100夜100漫

漫画の感想やレビュー、随想などをつづる夜

*

「 バトル 」 一覧

第158夜 狂わざれば、その時代を生きること能わず…『シグルイ』

「士(さむらい)の命は/士の命ならず/主君のもの/なれば/主君のために死場所を得ることこそ/武門の誉れ/封建社会の完成形は/少数のサディストと多数のマゾヒストによって構成されるのだ」


シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)

シグルイ南條範夫 原作、山口貴由 作画、秋田書店『月刊チャンピオンRED』掲載(2003年6月~2010年7月)

 寛永6年9月24日。駿府城内で行われた御前試合は、酸鼻を極めるものだったという。
 普通、木剣を使用するところ、駿河大納言である徳川忠長(とくがわ・ただなが)は周囲の諫言も意に介さず真剣での立ち合いを所望。かくして、剣士達による凄惨な殺し合いが幕を開けるのだった。
 その第一試合に、諸大名の誰もが息を呑んだ。試合場に入ってきたのは、左手を欠いた剣士と、盲目にして片足を引きずる跛足の剣士だったのだ。
 その隻腕の剣士、藤木源之助(ふじき・げんのすけ)と、盲目跛足の剣士、伊良子清玄(いらこ・せいげん)は、もとは「濃尾無双」と謳われた剣豪、岩本虎眼(いわもと・こがん)の開いた虎眼流(こがんりゅう)で「双龍」と云われた同門同士だった。
 もともと虎眼流への道場破りながら、卓越した剣才と容貌で虎眼の一人娘、三重(みえ)を魅了し、道場の跡目へと野心を燃やす伊良子。百姓の子だったところを虎眼に拾われ、以来異常なまでの愚直さで剣の腕を磨いてきた藤木。
 いま、伊良子はその盲目跛足ゆえに編み出した秘剣「無明逆流れ」の構えをとり、藤木は憎悪と憧憬あい半ばする感情をもって一本腕で刀を構えた。他流者、門徒、師匠すらも飲み込んだ血飛沫と臓物と死。そして狂気すら湛えた士道。ここに至る因縁が、対峙する2人の間に翻る――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 2』……魔王とグルグルと、大人になるということ

 例によって少し経ってしまいましたが、これは書かねばなりますまい。  一度は世界を救っちゃった(100夜100漫第28夜)勇者ニケとグルグル使いククリの、二度目のへっぽこ冒険道中を描く『魔方陣グルグル2』も2巻目。前作から登場し、前巻終盤でまさかのパーティー入りを果たし……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 7』……ひねくれ者の仲間思い

 書こう書こうと思っていながら遅くなってしまいましたが、最近の人気作でもあるし、『七つの大罪』の新刊7巻について、ちょっと思った事を書こうと思います。  メリオダスの暴走と例の欠けた剣の喪失(黒目がちな無表情が恐ろしい!)、そんな彼を痛めつけた相手へのディアンヌの怒……

thumbnail

第154夜 状況の千変万化に踊らず信念を貫け…『絶園のテンペスト』

「愛花が殺されたのは不合理だ/魔法も不合理だ/なら二つをぶつければ辻褄が合う/愛花を殺したやつを/この手で殺してやれる」 『絶園のテンペスト』城平京 原作、左有秀 構成、彩崎廉 作画、スクウェア・エニックス『月刊少年ガンガン』掲載(2009年7月~2013年3月) ……

thumbnail

第150夜 京言葉が語るボケとツッコミ、小さな絆…『京洛れぎおん』

「奴らと戦う力を持っていても小学生だよ/本気の力をモロに受ければ壊れてしまう/体もまだ未熟なのに/使命だから行くんだ/えらい子なんだよね」「別のイミで俺がえらいんですけど!?」 『京洛れぎおん』浅野りん 作、マッグガーデン『コミックブレイドBROWNIE』→『月刊コ……

thumbnail

第148夜 神様の原作から名手が描く、機械達の挽歌…『PLUTO』

「その角の意味……なんだと思う?」「ヨーロッパの古き神々……/死の神には、角がついていた……」「角……戦士の魂を奪う狩人ハーンは“角の王”と呼ばれた……/ギリシア神話においては、冥界の王ハデス……あるいは、/ローマ神話の冥王……」「冥王……」「プルートウだ。」 『P……

thumbnail

【一会】『月光条例 26巻』……それぞれができるコト

 「随意散漫」カテゴリでは継続中の漫画についても言及する、というわけで、先日発売の『月光条例』26巻について書いてみようと思います。(←後日追記:単行本1巻ごとの記事については、ひとまず「随意~」のサブカテゴリとして「一画一会(いちがいちえ)」を設定しました。) ……

thumbnail

第141夜 今は昔、天の月より下りし皇女、王道を示す…『月華美刃』

「国のため?/考えてるか/んなモン!!/私はそんな難しい事はよく分からん!!/だが/私は知ってる/母様が命をかけて守ろうとしてきた物が何なのかを知ってる/それを奪われるのは/たまらなく腹が立つのだ!!/それだけだ!!/悪いか!!」 『月華美刃』遠藤達哉 作、集英社『……

thumbnail

第126夜 ≠アニメ、もう1つの“反逆”に熱くなれ…『スクライド』

「運命−−−−これほど反逆し甲斐のある相手もいねーーな/そう思うだろ? あんたも!!」 『スクライド』黒田洋介(スタジオオルフェ) シナリオ、戸田泰成 漫画、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(2001年6月~2002年4月)  21世紀初頭、神奈川県横浜を中心……

thumbnail

第122夜 血まみれの少女が焦がれた明日は…『キリエ 吸血聖女』

「神様…どうして私なんかを生かされたのですか…/私なんかを…/私は/あの子達の為に泣いてあげる事もできないのに…」 『キリエ 吸血聖女』杉村麦太 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(2000年8月~2002年8月)  1870年、アメリカ西部。そこでは狂血病……

広告

広告