漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 悲壮 」 一覧

【一会】『猫瞽女―ネコゴゼ― 4(完)』……ここぞ胸突き八丁、けじめの刻

猫瞽女-ネコゴゼ- 4巻 (ヤングキングコミックス)

 戦後まもなくソ連に占領され、共産主義が台頭したパラレルな1950年代の日本を舞台に、擬人化された猫たちによる遊侠活劇を描いた『猫瞽女―ネコゴゼ―』。完結巻となる4巻が、今春刊行されました。
 盲目の女芸能者・瞽女(ごぜ)にして三味線に仕込んだ暗殺剣の達人でもある夜梅(ようめ)と、ロシア正教に由来するらしい特殊能力“機密”によって対象の知覚を遮断する能力を持つ行者の鶯(うぐいす)という2匹の縁と、露わになった極左勢力「世界革命執行人」のナンバー1(アジーン)「二本尾っぽ」の革命への野望の行方はどんなものとなるでしょう。例によって遅きに失した感はありますが、内容と感想を織り交ぜつつ、語ってみたいと思います。

 前巻の後半で、夜梅の過去が明らかになるとともに、兄・梟(サヴァ)に彼女が刃を向けたことから、鶯は去っていきました。2匹が再びまみえるのは、共通の仇敵である「二本尾っぽ」が蹶起の気配を嗅ぎつけ向かった東京炭鉱・青梅収容所の他にないでしょう。
 今巻の冒頭は、そんな蹶起を見張る一本独鈷の建治とお辰の会話から。片や夜梅たちに助けられたやくざ者、片や高官向け娼館「時計屋」の女たちの姐さんといった体で、ともに物語の初期から登場している彼らですが、やり取りから察するに長年連れ添った仲のよう。しかも、話している内容からすれば、やくざ者や娼婦のリーダーとはまた別の顔を持っていそうです。
 彼らの会話から改めて分かるのは、横田から始まった第32狙撃猫師団の反乱は、秘密結社「善智なる盗賊(ラズボイニカ)」が世界革命に見せかけて蜂起するよう工作した反共クーデターである、ということ。夜梅や鶯を始め多くの者が探していた「二本尾っぽ」は、「善智なる盗賊」の罠に見事に引っかかったというところでしょうか。ともあれ、「二本尾っぽ」率いる「世界革命執行人」と、梟が鶯を引き込んだ「善智なる盗賊」および旧日本政府の依頼を受けた長岡瞽女座の連合勢力による激突は間近といったところ。前巻で鶯に去られ、その落胆からようやく立ち直った夜梅は、道案内の少年ロフとともに下水道を通じて因縁の「二本尾っぽ」の処へと向かっている真っ最中です。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『進撃の巨人 22』……覚悟の海

 “正体不明の巨人との戦い”に始まり、次第に物語の全貌が明らかになってきている『進撃の巨人』。4月の話ですが22巻が刊行されました。遅れ馳せもいいところですが、流れを追いつつ思ったことを書き留めようと思います。  前巻に引き続き、エレンの意識に混濁した父・グリシャ・……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 24』……情を知った弱さ、それを捨てた強さ

 騎士団〈七つの大罪〉を筆頭とする人間側と、〈十戒〉の率いる魔神族との戦いを描く鈴木央的アーサー王物語『七つの大罪』。昨年12月に24巻が発刊されました。3か月遅れとなりましたが、色々と書いてみたいと思います。  ちなみに今巻の限定版付録である「いろはかるた」は、今年の……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 21』……命の選択、“壁の外”の来歴

 やはり前巻の予告通りの発刊時期となった『進撃の巨人』21巻。遅くなりましたが、読んで思ったことなど書いていきたいと思います。  決着が近づくウォールマリア奪還戦。前巻において、どうにか敵主力の多くを打倒した人類側ですが、支払った代償もまた大きなものでした。大多数の……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 7』……殺戮のさなか、再びの邂逅

 エイリアンと思しき存在が引き起こしたアクシデントにより、人智を超えたスペックのアンドロイドとなってしまった初老の犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)と、高校生の獅子神皓(ししがみ・ひろ)。彼らの活躍あるいは暴走を描いた『いぬやしき』の、前巻の予告からして嫌な予感しかしない……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 22』……世界を覆う、そのものの名は絶望

 つい先日21巻について書いた『七つの大罪』ですが、早くも一昨日に22巻が刊行となりました(自分が読むのが遅かっただけですが)。珍しく早めに読みましたので、レビュー&思ったことを書きたいと思います。  その前に、恒例の限定版付録ですが、今回はミニキャラが描かれたペットボ……

thumbnail

【一会】『猫瞽女―ネコゴゼ― 3』……その過去に、戦慄と涙

 戦後まもなくソ連に占領され、共産主義が台頭したパラレルな日本を舞台に、擬人化された猫たちによる遊侠活劇を描いた『猫瞽女―ネコゴゼ―』。盲目の女芸能者・瞽女(ごぜ)にして三味線に仕込んだ暗殺剣の達人でもある夜梅(ようめ)と、ロシア正教に由来すると思われる“機密”により対象……

thumbnail

【一会】『ベルセルク 38』……“白”と“光”は、似ているようで違う

 現在連載中の漫画では、最高峰のダークファンタジーに数えられる『ベルセルク』の3年ぶりとなる新刊が、先月発刊されました。いくぶん中途半端ではありますが、今巻から言及したいと思います。  長大にして未だ道半ばの物語を要約するのは困難ですが、黒い剣士ガッツと、白銀の騎士グリ……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 6』……地上で、宇宙で、迫る破滅の時

 エイリアンと思しき存在による事故に巻き込まれたため、超ハイスペックなアンドロイドとなってしまった初老の会社員・犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)と高校生の獅子神皓(ししがみ・ひろ)。銃をものともしない戦闘能力と、難病すら完治させる治療能力を有する彼らそれぞれの、“生きて……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 19』……“壁”の内外、覚悟の対比

 予定通り今月8日に『進撃の巨人』19巻が刊行となりました。遅れ馳せですが概要と感想を書き留めていきます。  ちなみに、今巻の限定版の付録は全52枚のポストカードです。特に新規描き下ろしは無いようですが、これまでの単行本や月マガの表紙イラストはもちろん、『FRaU』『ミ……

広告

広告