漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 熱い 」 一覧

【一会】『少女ファイト 13』……やりかたは、1つじゃない

ポストカードブック付き 少女ファイト(13)特装版 (プレミアムKC イブニング)

 裏表紙に配された「悪役を演じきれますか?」という警句も小気味よく、図らずも高校女子バレー界のヒール的役どころを引き受ける黒曜谷高校バレー部を中心に描かれるハイセンス&メンタルな女子高生バレー漫画『少女ファイト』。12巻の時の予想通りぴったり1年で、この5月末に最新刊の13巻が刊行となりました。
 今巻の特装版の付録はポストカードブック。表紙は黒曜谷が対戦している山吹矢高校チームより柴田このみ(しばた・――)と早乙女花子(さおとめ・はなこ)のコンビです。ちなみに通常版は、黒曜谷最強世代から村上環(むらかみ・たまき)。今巻後半では繭と一緒に楽しく(?)春高を観戦する様子が描かれています。また、毎度なにかしらのネタが仕込んである各話サブタイトルですが、今巻は新旧織り交ぜた映画のタイトルのパロディかと思います。

 中身に入りましょう。今巻では2つの試合とその間のエピソードが描かれていますが、ページ数的にメインは前巻から継続の黒曜谷VS山吹矢戦と云っていいかと思います。
 全員が元漫研、作中のバレー漫画『エドガワ排球団』へのファン心が高じて春高出場を果たしてしまったという異色の山吹矢高校ですが、彼女達に対するギャラリーの反応は結構辛辣だったり。バレー一筋に取り組んできた側からすると、「オタクチーム」呼ばわりしたくなる気持ちも解ります。
 しかし、彼女たちが実力でのし上がってきたことは紛れもない事実です。実際、チームの精神的支柱であるレフト・このみは、白雲山学園にいる姉・あかりに比肩する身体能力の持ち主ですし、同じくレフト・花子のスパイクは練を魅了してしまうほど。決して色物チームではなく強敵です。
 そんな山吹矢のプレーから、“なぜバレーをするのか”という根本的な問いにとらわれたルミは動揺しますが、これまでも何かと対話する機会が多かった志乃が力付けます。自分なりの答えを出した彼女の表情は、以前より晴れ晴れとしているような。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『Pumpkin Scissors 20』……蜈蚣のように殺し、厳として屠る

 “帝国”とフロスト共和国の戦争によって生じた「戦災」への対処を旨とする帝国陸軍情報部第3課、通称「パンプキン・シザーズ」。“お祭り部隊”と揶揄される課にあって、真の戦災復興と正義とは何かを問い続ける貴族出身のアリス・L・マルヴィン少尉と、特殊部隊群「不可視の9番(インヴ……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 19』……“傲慢”かまして、おやりなさい

 中世イングランドを思わせるブリタニアを舞台に、騎士団〈七つの大罪〉や聖騎士達と、〈十戒〉なる魔神たちを筆頭とする魔神族との戦いが繰り広げられている『七つの大罪』。予告通り先月17日に19巻が刊行されました。今巻の限定版付録は手帳型スマホケース。スマホはあれどケースは使わ……

thumbnail

【一会】『坂本ですが? 4(完)』……別れにパイを、ハンドサインに祈りを。

 完全無欠気味な高校1年生・坂本君のエレガントさと、それによる周囲の人々の改心や再起を描いたスタイリッシュ系人情ギャグ漫画『坂本ですが?』。およそ1年ぶりの刊行となった4巻で無事完結となりました。 (さらに…)……

thumbnail

第205夜 ディスプレイに躍る意地と愛と魂と…『大東京トイボックス

「…それは/直さずにすめばその方が効率がいいからに決まって…」「もうやめろ/効率? プロ? まるでガキだな」「…なんだと?」「そんなのは大人じゃねえ/ただの聞き分けのいい子供だ」 『大東京トイボックス』うめ(小沢高広…企画・シナリオ・演出担当/妹尾朝子…作画・演出担……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 18』……死ねなくなった“狐”の肖像

 ブリタニアの存亡をかけ、騎士団“七つの大罪”や聖騎士達と、“十戒”を筆頭とする魔神族との大きな戦いが始まらんとしている『七つの大罪』。先日18巻が刊行となりました。  今回の限定版付録は、昨年12月刊行の12巻の時と同様カレンダーです。去年は日めくりでしたが今年は……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 18』……明かされた過去と胸中。そして決戦へ

 予告通りの刊行となった『進撃の巨人』18巻。今巻の限定版はサンタ服を着たエレンの“ねんぷち”です。季節を選びますが、机上のマスコットとしてはなかなか良いかと。  本編の内容はといいますと、ヒストリアを中心とした政治劇から、再び壁と巨人をめぐる攻防に話が移ってきた感じで……

thumbnail

【一会】『3月のライオン 11』……対峙の果てと残された者の虚脱

 17歳の少年プロ棋士、桐山零(きりやま・れい)の孤独な戦いと棋士の世界、そして、そんな零を家族のように受け入れる、あかり・ひなた・モモの3姉妹を中心とする川本家のドラマを描く『3月のライオン』。前巻から9か月ほどで新刊の刊行となりました。刊行からひと月ほど経ってしまいま……

thumbnail

【一会】『Pumpkin Scissors 19』……“人間”との戦いを、嘲笑うな

 “帝国”とフロスト共和国の戦争による大小の「戦災」からの復興を担うとして設置された、帝国陸軍情報部第3課、通称「パンプキン・シザーズ」。そのメンバーの活躍を描くこの漫画ですが、前巻からおよそ10か月をおいての新刊刊行となりました。  前巻に引き続き描かれている……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 16』……突きつけられた選択肢を突っ撥ねろ

 前巻から語り始めた『進撃の巨人』。前巻での予告通り4か月後の刊行となりました。  今巻は、誘拐されたエレンとヒストリアを奪還せんとするミカサたちの動きと、ヒストリアと彼女の実父であるロッド・レイスの対話が主な内容と云えるでしょう。新たな情報が明かされ、物語の様相はまた……

広告

広告