漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

【一会】『猫瞽女―ネコゴゼ― 4(完)』……ここぞ胸突き八丁、けじめの刻

猫瞽女-ネコゴゼ- 4巻 (ヤングキングコミックス)

 戦後まもなくソ連に占領され、共産主義が台頭したパラレルな1950年代の日本を舞台に、擬人化された猫たちによる遊侠活劇を描いた『猫瞽女―ネコゴゼ―』。完結巻となる4巻が、今春刊行されました。
 盲目の女芸能者・瞽女(ごぜ)にして三味線に仕込んだ暗殺剣の達人でもある夜梅(ようめ)と、ロシア正教に由来するらしい特殊能力“機密”によって対象の知覚を遮断する能力を持つ行者の鶯(うぐいす)という2匹の縁と、露わになった極左勢力「世界革命執行人」のナンバー1(アジーン)「二本尾っぽ」の革命への野望の行方はどんなものとなるでしょう。例によって遅きに失した感はありますが、内容と感想を織り交ぜつつ、語ってみたいと思います。

 前巻の後半で、夜梅の過去が明らかになるとともに、兄・梟(サヴァ)に彼女が刃を向けたことから、鶯は去っていきました。2匹が再びまみえるのは、共通の仇敵である「二本尾っぽ」が蹶起の気配を嗅ぎつけ向かった東京炭鉱・青梅収容所の他にないでしょう。
 今巻の冒頭は、そんな蹶起を見張る一本独鈷の建治とお辰の会話から。片や夜梅たちに助けられたやくざ者、片や高官向け娼館「時計屋」の女たちの姐さんといった体で、ともに物語の初期から登場している彼らですが、やり取りから察するに長年連れ添った仲のよう。しかも、話している内容からすれば、やくざ者や娼婦のリーダーとはまた別の顔を持っていそうです。
 彼らの会話から改めて分かるのは、横田から始まった第32狙撃猫師団の反乱は、秘密結社「善智なる盗賊(ラズボイニカ)」が世界革命に見せかけて蜂起するよう工作した反共クーデターである、ということ。夜梅や鶯を始め多くの者が探していた「二本尾っぽ」は、「善智なる盗賊」の罠に見事に引っかかったというところでしょうか。ともあれ、「二本尾っぽ」率いる「世界革命執行人」と、梟が鶯を引き込んだ「善智なる盗賊」および旧日本政府の依頼を受けた長岡瞽女座の連合勢力による激突は間近といったところ。前巻で鶯に去られ、その落胆からようやく立ち直った夜梅は、道案内の少年ロフとともに下水道を通じて因縁の「二本尾っぽ」の処へと向かっている真っ最中です。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『進撃の巨人 22』……覚悟の海

 “正体不明の巨人との戦い”に始まり、次第に物語の全貌が明らかになってきている『進撃の巨人』。4月の話ですが22巻が刊行されました。遅れ馳せもいいところですが、流れを追いつつ思ったことを書き留めようと思います。  前巻に引き続き、エレンの意識に混濁した父・グリシャ・……

thumbnail

【一会】『コトノバドライブ 4(完)』……その5分間は、きっと誰にでも

 海の見える土地で、店長と2人で営む小さなスパゲティ屋「ランプ」で働くすーちゃん。ふとした瞬間に彼女が垣間見る、ちょっと不思議で怖くもあり、それでいて有り難さも漂う不思議な時空間と不思議な出会いを描いた『コトノバドライブ』が、3月刊行の4巻で完結となりました。  作中は……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 25』……3000年の過去で見るものは

 伝説的騎士団〈七つの大罪〉と魔神王に従う〈十戒〉という2つのグループの戦いを中心に、物語の舞台ブリタニアをめぐって絡み合う各種族の思惑が描かれつつある『七つの大罪』。周回遅れ気味(既に次巻が出ています…)ですが、3月刊行の25巻について書きたいと思います。  今巻の限……

thumbnail

【一会】『ダンジョン飯 4』……決戦の果て、癒やしのひと時と暗雲

 コンピューターRPGを思わせるダンジョンの中、その深層でドラゴンに喰われた仲間を救うため、生息するモンスターを調理して栄養補給しつつ冒険を進める一行を描いた『ダンジョン飯』。4巻が出たのも2月の話になってしまいましたが、改めてその概要と感想を記したいと思います。  ち……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 10』……イヴの決着

 厚生労働省の夜間衛生管理課(通称「やえいかん」)の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、その夜衛管が管轄する不死人種“オキナガ”の少年(に見えて中身は88歳の“ご老人”)雪村魁(ゆきむら・かい)。このバディを中心に、12年ごとに女性を惨殺するシリアルキラー「羊殺し」の追跡……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 8』……意識不在の決戦

 普通の人間だった初老男性と男子高校生が、異星人が起こしたアクシデントによって高性能のアンドロイド化。一方は人を救い、一方は人を殺すという両極に振れた彼らの対比と対決を描く『いぬやしき』の8巻が、1月に刊行されました。色々あって4か月も経ってしまいましたが、その概要と感想……

thumbnail

【探訪】コミティア120参加記録…原点を楽しむ

 2017/05/07  漫事探訪

 恒例の5月コミティアに参加してきたので、いつもの通り写真と文章で記録を残したい。過去の記録は下のリンクからどうぞ。 【探訪】コミティア119参加記録…さくっと参加ながら割と充実 【探訪】コミティア118参加記録…天気晴朗、穏やかに会場散策 【探訪】コミティア117参加……

thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 7』……そして魔王となったもの

 基本はファンタジー&メルヘンだけど、随所に滲む日本の観光地のお土産屋さん的な(良く云えばアットホーム、悪く云えば所帯じみた)雰囲気が特徴的なRPG的冒険譚の続編『魔方陣グルグル2』。1月末に7巻が出ました。初代から数えて3度目のアニメ化も決まったとのことで盛り上がる中、……

thumbnail

【一会】『アルテ 6』……まずは自分の場所で

 ルネサンス末期の16世紀。その古典文化復興の中心地となったイタリアの、男社会な絵画界に、ひとり飛び込んだ貴族の娘アルテを描く絵画修行漫画『アルテ』。1月に6巻が刊行となりました。読んで思ったことを書きたいと思います。  師匠レオのアトリエに住み込んで研鑽を積んでい……

広告

広告