家族 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-4ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 家族 」 一覧



第124夜 ○コ塗れでも潰えない、上流階級の心意気…『有閑倶楽部

「10億だ!!/いいか最低10億とらなきゃ家に帰るぞ/そんなはした金/ばかばかしくってつきあってられるか!!」


有閑倶楽部 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

『有閑倶楽部』一条ゆかり 作、集英社『りぼんオリジナル』→『りぼん』→『マーガレット』→『コーラス』掲載(1981年4月~2007年10月)

 幼年部から高校まで一貫制の聖プレジデント学園は、各界の名士・名家の子女が通う名門。とりわけ高等部生徒会の面々は、教師たちでもしり込みする程の権力と能力を有していた。
 新興ながら世界規模の財閥である剣菱家の娘で運動部部長の剣菱悠理(けんびし・ゆうり)。宝石商の一人娘で、持ち前の美貌で玉の輿を狙う経理の黄桜可憐(きざくら・かれん)。日本画の大家を父に、茶道家元を母にもつ文化部部長、白鹿野梨子(はくしか・のりこ)。大病院の御曹司にして文武両道の生徒会長、菊正宗清四郎(きくまさむね・せいしろう)。警視総監と旧華族を父母に持ち、機械いじりが得意でアウトローにも顔が利く副会長、松竹梅魅録(しょうちくばい・みろく)。駐日スウェーデン大使の子息で女性とみれば口説かずにいられないプレイボーイで書記の美童グランマニエ(びどう・――)。生徒会らしい事は何一つせず、そのくせ暇を持て余す彼らは、いつしか周囲に「有閑倶楽部」と呼ばれるようになっていた。
 そんな彼らにとって、折々に巻き込こる事件は、まさに退屈退治にうってつけのレクリエーション。強盗、盗難、殺人、オカルトに某国諜報機関――立ちふさがる障害に萎縮するどころか、各員の持てる体力・知力・財力・魅力・権力をフルに使ってひた走る。華麗にしてゴージャス、けれども最後は努力と根性で、彼らのパーティーは留まらない。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

第115夜 江戸前の七兄弟、親を偲んで旅路かな…『虹色とうがらし

「つまりなにか?/おれたちは一人の男があっちこっちの女に手をだして産ませた子どもってわけか?」「人ぎきが悪いな、それぞれみんな本気で愛しあった結果じゃ。/それが証拠に同じ年のやつは一人もおらん。」「ふざけるない!」 『虹色とうがらし』あだち充 作、小学館『週刊少年……

thumbnail

第108夜 複雑な感情が、シンプルな関係性に現れる…『式の前日

「……だって/泣いてんじゃん?」 『式の前日』穂積 作、小学館『月刊flowers増刊 凜花』→『月刊flowers』掲載(2010年10月~2012年7月)  結婚式を前日にひかえた女と男、久方ぶりに再会する幼い娘と父親、高校時代の想い人を亡くした初老の双子の兄……

thumbnail

第103夜 一つ屋根の下、可笑しく切なく青春は往く…『めぞん一刻

「生きていれば――/いろんな欠点も見えてくるだろう。/でも 死人は無敵だ。/彼女の中で理想像が増殖していく。」 『めぞん一刻』高橋留美子 作、小学館『ビッグコミックスピリッツ』掲載(1980年10月~ 1987年4月)  東京郊外の時計坂に建つ一刻館は、風呂なし、……

thumbnail

第74夜 彼女は庶民的な日常とSF世界を行き来する…『成恵の世界

「飯塚クン/私なんか誘ってもつまんないわよ」「そ/そんなコトないよっ」「ビンボくさくてネクラでも?」「うん」「愛読書が女性セ○ンでも?」「う うん」「父が宇宙人でも」「うん」 『成恵の世界』丸川トモヒロ 作、角川書店『月刊少年エース』掲載(1999年4月~2012年……

thumbnail

第73夜 みせろ昭和魂! 全力のケンカ大活劇…『あまいぞ!男吾

「質問!/巴男吾にとって奥田姫子とはなんですか?」「ライバルってとこかな…。」「アリガト、男吾くん!」 『あまいぞ! 男吾』Moo.念平 作、小学館『月刊コロコロコミック』掲載(1986年4月~1992年7月)  巴男吾(ともえ・だんご)は元気とケンカの強さが自慢……

thumbnail

第67夜 偽りの表情が紡ぐ恋情と友情は、真実か…『彼氏彼女の事情

「もし傷つくのなら/最初の相手は/有馬がいいわ/……/その日/“彼氏”“彼女”になりました。」 『彼氏彼女の事情』津田雅美 作、白泉社『LaLa』掲載(1996年6月~2005年3月)  神奈川県内トップの進学校、県立北栄高校に入学した宮沢雪野(みやざわ・ゆきの)……

thumbnail

第62夜 彼方に挑む者達と、一切をただ抱擁する者達…『プラネテス

「そのオッサンはな/地球(おか)の上で満足できる人じゃねェんだよ/オレにはわかる」「独りで生きて/死んで/なんで満足できるんですか/バカみたいよ/宇宙は独りじゃ広すぎるのに」 『プラネテス』幸村誠 作、講談社『モーニング』掲載(1999年1月~2004年1月)  ……

thumbnail

第58夜 剣をクラブに持ち替え闘う騎士達…『ライジングインパクト

「お前は なんでゴルフやってんだよ?」「おもしーがら」「じゃあ/世界一の飛ばし屋に なりたいっていうのは?」「そりゃおめえ/誰よりも球かっとばしたら気持ちいーべ?」 『ライジングインパクト』鈴木央 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1998年12月~2002年2月……

thumbnail

第56夜 ほの暗い情念のドラマを超えて暁は到来する…『朝霧の巫女

「柚子/朝霧の「約束」は覚えてるか?/俺はそれを果たすよ/それだけは確かだ/どんなことがあっても/それだけは必ず」 『朝霧の巫女』宇河弘樹 作、少年画報社『ヤングキングアワーズ』掲載(2000年1月~2007年8月)  広島県内陸部に位置する地方都市、三次(みよし……



広告

広告