漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 青春 」 一覧

第55夜 控え目な瞳が映す、国際都市の温もりと傷跡…『神戸在住』

「――神戸より。」


神戸在住(1)

神戸在住木村紺 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(1998年9月~2006年3月)

 辰木桂(たつき・かつら)は神戸の大学に通う美術科生。父の仕事の都合で東京から引っ越してきた、昔の洋楽と文庫本を愛する真面目で小柄な女の子だ。
 大学の友達や、入り浸っている英語文化研究部でのこと、家族や辰木家の過去のこと、憧れるイラストレーターのこと、将来のこと、そして、かつてこの街を襲った震災のこと――。
 緩やかに、けれども決然と、人々とこの街の時間は流れていく。

観察者の目
 神戸を一度だけ訪れたことがある。1997年の春だった。震災から2年が過ぎていたが、まだはっきりとした爪跡が残る一画もあった。ひどいな、と、若かった自分はそれだけの感想しか持たなかったのだが、時を経て本作を読み、改めて興味を喚起された。
 語り方が巧みである。主人公の桂は引っ込み思案で地味だが小動物的な可愛さのある人物として描かれている。たいていは周囲の者が彼女をいじるのだが、それだけが彼女なのではない。本作の根幹を成すのは桂のモノローグである。それは、じっと人とその営みを見つめてのつぶやきであり、時に自らの激情すら客観的に語る怜悧な意識だ。桂のこの視線の出処は、黙々と読書を積み重ねてきた故の観察眼なのかもしれないし、あるいは、東京の高校を卒業してから関西に来たという、排除はされないもののどこか“よそ者”を感じているために、周囲に注ぐ異邦人としての意識なのかもしれない。
 そうした桂の視線で紡がれる本作は、メジャーどころもメジャーでないところも、三ノ宮も震災の記憶も、1人の若い女性の感性を通過してきたことによる、瑞々しい注釈が付された神戸案内になっている。
 桂の視線は、しかしただ怜悧なだけではない。その多くは優しさにあふれているし、観察者ではなく参加者として、歳相応の女子大生らしい振る舞いをすることもある。つまりは温かみのある眼差しなのだ。

過ぎゆく時の力
 一方で、桂の視線の先に居る家族や友人、教師、地域で知り合う人々は、それぞれの理想を持って前向きに人生を歩んでいく。若者たちは社会へ出て行き、先達である大人たちも、フットワーク軽く張りのある日常を生きている。
 本作のタイトルならば、主人公を社会人にして、毎回、神戸やその周辺のちょっといいところを紹介するという、“終わらぬ日常もの”でいくという方針もアリだったに違いない。しかし、作者はそれを選ばなかった。桂たちは変化の中で生きていく。これは、もしかしたら神戸を襲った震災と無縁ではないのかもしれない。大破壊からの再生とは、痛手を受け入れ、過ぎゆく時の中で変化していくことに他ならない。それは風化とか逃避とは違った意味を持つだろう。そのことは本作の終盤でも象徴的に描かれていると思う。
 本作を流れる時は、辛い過去と共にありながらも変化していくことで見出される希望を意味している。

*書誌情報*
☆通常版…B6判(18 x 12.8cm)、全10巻。電子書籍化済み(紙媒体は絶版)。

広告

広告
thumbnail

第52夜 誰も彼も汗にまみれて一生懸命にバカだった…『柔道部物語』

「「「俺ってストロングだぜぇ~!」」」 『柔道部物語』小林まこと 作、講談社『週刊ヤングマガジン』掲載(1985年9月~1991年7月)  地元の岬商業高校に入学した寿司屋の息子、三五十五(さんご・じゅうご)は、中学では吹奏楽部でサックスを吹き、成績はトップクラス……

thumbnail

第46夜 淡々と、ただならない日常は過ぎゆく…『あずまんが大王』

「そんなんじゃありませんのだ」 『あずまんが大王』あずまきよひこ 作、メディアワークス(現アスキー・メディアワークス)『月刊コミック電撃大王』掲載(1998年12月~2002年3月)  恐らくは関東にある、どこかの共学高校。そこで繰り広げられる、とも、ちよ、よみ、……

thumbnail

第44夜 恋と夢と。彼らが選んだのは…『部屋(うち)へおいでよ』

「ねェ……/これから……/いっしょに…/観よっか…/部屋(うち)においでよ…」 『部屋においでよ』原秀則 作、小学館『週刊ヤングサンデー』掲載(1990年月~1994年月)  東京、阿佐ヶ谷のとあるパブ。ピアノを弾く水沢文(みずさわ・あや)と、客なのに店の手伝いを……

thumbnail

第42夜 恋情も、不安も、諸共に携えて見上げよう…『宙のまにまに』

「21分30秒/ポルックス方面2等級!/はいっ」 『宙のまにまに』柏原麻美 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(2005年9月~2011年7月)  この春から高校に入学する大八木朔(おおやぎ・さく)は、父親の単身赴任を期に、かつて住んでいた小杉野市に戻ってくる。文……

thumbnail

第33夜 淋しさの記憶を抱え、彼らは奇跡と親和する…『浪漫倶楽部』

「だからこそ浪漫倶楽部の出番だろ!!/これから一緒に不思議な事件が起きたら一つ一つ解決していけばいーじゃないか!!」 『浪漫倶楽部』天野こずえ 作、エニックス『月刊少年ガンガン』掲載(1995年5月~1998年2月)  火鳥泉行(かとり・せんこう)は夢ヶ丘中学校の……

thumbnail

第25夜 読書の視覚化…『黄色い本 ジャック・チボーという名の友人』

「実っコ/本はな/ためになるぞう/本はな/いっぺえ読め」 『黄色い本 ジャック・チボーという名の友人』高野文子 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(1999年10月[表題作])  ロジェ・マルタン・デュ・ガール著/山内義雄訳『チボー家の人々』(白水社)。ハードカバ……

thumbnail

第24夜 気高くも哀しい、非モテ系昭和男児の生き様…『男おいどん』

「神もホトケもクソもあるもんかとは思うばってん/もしいらっしゃるなら天地・宇宙 万物の真理をつかさどる神サマ/おいどん男ばい! しあわせにしてくださいともたすけてくださいとも死んでもたのみません/おいどんはおいどんのやりかたでがんばるけん/見ていてください」 『男お……

thumbnail

第23夜 “都落ち”により、少女は自由を知る…『丘の上のミッキー』

 2013/05/27  100夜100漫, ,

「今日 新しい学校に行ってまいりました/森戸南女学館といいます/ここは蛮族の巣窟です!!」 『丘の上のミッキー』久美沙織 原作、めるへんめーかー 作画、白泉社『花とゆめEPO』掲載(1989年11月~1990年9月)  浅葉未来(あさば・みく)は、東京都心のカトリ……

thumbnail

第19夜 ドタバタラブコメの舞台で、彼らは未来を掴む…『ラブひな』

「浪人したって/遭難したって/どんなひどい目に遭ったって/全部全部幸せだった!!」 『ラブひな』赤松健 作、講談社『週刊少年マガジン掲載(1998年10月~2001年10月)  大学受験に失敗し、あえなく二浪目に突入した浦島景太郎。勉強はだめ、運動もだめ、外見は冴……

広告

広告