漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

第43夜 視線の先の異形達は、己の異形の合わせ鏡…『ホムンクルス

「波は落ぢづぐなあ……/波は俺(わぁ)を映(うづ)さねえ。」


ホムンクルス 1 (BIG SPIRITS COMICS)

『ホムンクルス』山本英夫 作、小学館『ビッグコミックスピリッツ』掲載(2003年4月~2011年3月)

 新宿西口から程近い場所に建つ一流ホテル。道路を挟んだ向かいの公園には、ホームレスの暮らすテント村がある。その境界線にあたる道路に車を停め、車中生活を送る男、名越進(なこし・すすむ)。スーツに身を固め、ホームレス達とはうわべだけの付き合いをする名越だが、かといって大手を振ってホテルのレストランに行くこともできない、狭間の男だった。
 裕福な家の医学生、伊藤学(いとう・まなぶ)は、そんな名越に接近し、第六感が芽生えるというトレパネーション――頭蓋骨に穴を開ける手術――を受けないかと持ちかける。伊藤の興味本位での提案だった。報酬は70万円。困窮しつつあった名越は一度は断るものの、結局その提案を引き受ける。
 かくしてトレパネーションを受けた名越は、左目だけで人間を見ると、ある割合で異様な姿を見るようになった。薄っぺらな男、輪切りになったギャル、金属のような卵に閉じ篭ったホームレス仲間…。それを聞いた伊藤は、「他人の深層心理が、現実のようにイメージ化されて見えているのではないか」と考え、それらをホムンクルスと名付けた。
 ロボットの組長、砂の女子高生など、名越は都会の雑踏の中で片目を凝らし、ホムンクルスとして見える人々の心に近づいていく。見ることは見られること。それは、名越自身の心に沈潜していくことに他ならなかった――。

逆スタンドへの“視線”
 全編通して気持ちのいい話ではない。しかし、興味深い。トレパネーションを受けた名越の目を通して描かれる人間の精神=ホムンクルスの造形が、不気味だが単純に心惹かれる。同時に、どういった経緯でその人物がそうしたホムンクルスとして見えることとなったのか、それを解き明かすこと自体も、「ホムンクルス」という言葉のそもそもの出所でもある、“隠されたもの”を見出そうとした錬金術の営みを思わせ、妖しい魅力を持っている。
 名越にしか見えない本作のホムンクルスとは、その人物の精神の歪み、ある意味ではその人物をその人物たらしめている本質が視覚化されたものだ。この、“その者の本質が見える形として表れる”という点だけを考えれば、『ジョジョ』のスタンドと共通していると云えよう。ただし、スタンドが外界に作用する意志の力であるのなら、ホムンクルスはどこまでも内向きにしか作用し得ない潜在意識の姿、いわば逆スタンドだ。
 それが見える名越は、彼らの精神の歪みを治す可能性を持つカウンセラーとして描かれ得るし、事実しばしばそうした役回りも担う。しかし、『殺し屋1』で少し触れた人間存在への冷めた視線は、名越だけを安全地帯に置いておこうとはしない。象徴的に云えば、彼がホムンクルスを見ている時、それらも彼を見ているのだ。本作は次第に名越の物語として展開していく。

二人の物語
 そんな名越の物語だが、彼は孤独を感じながらも完全な孤独ではない。本作は二人の物語だ。作中のどの2人なのかは名言しないが、あるいは特定のキャラクター2人に限った意味ではないと云わねばならないかもしれない。
 人が2人いれば、そこにコミュニケーションが生まれる。視線を交わすだろうし、言葉も、時には肉体も交わすだろう。そうしたコミュニケーションそのものが、本作の主題と云っても差し支えないのかもしれない。その探りあいが、再三繰り返されるホムンクルスと視線を巡るやり取りとも云えよう。その探りあいの果てにあるラストは、まさに純愛の結末に見える(あるいは見えてしまう)。
 手放しの娯楽作品とは云えない本作だが、時にはこんな迷路めいた作品に迷うのを楽しんでこその漫画読みではないだろうか。

広告

広告
thumbnail

第42夜 恋情も、不安も、諸共に携えて見上げよう…『宙のまにまに

「21分30秒/ポルックス方面2等級!/はいっ」 『宙のまにまに』柏原麻美 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(2005年9月~2011年7月)  この春から高校に入学する大八木朔(おおやぎ・さく)は、父親の単身赴任を期に、かつて住んでいた小杉野市に戻ってくる。文……

thumbnail

第41夜 豪華で特濃。中華をめぐる仁義なき戦い…『鉄鍋のジャン!

「料理は勝負だ! 勝てばいいんだ!! 」 『鉄鍋のジャン!』西条真二 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(1994年12月~2000年3月)  国内最高峰といわれる東京銀座の五番町飯店に、謎の挑戦者がやってきた。飯店のものよりも美味しい炒飯を手際よく作った、……

thumbnail

第40夜 神職だって、お金は欲しいし恋もしたい…『神社のススメ

「神社は宗教だがビジネスなんです/そしてアミューズメントだ」 『神社のススメ』田中ユキ 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(2004年4月~2006年6月)  大神社の宮司の次男、里見信二郎(さとみ・しんじろう)。実家の神社は兄に任せ、自分は好きな舞を仕事にしよう……

thumbnail

第39夜 化物と人の野蛮な高貴さに酔いしれろ…『HELLSING

「私にとって日の光は大敵ではない/大嫌いなだけだ」 『HELLSING』平野耕太 作、少年画報社)『ヤングキングアワーズ』掲載(1997年5月~2008年9月)  大英帝国王立国教騎士団。通称ヘルシング機関は、永くイギリスと王室を怪物――ことに吸血鬼――から守護し……

thumbnail

第38夜 杯を満たす葡萄の香に、人生の喜怒哀楽は映る…『ソムリエ

「本当に正しい組合せというのは/料理とワインの間ではなく/ワインとお客様の間にあるんじゃないかな」 『ソムリエ』城アラキ 原作、甲斐谷忍 漫画、堀賢一 監修、集英社『MANGAオールマン』掲載(1996年1月~1999年6月)  パリで暮らす日本人、佐竹城(さたけ……

thumbnail

第37夜 メタリックな胸の内の、天真爛漫と哀しみ…『ぼくのマリー

「あたしが練習台になってあげる/あたしを本物の真理さんと思ってデートに誘ってみてよ」 『ぼくのマリー』竹内桜 作、三陽五郎 協力、集英社『週刊ヤングジャンプ』掲載(1994年1月~1997年2月)  理工系で発明オタクの大学生、雁狩(かりがり)ひろしは、同じテニス……

thumbnail

第36夜 踊りましょう、ご一緒に、最後まで…『さよなら絶望先生

「♪ね――こ――の毛皮着る――/貴婦人のつくるスウプウウ―/お――ば――あさんの/いなくなぁた/住宅――街――に肉――」 『さよなら絶望先生』久米田康治 作、講談社『週刊少年マガジン』掲載(2005年4月~2012年6月)  名前からして敗北感に溢れている高校教師……

thumbnail

第35夜 目を逸らさず、歩みを止めないということ…『るろうに剣心

「剣は凶器 剣術は殺人術/どんな綺麗事やお題目を口にしても/それが真実――けれども拙者はそんな真実よりも、薫殿の言う甘っちょろい戯れ言の方が好きでござるよ」 『るろうに剣心』和月伸宏 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1994年4月~1999年9月)  明治初期……

thumbnail

第34夜 困惑も諍いも一時の旅情も乗せて、列車は行く…『鉄子の旅

 2013/06/07  100夜100漫, ,

「列車を乗り降りして、久留里線の駅、すべてを見て回るんだ!!」「なんだそりゃーっ!!」 『鉄子の旅』菊池直恵 作、小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ増刊IKKI』→『月刊IKKI』掲載(2002年1月~2006年10月)  売れない女性漫画家キクチは、小学館の漫……

広告

広告