漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 月別アーカイブ:2019年02月 」 一覧

【一会】『七つの大罪 33』……その男、マエル

七つの大罪(33) (講談社コミックス)

 ついに人間・女神族の同盟軍と魔神族の戦闘が始まった、騎士と魔力のイングランドファンタジー『七つの大罪』。前巻32巻では、魔神族〈十戒〉の一角、「慈愛」のエスタロッサの狂乱ぶりが描かれましたが、今巻33巻はどのように展開するでしょうか。

 そういえば今巻でも途中ページや巻末エッセイ漫画「フィクション88%」で大々的に紹介されていますが、昨夏、本作の劇場版アニメ「天空の囚われ人」が公開されました。
 結局自分は観られなかったなぁ…と慨嘆していましたが、そうこうするうちにDVD/LDがリリースされるとのこと。近く各配信サービスでも観られるんじゃないかと思います。

〈七〉〈四〉〈十〉混合チーム

 前巻末、エスタロッサは、執着するエリザベスを連れ去りました。降り立った場所で、狂気のままにエリザベスを追い詰めるエスタロッサですが、エリザベスは女神族の力で吹き飛ばします。
 人心地を得ると、彼女は思い出します。この場所は、かつて彼女が女神族として存在していた頃、メリオダスとの逢瀬の場所だった天空演舞場の跡地。エスタロッサもまた、憶えがある場所のようです。
 同刻、掃討部隊の陣中では、さらわれたエリザベスを追おうと現状〈七つの大罪〉で唯一空を飛べるキング、〈四大天使〉サリエルとタルミエルの3人が出発しようとしていました。そこに追随を申し出たのは、〈十戒〉の「純血」の戒禁を持つ者だったデリエリです。
(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【探訪】コミティア127参加記録…西側配置をさくさく回る

 2019/02/17  漫事探訪

 今年最初、そして恐らく平成最後の開催となる、2月コミティアに行ってきた。いつものように写真と文章で記録を残そうと思う。  ちなみに、過去のコミティア参加記録は下のリンクからどうぞ。 【探訪】コミティア126参加記録…11月にして汗ばむ場内 【探訪】コミティア1……

広告

広告