを目指して旅をしていた。……

thumbnail

第70夜 シリーズ屈指の異色作に宿る勇気の力…『ジョジョの奇妙な冒険Part4 ダイヤモンドは砕けない

「この人は35年間 この町のおまわりをしてきた/出世はしなかったけど 毎日この町を守るのがこの人の仕事だった/今さっきもアンジェロの仕業と思われるニュースをきいたとき/この人は『町を守っている男』の目になった/……/おれが この町とおふくろを守りますよ/この人の代わりに……/どん……

thumbnail

第69夜 人が挑む神との闘い、奇跡の前世代譚…『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話

「何かに命を張って生きることは/約束に似てるな/誰と交わしたわけじゃない/自分の中の約束」 『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』車田正美 原作、手代木史織 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(2006年8月~2011年4月)  18世紀の……

thumbnail

第66夜 裏世界に咲き誇る、逸脱者たちの毒花…『職業・殺し屋。

「ああ…なんて卑しい仕事なんだ…」 『職業・殺し屋。』西川秀明 作、白泉社『ヤングアニマル嵐』→『ヤングアニマル』掲載(2001年8月~2010年1月)  インターネットの奥底に存在するアングラサイト「職業・殺し屋。」。そこでは、依頼者が提示した金額から値段を下げ……

thumbnail

第61夜 真摯に生きる生物の姿は時としてスプラッタだ…『寄生獣

「…………この前/人間のまねをして…………/鏡の前で大声で笑ってみた……/なかなか気分がよかったぞ……」 『寄生獣』岩明均 作、講談社『モーニングTHE OPEN』→『月刊アフタヌーン』掲載(1989年8月~1994年12月)  地球上の誰かがふと思った。「生物(……

thumbnail

第59夜 真の自由を問いかける、古代の拳闘…『拳闘暗黒伝セスタス

「アップライトのベタ足/右拳は槍/左拳は盾/古代拳闘には体重(ウエイト)制も回戦(ラウンド)制も存在しない/採点(ポイント)制の判定など概念さえ無かった/時間無制限・完全(K・O)決着が唯一の掟(ルール)だ」 『拳闘暗黒伝セスタス』技来静也 作、白泉社『ヤングアニマ……

thumbnail

第49夜 愛のため正義のため、少年達は神々に挑む…『聖闘士星矢

「いくぞ!!/地上の愛と正義のために!!/命と魂のすべてをそそぎ込んで!!/今こそ燃えろ黄金の小宇宙よ!!/この暗黒の世界に…/一条の光明を!!」 『聖闘士星矢』車田正美 作、集英社『週刊少年ジャンプ』→『Vジャンプ』(完結編のみ)掲載(1985年12月~1990年……

thumbnail

第39夜 化物と人の野蛮な高貴さに酔いしれろ…『HELLSING

「私にとって日の光は大敵ではない/大嫌いなだけだ」 『HELLSING』平野耕太 作、少年画報社)『ヤングキングアワーズ』掲載(1997年5月~2008年9月)  大英帝国王立国教騎士団。通称ヘルシング機関は、永くイギリスと王室を怪物――ことに吸血鬼――から守護し……

広告

広告