漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 音楽 」 一覧

第171夜 思い出になる日々を、呑気さで奏でよう…『けいおん!』


「梓 さっき何で私が外バン組まないのか聞いたよね/やっぱり私はこのメンバーとバンドするのが楽しいんだと思う/お茶飲んだり/だらだらすることもあるけど/それも必要な時間なんだよ」「……本当に?」「多分…」


けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)

けいおん!かきふらい 作、芳文社『まんがタイムきらら』掲載(2007年4月~2010年9月)

 桜が丘高校に入学した田井中律(たいなか・りつ)は、幼なじみの秋山澪(あきやま・みお)を誘い軽音部の見学に赴こうとする。が、当の軽音部は部員不在のため、4月中に新入部員が4人集まらなければ廃部になると聞かされ、律は「今なら自分が部長に」と野望を燃やす。
 律の働きかけで、澪、合唱部に入部希望だったものの律と澪のやり取りを気に入った琴吹紬(ことぶき・つむぎ)、そして「軽音楽=軽い音楽」と勘違いした初心者の平沢唯(ひらさわ・ゆい)を加え、どうにか軽音楽部は存続を認められる。かくして、律=ドラム、澪=ベース、紬=キーボード、唯=ギターというパート割りで音楽室を根城に軽音部は活動開始。しかし、顧問になった(させられた)音楽教師、山中さわ子(やまなか・さわこ)先生ともども、お嬢様の紬が家から持ってくるお茶とお菓子の誘惑に、律や唯のストッパー役である澪も抵抗できない様子。
 お茶会や遊びを交えつつ、日々の練習、合宿、自作の曲による文化祭ライブといった1年間を経て、軽音部は新入生でギター経験者の中野梓(なかの・あずさ)を迎える。最初こそ、部のお気楽さに真面目な梓は戸惑うが、先輩4人に触れ、彼女にとっても軽音部はかけがえのない場所になっていく。勉強、行事、友達とのおしゃべり。そんなものを調べに乗せたり乗せなかったりしつつ、軽音部の季節はめぐるのだった。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第138夜 2人の日々は、あのスイングとともに…『坂道のアポロン』

「んふっ/相棒?/いやですよこんなの」「最高じゃないか/一緒にバカやれる友達なんて/大事にしろよ/恋愛と違って/友情ってのは一生もんだからな」 『坂道のアポロン』小玉ユキ 作、小学館『flowers』掲載(2007年9月~2012年7月)  船乗りである父の仕事の……

thumbnail

第75夜 魔曲とギャグは希望の別名…『ハーメルンのバイオリン弾き』

「“馬鹿”は/苦しさの/裏返しのようだな」 『ハーメルンのバイオリン弾き』渡辺道明 作エニックス『月刊少年ガンガン』掲載(1991年4月~2001年2月)  強大な魔族に人々が脅え暮らす時代。辺境の勇者ハーメルは魔王が住む北の都、ハーメルンを目指して旅をしていた。……

thumbnail

第12夜 欠ける月の下、優しい死とピアノの調べは歌う…『下弦の月』

「あの月が欠けてゆく2週間があたし達に定められた運命なら/あの夜見た月が満ちる事は永遠にないだろう」 『下弦の月』矢沢あい 作、集英社『りぼん』掲載(1998年3月~1999年5月)  女子高生の望月美月(もちづき・みづき)は、街中でギターを弾く不思議な白人、アダムと……

広告

広告