漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 成長 」 一覧

第199夜 決意も、後悔も、伝えなくちゃいけない…『花もて語れ』

「朗読にとって大事なのは聴き手の人数じゃない。/たとえ聴き手がたったひとりでも、それは読み手にとって大切な大切なお客さんだ。/舞台は、別に本物の舞台でなくたって構わない。/聴き手は友達だっていい。家族だっていい。/本当に聴いてほしかったら、舞台は他人に用意してもらうものじゃなく、自分自身でつかみとろうとするものなんだ。」


花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

花もて語れ片山ユキヲ 作、朗読協力・朗読原案 東百道、小学館『月刊!スピリッツ』→『週刊ビッグコミックスピリッツ』掲載(2010年1月~2014年7月)

 両親と死別し、地方で暮らす伯母に引き取られた佐倉ハナ(さくら・――)。小学1年生の彼女は、もともとの引っ込み思案のうえ周囲との言葉の違いもあって、友達と遊ぶよりも雲を見ながら空想するのが好きな女の子だった。
 ある日ハナは、しぶしぶ教育実習にやってきた折口柊二(おりぐち・しゅうじ)と出会う。柊二に才能を見いだされたハナは、学芸会のナレーション役をこなすため、朗読の手ほどきを受けることに。それは空想の世界に半ば逃げ込んでいたハナに、自分を見つめ現実へと向き合う力を与えるものでもあった。
 それから10数年。22歳になったハナは就職先のムーンリバーコーヒーで働くため、上京する。
 その性格ゆえに、会社の新人研修でも失敗続きで落ち込むハナ。しかし、ふとしたきっかけで藤色きなり(ふじいろ・――)の主催する朗読教室を訪れたことから再び朗読に触れ、それは引きこもりだった佐左木満里子(ささき・まりこ)という知己を得ることへと繋がっていく。
 宮沢賢治の「やまなし」、芥川龍之介の「トロッコ」、新見南吉の「ごん狐」、太宰治の「黄金風景」、坂口安吾の「風博士」――。劇団員の山吹(やまぶき)、病院事務の若竹(わかたけ)、夜の商売人アカネ、謎の多い朽葉(くちば)といった朗読教室の受講生たち、会社の先輩、同じ小学校だった谷村直樹(たにむら・なおき)、そして再会した柊二。多くの人の助力を得てハナの朗読は続いていく。
 それは、かつて家族を喪い、恋心と友情に惑うハナの、精一杯の気持ちを伝えることを意味していた。全身全霊をもって語るハナの言葉に、想いの花は咲いていく。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第197夜 孤独の夜を越えて、愛しい風よ吹け…『神風怪盗ジャンヌ』

私は強い/だからひとりで大丈夫/だけど 「……っ」 だけどね/ほんとうは―――… 「ずっと“勇気がほしかった”…/逃げ出さずに朝を待つ勇気…/自分の心と向き合う勇気…/誰かを信じて頼れる勇気が/ほしかった…」 『神風怪盗ジャンヌ』種村有菜 作、集英社『りぼん』掲載(……

thumbnail

第193夜 拙くのぼる、大人の階段…『やさしい子供のつくりかた』

「ずっとずっと/さきのことだけど。/どっからが大人なのか/全然わかんないけど/「大人になったら」って思ってる/おれは/きっとまだ子供なんだろうな」 『やさしい子供のつくりかた』丘上あい 作、講談社『デザート』掲載(2002年6月~2005年10月)  小学6年生の……

thumbnail

第192夜 その“ヘンなの”と過ごした日々を忘れない…『のらみみ』

「やっぱりアレですか。/居候するならドジでメガネでひとりっ子の男の子ですか?」「そりゃあもちろん。/キャラならみんなが憧れる環境じゃないですかね。」「僕、ひとりっ子とドジっていうのはなんとなくわかるんですけど、/メガネの理由がわかんないんですよね。」「さあ…おいらにも説明はできな……

thumbnail

【一会】『3月のライオン 10』……今ばかりは、“読み”は不要だ

 17歳の少年プロ棋士、桐山零(きりやま・れい)と、彼が独り暮らしをしている「六月町」(東京月島あたりがモデルと思われる)の対岸「三月町」に住むあかり・ひなた・モモの川本家3姉妹との交流を中心に、それぞれの家族の事情とか、個性的なプロ棋士たちの描写が興味深い本作『3月のラ……

thumbnail

第190夜 海を渡った会津者たちの夢の果て…『White Tiger〜白虎隊西部開拓譚〜』

「黄金を夢見た者も/故国で行き場をなくした者も/覚悟して海を渡りここに行きついた/ここで生きていくほかないのだ/異国で生きるとはそういう事だ」 『White Tiger〜白虎隊西部開拓譚〜』夏目義徳 作、集英社『グランドジャンプ』→「GRAND JUMP WEB」掲……

thumbnail

【一会】『新世紀エヴァンゲリオン 14(完)』……たなごころを、きみに

 超が付くメジャー作品の漫画版で、自分がここで語ることなどもはや無いようにも思うけれど、やっぱり直撃世代として、語りたいので語ります。『新世紀エヴァンゲリオン』、その漫画版の最終巻となる14巻です。  ちなみに通常版の発売はまだちょっと先(26日)です。自分は限定版(2……

thumbnail

第189夜 霊との日々、それが“少年”を了えさせる…『花田少年史』

「いいからちんちんしまえよ/いい大人が・・・・!/おばけだからってナニしてもいいと思ったら大間違いだぞ!」「へへへ―――/おいちゃんは裸がいち~~ばん好きなの!」 『花田少年史』一色まこと 作、講談社『ミスターマガジン』掲載(1993年9月~1995年8月)、のち『……

thumbnail

【一会】『月影ベイベ 4』……何かが変わる、その瞬間

 富山県八尾を舞台とした、伝統舞踊“おわら”にまつわる恋物語『月影ベイベ』も4巻を迎えました。  “おわら”大好きな高校生の佐伯光(さえき・ひかる)と、東京からの転校生でありながら優美な“おわら”を踊る峰岸蛍子(みねぎし・ほたるこ)。この2人と、光の伯父で蛍子ともただな……

thumbnail

【一会】『銀の匙 Silver Spoon 12』……それが怖くないって凄いことだよ

 遅くなりましたが『銀の匙 Silver Spoon』12巻を読了したので書き留めておきます。  まさかのハチ(八軒)の下宿爆発からスタートの12巻。てっきり下宿を追い出されるかと思いきや、そこは大丈夫だった様子。  それはともかくとして、今巻では各人の視点がザッピン……

広告

広告