漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 哲学 」 一覧

第186夜 善悪の彼岸すら超えて、貫け…『ジキルとハイドと裁判員』

「正義とはルール。悪とはルールを犯すこと。そうダロ?/だとしたら――/お前も悪ダナ。/適正な手続きで判決を下すルールを、犯した。」「……/は…はは…何言ってんだ、僕が悪だなんて…/ルールが正義とか、世の中ってそんな単純なもんじゃないよ。」「…………」「僕が悪だって…?/そんな…/そんなこと、あるもんか…」


ジキルとハイドと裁判員 1 (ビッグコミックス)

ジキルとハイドと裁判員森田崇 漫画、北原雅紀 脚本、法律監修 今井秀智、小学館『ビッグコミックスペリオール』掲載(2008年12月~2010年9月)

 2009年8月。東京地方裁判所で、裁判員制度の施行に基づいた初の公判が行われた。
 東京地裁の判事補(つまりは駆け出し裁判官)、辺見直留(へんみ・じきる)は、毎月の新件受理数が既決事件数を超えてしまう赤字っぷりから“赤のジキル”と揶揄されるほど丁寧な仕事で知られていた。そんな彼は、上司の裁判長、金丸正一(かねまる・しょういち)と先輩にあたる判事の薬師寺大(やくしじ・まさる)の3人で、初めての裁判員裁判を担当することとなる。
 上司たちの助けもあり無難に公判初日をやり過ごしたジキルの前に、突然現れたのはハイドと名乗る異形の者。ハイドの力により、ほとんどの人間の背後に憑依している“トントン”と呼ばれる存在から、自らの寿命32日分をもとに生成される“グゥ”と引き換えに、その人物の「行動の記録」を聞き出せるようになったジキルは、一足飛びに事件の真相を知ることができるようになる。
 しかしそれは、ジキルの孤独な戦いの始まりだった。自己犠牲や単なる保身から真実を云わない被告人。状況に安易に左右される裁判員たち。傲慢さと出世欲を隠し切れない裁判長。あくまで誠実な裁判を追い求める先輩判事。
 自身だけが知る真実に基づいた判決を求め、裁判員たちを時に欺瞞し、時に脅し、ジキルの裁判員裁判は続いていく。人に許された因果を超えて真実を知るジキルの所業は、やがて彼がほのかな想いを寄せる小嶋菜々子(こじま・ななこ)の父親にまつわる過去の事件と、最凶の犯罪者をめぐる裁きの場を招来するのだった。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第162夜 憎しみと受容と愛をもって全天を仰げ…『ほしにねがいを』

「私達みんなひとつだったんです」「あ! もしかして……ビッグバンの前の事?」「今もひとつです/私達みんな違うけどひとつ−−/ここの宇宙もその他の宇宙も/草木も虫も/鳥も魚も海も土も/マグマも時間も/空間も暗黒も/私も輝くんも/有るのはみんなひとつ−−/ただ/それを言葉で分けている……

thumbnail

第158夜 狂わざれば、その時代を生きること能わず…『シグルイ』

「士(さむらい)の命は/士の命ならず/主君のもの/なれば/主君のために死場所を得ることこそ/武門の誉れ/封建社会の完成形は/少数のサディストと多数のマゾヒストによって構成されるのだ」 『シグルイ』南條範夫 原作、山口貴由 作画、秋田書店『月刊チャンピオンRED』掲載……

thumbnail

第156夜 コピーに始まり終わる日々…『星のポン子と豆腐屋れい子』

 2014/03/04  100夜100漫, , ,

「銀河のあちこちで食べ歩きしてきた私が保証します/あの卵焼きはハヒセに次ぐ美味ですわ/絶対に売れます!!」「うーーん/このままじゃ何も変わらねェしなあ」「やってみようよ!」「ねえ/うちの卵焼きよりおいしい/−−ハヒセって何?」 『星のポン子と豆腐屋れい子』小原慎司 ……

thumbnail

第149夜 中学教師と生徒達、全身全霊でぶつかります…『鈴木先生』

「問題児にも/カミサマにも/手のかからないいい子にも囲まれて−−−−/回想モードは終了だ!!/今日も/こいつらに/全力で教えよう/めいっぱい クールに…/せいいっぱい 真摯に-−−−」 『鈴木先生』武富健治 作、双葉社『漫画アクション』掲載(2005年5月~2011……

thumbnail

第148夜 神様の原作から名手が描く、機械達の挽歌…『PLUTO』

「その角の意味……なんだと思う?」「ヨーロッパの古き神々……/死の神には、角がついていた……」「角……戦士の魂を奪う狩人ハーンは“角の王”と呼ばれた……/ギリシア神話においては、冥界の王ハデス……あるいは、/ローマ神話の冥王……」「冥王……」「プルートウだ。」 『P……

thumbnail

第139夜 陰鬱でも絶望ではない…『なるたる 骸なる星 珠たる子』

 2014/01/12  100夜100漫, ,

「あーーー図工ってキライ〜〜/あたしのこのあふれる夢を/こんなちっぽけな紙の上に描かせようなんて/絶対!!/ムリ!!」「じゃあその夢ってもんは/どれだけの大きさがあれば作れるんじゃろ」「  地球」 『なるたる 骸なる星 珠たる子』鬼頭莫宏 作、講談社『月刊アフタヌー……

thumbnail

第128夜 流れる涙は、狂おしい郷愁のゆえか…『地球(テラ)へ…』

 2013/12/06  100夜100漫, , ,

「みんな聞け/ミュウは弱い!/傷つくとショックを受け/仲間たちの死に気をとられる/だがこれは戦闘だ!!/勝つことだけを考えろ!!/我々はただひとつのことだけを考えるんだ!/この戦いに勝って地球(テラ)へ…/地球へ行くと!」 『地球へ…』竹宮恵子 作、朝日ソノラマ『月……

thumbnail

第112夜 大人の男に大切な事…『LA QUINTA CAMERA 〜5番目の部屋〜』

 2013/10/05  100夜100漫, ,

「あの貼り紙の下宿先ってあんたの所?」「ああ、俺とこのチェレと残りふたりの/男4人で暮らしてるアパートの一室だ。/4人とも働いてるし/お互いの生活に干渉はしてない。/部屋は使いやすいよ/家賃もウチは安めだ」 『LA QUINTA CAMERA(ラ・クインタ・カーメラ……

thumbnail

第105夜 開かれた瞳に映る世界は、本質か、かりそめか…『魔女』

「あなたにも きっとみえるはずよ。/わたし達は皆……/“彼女たち”の眷族なのだから。/あなた自身のからだで/世界を確かめていきなさい。」 『魔女』五十嵐大介 作、小学館『月刊IKKI』掲載(2003年4月~2004年11月)   彼女たちはどこにでもいる。文明と歴……

広告

広告