バトル | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-3ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 バトル 」 一覧



【一会】『進撃の巨人 19』……“壁”の内外、覚悟の対比

進撃の巨人(19) (週刊少年マガジンコミックス)

 予定通り今月8日に『進撃の巨人』19巻が刊行となりました。遅れ馳せですが概要と感想を書き留めていきます。
 ちなみに、今巻の限定版の付録は全52枚のポストカードです。特に新規描き下ろしは無いようですが、これまでの単行本や月マガの表紙イラストはもちろん、『FRaU』『ミニサイズ版VOCE』といった女性誌への出張イラスト(どれも兵長ですが)や単行本巻末の「ウソ予告」まで網羅したラインナップとなっています(枚数的にトランプができそうですが、特にそういう仕様ではありません)。
 ポストカードなので切手を貼れば葉書として使えますが、52枚全部を収納できるクリアアルバムも付いていることから、コレクターズアイテムとしての側面が強いでしょう。もちろん、「ウソ予告」を知人に送り付け困惑して貰う、などという使い方も可能です。

 それはそうと本編です。回想やモノローグが挿入はされますが、基本的に今巻は、ウォール・マリア奪還作戦におけるシガンシナ地区(エレン達の出身地)での人類VS巨人の決戦を描いた“一幕もの”と云っていいかと思います。
 前巻ラストで退路が断たれたかに思われた人類側ですが、厳密にはまだ完全に孤立したわけではないようで、人類は撤退・補給の生命線である馬を守りつつ、巨人たちを相手にしていきます。
 しかし「巨人たち」と云っても、敵は当初考えられていたような知性無き存在の集まりではありません。そこには戦略的思考を有し手強そうなジーク戦士長(=「獣の巨人」)がいます。そして、かつてエレン達と共に訓練し戦ったライナー(=「鎧の巨人」)とベルトルド(=「超大型巨人」)がいます。しかも“壁”の中の人類への明確な殺意を持って。もちろん、そんな彼らに対し、調査兵団となった同窓生たちだって覚悟を決めて挑みます。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

【一会】『アップルシードα 2(完)』……新世界は素敵ですか?

 2巻の発刊から早や2か月ほど経ってしまいましたが、じっくりと読みましたので書いておきましょう。『茄子』(100夜100漫第1夜)の黒田硫黄先生による、士郎正宗先生の未完の代表作『アップルシード』のリブートという異色作の2巻にして最終巻です。  40年にもわたる非核……

thumbnail

【一会】『Pumpkin Scissors 20』……蜈蚣のように殺し、厳として屠る

 “帝国”とフロスト共和国の戦争によって生じた「戦災」への対処を旨とする帝国陸軍情報部第3課、通称「パンプキン・シザーズ」。“お祭り部隊”と揶揄される課にあって、真の戦災復興と正義とは何かを問い続ける貴族出身のアリス・L・マルヴィン少尉と、特殊部隊群「不可視の9番(インヴ……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 19』……“傲慢”かまして、おやりなさい

 中世イングランドを思わせるブリタニアを舞台に、騎士団〈七つの大罪〉や聖騎士達と、〈十戒〉なる魔神たちを筆頭とする魔神族との戦いが繰り広げられている『七つの大罪』。予告通り先月17日に19巻が刊行されました。今巻の限定版付録は手帳型スマホケース。スマホはあれどケースは使わ……

thumbnail

【一会】『魔法陣グルグル2 5』……勇者さらわれる。乙女パーティ結成

 シロップと粉砂糖たっぷりのパンケーキにハーブティー、そこに何故か具がたっぷり入った豚汁というセットメニューをダンスフロアでいただくような、RPG風メルヘンチックアドベンチャー漫画『魔方陣グルグル2』。先日新刊が発売となりました。  幻のグルグルと云われる「かみさま……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 18』……死ねなくなった“狐”の肖像

 ブリタニアの存亡をかけ、騎士団“七つの大罪”や聖騎士達と、“十戒”を筆頭とする魔神族との大きな戦いが始まらんとしている『七つの大罪』。先日18巻が刊行となりました。  今回の限定版付録は、昨年12月刊行の12巻の時と同様カレンダーです。去年は日めくりでしたが今年は……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 18』……明かされた過去と胸中。そして決戦へ

 予告通りの刊行となった『進撃の巨人』18巻。今巻の限定版はサンタ服を着たエレンの“ねんぷち”です。季節を選びますが、机上のマスコットとしてはなかなか良いかと。  本編の内容はといいますと、ヒストリアを中心とした政治劇から、再び壁と巨人をめぐる攻防に話が移ってきた感じで……

thumbnail

【一会】『猫瞽女―ネコゴゼ― 2』……温泉地の勝負の行方はロシア式

 巫女に次いで猫耳という、ある意味で近年のヲタク界隈の要求を飲み込んだ上で、見事に渋み溢れる作品世界を描き出す宇河弘樹先生の『猫瞽女―ネコゴゼ―』第2巻が先日刊行されました。  描かれるのはパラレルな195X年。戦争に勝利したソ連によって支配され「日本自治ソビエト社会主……

thumbnail

【一会】『3×3EYESサザンアイズ幻獣の森の遭難者 2』……「世界崩壊」の真相と、まだ知れぬ深遠

 アジアン・オカルティックな伝奇ロマン『3×3EYES』(100夜100漫第100夜)の12年ぶりの正統的続編『3×3EYES 幻獣の森の遭難者』、予告よりも気持ち早く、11月初旬の刊行となりました。獣魔の卵の存在を掴んでやってきたパリで、八雲を捕獲しようとする謎の女子高……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 17』……それぞれの試練の時

 ここのところ更新が刊行に追い付いていないで恐縮ですが、先月発刊の『七つの大罪』17巻を読みましたので書き留めておきます。ちなみに今巻の限定版には付箋ブックが付属。これはけっこう実用的かもしれません。  今巻はずばり、いわゆる修行の巻と云えるでしょう。メリオダス……



広告

広告