漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 歴史 」 一覧

第138夜 2人の日々は、あのスイングとともに…『坂道のアポロン

「んふっ/相棒?/いやですよこんなの」「最高じゃないか/一緒にバカやれる友達なんて/大事にしろよ/恋愛と違って/友情ってのは一生もんだからな」


坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)

『坂道のアポロン』小玉ユキ 作、小学館『flowers』掲載(2007年9月~2012年7月)

 船乗りである父の仕事の都合のため、神奈川県の横須賀から長崎県の佐世保にある伯父の家へとやってきた西見薫(にしみ・かおる)。同じように住む街を転々としてきた彼の胸中は、倦怠で満たされていた。しかし、転校先の佐世保東高校での“ふだ付きの不良”川渕千太郎(かわぶち・せんたろう)との出会いにより、全ては変わっていく。
 クラシックピアノをたしなむ薫は、千太郎の幼馴染・迎律子(むかえ・りつこ)に誘われ、レコード店を営む彼女の家を訪れる。そこで見たのは、ジャズドラムを叩く千太郎の姿だった。喧嘩っ早く、バンカラ気風な普段の千太郎とはかけ離れた、その生き生きとした姿に触れ、ジャズピアノにのめり込んでいく薫。
 薫と千太郎。それぞれ家庭に複雑な事情をもった2人を中心に、律子、上級生の深堀百合香(ふかほり・ゆりか)、トランペットを吹く大学生の桂木淳一(かつらぎ・じゅんいち)たちによる、ジャズと祈り、恋と友情の日々は紡がれていく。
 時に1966年。パソコンもケータイも、コンビニすら無かった時代の、坂の街の物語。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第137夜 波乱の刻を咲き誇った、幾つもの魂…『ベルサイユのばら

「神の愛にむくいる術ももたないほど小さな存在ではあるけれど…/自己の真実のみにしたがい/一瞬たりとも悔いなくあたえられた生をいきた/人間としてそれ以上のよろこびがあるだろうか」 『ベルサイユのばら』池田理代子 作、集英社『週刊マーガレット』掲載(1972年4月~19……

thumbnail

第131夜 ままならない日々と自分を嗤う強靱さ…『ゲゲゲの家計簿

「今日の出費は……/本とコーヒーで八百円…/義姉さんに三千円借りて……/家内に生活費を渡すと…/ゼロだっ!?」 『ゲゲゲの家計簿』水木しげる 作、小学館『ビッグコミック』掲載(2011年5月~2012年10月)  昭和26年6月。武良茂(むら・しげる)は神戸でアパ……

thumbnail

第129夜 行間から浮かぶ、在りし日の彼らの食生活…『文豪の食彩

「例えば明治期/日本人は何を旨いと思って喰っていたのか?/そこにどんなドラマがあったのか?/それは今どこで食えるのか?/それは今も旨いのか?/…とかね」 『文豪の食彩』五十子肇観→壬生篤 原作、本庄敬 作画、日本文芸社『別冊漫画ゴラク増刊 食漫』掲載(2009年12……

thumbnail

第119夜 伝説の大和型4番艦、起つ!…『新海底軍艦 巨鋼のドラゴンフォース

 2013/10/26  100夜100漫, , ,

「アネット拉致サルトノ報ニ接シ/海底軍艦ラ號ハ直チニ出動/コレヲ救出セントス/本日天気雨天ニシテ波高シ」 『新海底軍艦 巨鋼のドラゴンフォース』飯島ゆうすけ 作、角川書店『月刊少年エース』掲載(1995年9月~1996年11月号)  第二次世界大戦末期、各国は、……

thumbnail

第113夜 命のため、“異端者”はメスを振るう…『アスクレピオス

「一般的に“外科医”と呼ばれる人達の仕事は/創傷治療や肢体切断術…解剖手などです/胸腔内や腹腔内の手術は/教会の認める医術の中には存在しません…/ぼくらはそれを1000年以上も続けてきました/だから/追われているんだと思います…」 『アスクレピオス』内水融 作、集英……

thumbnail

第107夜 その惨状だけは、忘れずに憶えていよう…『はだしのゲン

「ぼくは/おとうちゃんがいうた麦のように/なりたいと思っています」 『はだしのゲン』中沢啓治 作、集英社『週刊少年ジャンプ』→市民誌『市民』→日本共産党中央委員会『文化評論』→日本教職員組合機関紙『教育評論』掲載(1973年5月~1985年)  1945年、広島市……

thumbnail

第106夜 湯を介し、癒しで繋がる彼方と此方…『テルマエ・ロマエ

「浴場の中で心安らげるかどうかは/共に浸っている人間にかかる部分が大きい…/湯に対して全身全霊を捧げる平たい顔族は/一緒に風呂に入るのに最高の人種ではないか!?」 『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ 作、エンターブレイン『月刊コミックビーム』掲載(2008年1月~20……

thumbnail

第96夜 戦国系変態ギャグに仄見える純情…『こいつら100%伝説

「きみのいってることは/バカバカしさの中にも/きらりと光るものがあるが/やっぱり大バカモノと呼ばせていただきたいっ」 『こいつら100%伝説』岡田あーみん 作、集英社『りぼん』掲載(1989年4月~1992年8月)  時は戦国、世は地獄。忍術の達人である先生は、そ……

thumbnail

第83夜 縁(えにし)の物語は出雲に始まり出雲に果つ…『八雲立つ

「“気”よ…!/大いなる気よ…!!/我に応えよ!/我に依り憑きてその力を貸せ!!」 『八雲立つ』樹なつみ 作、白泉社『LaLa』掲載(1992年5月~2002年7月)  東京の大学生、七地健生(ななち・たけお)は、先輩に押し付けられた劇団の舞台取材のアルバイトとし……

広告

広告