漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 成長 」 一覧

第204夜 惑い彷徨ってこそ、救う世も在れ…『水使いのリンドウ』

「わからないよアッシュ…/いままでも何も知らずに間違いだらけだったんだ……/自分が正しい自信は何もない…」


水使いのリンドウ 1 (ジャンプコミックス)

水使いのリンドウ一色登希彦 作、集英社『ジャンプSQ.19』掲載(2010年8月~2012年6月)

 竜と皇族(おうぞく)の間に交わされる百年契約で成り立つ“日の東の國”(ヒノサキノクニ)。幕府直属で最強の水術士、“水使い”の通り名を持つ少年リンドウは、竜との「契約の改め」を直前にひかえた皇女であり幼馴染みでもあるエナの護衛任務を命じられる。都ミズシロの皇領区に赴いたリンドウだったが、そこでエナともども謎の勢力の襲撃を受ける。しかも騒動の末に現れた大竜は、新たな契約を行わないと語り、使い代として小竜ウィルを残して消えてしまうのだった。
 契約を交わし直すため、竜の住む“竜の地”を目指してリンドウとエナは旅立つ。國の行く末を憂いながらも策謀を巡らせあう統幕勢力と幕府方、膨大な力を産出する“炉”の燃料にするため、この國の竜を欲する異国、そして自分たちの土地を捨てては生きられない民衆。旅の途上でまみえる物事が、世界を知らぬ2人に現実を突きつけていく。
 幕府で将来を嘱望されながら野に下って機巧や竜を研究しているクジュウや、汽動重騎リンブルフ號を駆る舘の國(だちのくに)の少年アッシュ、そして、異国からこの國を護ると云う若き幕府将軍マナ・ミズビキ公。対立する幾つかの正義は混迷を招きながらも、國の趨勢は世界の覇権を握る亜の國(アのくに)との戦に傾いていく。
 竜との百年契約とは何を意味するのか。そしてミズビキの真の目的は何か。それらが明らかになり、この國と世界の姿を知った時、リンドウは一つの決断を下すのだった――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『アルテ 3』……難仕事の顛末は、よく寝、よく食べ、よく鼻血

 ここでは初めて言及する『アルテ』。第3巻が先日発刊されたので語りたいと思います。  盛期から後期ルネサンスへと移りつつある16世紀初頭のフィレンツェを舞台に、貴族の少女でありながら“自分自身の力で生きる道”を目指し、偏屈な画家のおしかけ弟子となったアルテ。そんな彼……

thumbnail

【一会】『東のくるめと隣のめぐる 2』……“隣”の意味を、もう一度

 8日のサイン会にて入手した、『東のくるめと隣のめぐる』第2巻。予想外の刊行の早さは嬉しい誤算でした。  ※サイン会については以下に記しています。  【探訪】『東のくるめと隣のめぐる』2巻発売記念サイン会…ついでに聖地探しも  東京都で唯一「平成の名水百選」に選……

thumbnail

【一会】『少女ファイト 12』……成長、決意、暗躍、そして本番開始

 前巻の予告では今夏とのことでしたが、かなり早めの刊行となりました『少女ファイト』12巻。今巻も恒例の特装版があり、特製パスケースが付いてきます。ちなみに通常版の表紙は黒曜谷高校の現コーチ由良木政子の高校時代、特装版は朱雀高校のキャプテン寺沼理香(てらぬま・りか)と今……

thumbnail

第203夜 密やかに、たおやかに。純日本な戀の形…『藍より青し』

「で でも あおいは かおるさまの側にいたい/ずっとずっと 側にいたい/…側にいたら/…ダメ?」「そんなのムリに決まってるよ/ずーっと側にいることなんて」「じゃあ あおいは かおるさまのこと ぜったいにわすれない/毎日毎日あおいの中で かおるさまのこと ずっと思ってる/だからあお……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 16』……突きつけられた選択肢を突っ撥ねろ

 前巻から語り始めた『進撃の巨人』。前巻での予告通り4か月後の16巻刊行となりました。  今巻は、誘拐されたエレンとヒストリアを奪還せんとするミカサたちの動きと、ヒストリアと彼女の実父であるロッド・レイスの対話が主な内容と云えるでしょう。新たな情報が明かされ、物語の様相……

thumbnail

第202夜 血溜まりに“真の友情”を映して…『バトル・ロワイヤル』

「オレもだ……/オレもお前も少しずつ間違っていたんだ…/――だから俺とお前でだっ」「えっ!?」「オレの判断とお前の心(ハート)が一つになって……/本当の正解だっ」「………/……………ありがとう/川田」「――ったく………/お前ってヤツは涙腺の涸れねえ男だなっ」 『バト……

thumbnail

第201夜 槌音が背を押す、それぞれの決意…『誰がために鋼は鳴る』

「ケンちゃんさんの打つ音は/とてもキレイです/私 あの音を聞くと/がんばれるって思えるんです」「  そっか……」 『誰がために鋼は鳴る』天乃タカ 作、エンターブレイン『Fellows!』掲載(2009年2月~2010年6月)  神戸の北西、山裾に広がる三木市は打刃……

thumbnail

第200夜 かつての罪と命の重さ、抱えてなお歩け…『鋼の錬金術師』

「目に見えない大きな流れ――/それを「世界」と言うのか「宇宙」と言うのかわかんないけど/オレもアルもその大きい流れの中のほんの小さなひとつ/全の中の一/だけどその一が集まって全が存在する/この世は想像もつかない大きな法則に従って流れている/その流れを知り/分解して再構築する…/そ……

thumbnail

第199夜 決意も、後悔も、伝えなくちゃいけない…『花もて語れ』

「朗読にとって大事なのは聴き手の人数じゃない。/たとえ聴き手がたったひとりでも、それは読み手にとって大切な大切なお客さんだ。/舞台は、別に本物の舞台でなくたって構わない。/聴き手は友達だっていい。家族だっていい。/本当に聴いてほしかったら、舞台は他人に用意してもらうものじゃなく、……

広告

広告