漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 地域 」 一覧

第201夜 槌音が背を押す、それぞれの決意…『誰がために鋼は鳴る』

「ケンちゃんさんの打つ音は/とてもキレイです/私 あの音を聞くと/がんばれるって思えるんです」「  そっか……」


誰が為に鋼は鳴る

誰がために鋼は鳴る天乃タカ 作、エンターブレイン『Fellows!』掲載(2009年2月~2010年6月)

 神戸の北西、山裾に広がる三木市は打刃物の伝統が残る町。しかし今やその伝統は廃れ、鋼を鍛える槌の音は、ほとんど聞こえなくなっていた。
 そんな中、青年ケンは、事故で急死した師匠が営んでいた石田鍛冶屋に残り、未熟ながらも刃物を作り続けていた。彼が鋼を鍛える音は、古くから土地に住み鍛冶場の炎を司ってきたキツネ神を久方ぶりに呼び起こし、やがて1人の少女、みっちゃんの興味を引く。彼女は、シングルマザーでデザイナーをしている母親の都合で横浜から預けられてきたのだった。
 少女と、青年と、神。三者の出会いはめぐる町の季節の中、静かに波紋を広げていく。
 少女は、神と戯れ、青年の綺麗な槌音に惹かれ、美しく成長するに及んで進む道を決意する。
 青年は、少女と神とに見守られて鋼を鍛え続け、少女の母親サチの助力も得て、やがて土地の伝統を守ろうと決意する。
 そして神は、自らは傍観者であることを受け入れつつ、それでも2人を思い、最後にすべきことを決意する。
 交錯する三者の決意は何を生み、何を失ったのか。トンテンカンの響きは、それでも弛まず鳴っていた――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記 2』……高線量、重要現場に冴える職人技

 昨年5月発刊の1巻から、8か月ちょっと空いて2巻の刊行となりました、『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』。作者の竜田一人先生が現地に働きに行く期間があるので、これくらいの刊行ペースになるのは当然といえば当然でしょう。  原発作業の様子が入り組んだ時系列で語……

thumbnail

第198夜 笑いあって手を繋いで、それなのに零れる涙…『西荻夫婦』

 2015/02/26  100夜100漫, ,

「明日が来なくても/まあ もう充分ってカンジかな―――」「えーッ/もう充分なの?」「うまく言えないけどね」「けっこうあっさりした境地へ/行っちゃうんですね/夫婦って」「なにわかったふうな」「恋愛じゃないからね」 『西荻夫婦』やまだないと 作、祥伝社『フィール・ヤング……

thumbnail

【一会】『乙嫁語り 7』……湯気の中に見つけた無二の人

 6巻から1年と1か月という時間をおいて発刊された『乙嫁語り』7巻。今巻では前巻の「あとがきちゃんちゃらマンガ」での予告通り、フィールドワーカーのスミスさんとその案内人アリが登場します。  とは云っても、冒頭で出てくるのは、まだあどけなさが残る、さっぱり美人アニス。……

thumbnail

【一会】『東のくるめと隣のめぐる 1』……装いではなく素の君で

 通っている高校で隣の席の“どクール才媛”塚原めぐる(つかはら・――)がちょっと気になってる永耕助(えい・こうすけ)。この先もずっと想いは秘めて、ただの“隣の席の人”だと思っていたけれど、家の引っ越しで彼女の隣家に住むことになって――という、ある意味ラブコメのテンプレ的な……

thumbnail

【一会】『コトノバドライブ 1』……全てが溶け合って見える瞬間

 前作『カブのイサキ』(100夜100漫第9夜)から幾ばくも空かず、芦名野ひとし氏の次作の単行本が刊行されました。その名も『コトノバドライブ』。  バイク、個人商店、缶コーヒーに自然現象と、作品に散りばめられた要素たちは、芦名野作品としては新しくはないかと思います。時代……

thumbnail

第196夜 世界を憂う躁状態に、笑って唖然…『エクセル・サーガ』

「出たな権力の手先!」「……いいけどよ」「ええと!/とりあえず名を名乗れっ」「個人情報は答えられないわ/市役所の方から来た者よ」「ほんに胡散臭いな/わしら」 『エクセル・サーガ』六道神士 作、少年画報社『ヤングキング アワーズ』掲載(1996年6月~2011年7月)……

thumbnail

【一会】『3月のライオン 10』……今ばかりは、“読み”は不要だ

 17歳の少年プロ棋士、桐山零(きりやま・れい)と、彼が独り暮らしをしている「六月町」(東京月島あたりがモデルと思われる)の対岸「三月町」に住むあかり・ひなた・モモの川本家3姉妹との交流を中心に、それぞれの家族の事情とか、個性的なプロ棋士たちの描写が興味深い本作『3月のラ……

thumbnail

第191夜 逆巻く風雪は、ふたりのために…『千年万年りんごの子』

「留まる力と/変わる力/それでも/すべてのものは無慈悲に終わる/小さな切欠によって/朝日/君だけが確かだ」 『千年万年りんごの子』田中相 作、講談社『ITAN』掲載(2011年12月~2014年2月)  1970(昭和45)年。一組の夫婦が誕生した。  東京の大……

thumbnail

【一会】『新世紀エヴァンゲリオン 14(完)』……たなごころを、きみに

 超が付くメジャー作品の漫画版で、自分がここで語ることなどもはや無いようにも思うけれど、やっぱり直撃世代として、語りたいので語ります。『新世紀エヴァンゲリオン』、その漫画版の最終巻となる14巻です。  ちなみに通常版の発売はまだちょっと先(26日)です。自分は限定版(2……

広告

広告