漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 仕事 」 一覧

第205夜 ディスプレイに躍る意地と愛と魂と…『大東京トイボックス』

「…それは/直さずにすめばその方が効率がいいからに決まって…」「もうやめろ/効率? プロ? まるでガキだな」「…なんだと?」「そんなのは大人じゃねえ/ただの聞き分けのいい子供だ」


大東京トイボックス (1) (バーズコミックス)

大東京トイボックスうめ(小沢高広…企画・シナリオ・演出担当/妹尾朝子…作画・演出担当) 作、幻冬舎コミックス『コミックバーズ』掲載(2006年9月~2013年7月)
※先んじて『モーニング』(講談社)にて第一部に当たる『東京トイボックス』掲載(2005年11月~2006年5月)

 代表作『サムライ☆キッチン』の海外版完成と引き換えに、同シリーズの商標権を業界大手のソリダスワークスに譲渡した、秋葉原の零細ゲーム制作会社スタジオG3。かつてソリダスで名作『ソードクロニクル』を作った過去をもつ天川太陽(てんかわ・たいよう)は、出資会社から出向してきた、優秀ながらゲームは素人のOL月山星乃(つきやま・ほしの)に社長の座を譲り、企画チーフとして日銭稼ぎの仕事に当たっていた。
 『サム☆キチ2』製作のためソリダスに引き抜かれた谷崎七海(たにざき・ななみ)の分の人員補充を試みるが、太陽が手配を誤り、やってきたのはゲーム好きだが作るのは未経験の百田モモ(ももだ・もも)。温情で試用期間を与えられたモモは、どうにか食らいつきプランナーの道を歩み始める。
 そんなG3に、ゲーム販売会社MMGの社長、須田大作(すだ・だいさく)が持ちかけてきたのは、太陽の幼馴染にして今はソリダスAM2局局長に出世した仙水伊鶴(せんすい・いづる)が主導する、次世代ゲーム共同開発事業「SOAP(スープ)」への参加だった。
 共同制作することになったのは、池袋に本拠を置く、同人サークルから叩き上げの電算華組。社長の半田花子(はんだ・はなこ)が提出した『デスパレートハイスクール』にG3による大幅な方針転換が加えられ、すったもんだをしつつ開発は進められていく。
 しかし、βチェック、αチェック、ソリダスによる独自のソリダスチェックといった関門に引っ掛かかり、さらにスタッフたちのトラブルも続発し、『デスハイ』の開発進捗には常に暗雲が立ち込める。
 一方、自分の思惑を達するため、伊鶴は秘書の窪ノ内品子(くぼのうち・しなこ)や『サム☆キチ2』ディレクターとなった七波を使いつつ、社内の改革を進めようとする。そんな伊鶴に対し経営陣は、「首輪」としてソリダスユーロ品証部からやって来た卜部・ジークフリート・アデナウアー(うらべ・――・――)を用いる。が、知られざる過去と野望を抱いたアデナウアーの暗躍は、ソリダス、そして社会全体に影響を及ぼしていく。日本のコンテンツ産業に、静かに幕が下ろされようとしていた。
 納期、開発費、レーティング、クオリティ、そして携わるスタッフ達の、魂。全ての問題を解決し、『デスハイ』のマスターアップは成るか?

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『アルテ 4』……想いを残し、新天地へ

 16世紀初頭のフィレンツェを舞台に、貴族出身ながら画家を志望する元気少女アルテの修行の様子と、師匠であるレオへの淡い恋心、当時の人々の生活描写がそれぞれに興味深い『アルテ』。先ごろ4巻が発刊されましたので、書き留めておきましょう。  前巻では重労働のフレスコ画の助……

thumbnail

【一会】『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記 3(完)』……原子炉建屋へ。そして一旦の中締め

 2月発刊の2巻から8か月。この10月に竜田一人先生の『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』のとりあえずの最終巻となる3巻が刊行となりました。前巻について書いた時は、発刊予告があまりアテにならないかも、と書きましたが、思いがけず予告通りのリリースでした。  作中の……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 6』……異質達はすれ違い、物語は加速する

 いわゆる吸血鬼的存在“オキナガ”と、それを管理する厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)という構図を遠景に、夜衛管の新人・伏木あかり(ふせぎ・――)と、88歳の少年“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)のコンビがオキナガ絡みの事件を追っていく『白暮のクロニクル』。もう……

thumbnail

【一会】『孤独のグルメ 2』……18年ぶり。無邪気さと、変わらぬ自由さ

 個人で輸入雑貨を商う井之頭五郎(いのがしら・ごろう)が、主に都内の街で見知らぬ飲食店に入り、そこでの食事や湧き起こってくる想念を淡々と描き流す食事漫画『孤独のグルメ』(100夜100漫第63夜)。その第2巻が、実に18年の歳月を経て刊行されました。1996年までの連載で……

thumbnail

【一会】『黒博物館 ゴーストアンドレディ 上下』……意思を貫く戦いと、絶望を望んで希望を成すということ

 「100夜100漫」カテゴリにしようか迷いましたが、シリーズとしては続きがありそうなので「一会」にて書くことにします。藤田和日郎先生の新刊(といっても刊行からだいぶ経ってしまいましたが)『黒博物館 ゴーストアンドレディ』です。 あらすじ  大英帝国で捜査されたす……

thumbnail

【一会】『銀の匙 Silver Spoon 13』……部活引退。そして彼が動き出す

 進学校の私立中学から受験に失敗し逃げるように農業高校に進学した八軒勇吾(はちけん・ゆうご)とエゾノー生たちの農業&畜産青春グラフィティ『銀の匙 Silver Spoon』。遅くなりましたが新刊の13巻を読了しましたので書かせて頂きます。  前巻後半から作中の時間の……

thumbnail

【一会】『アルテ 3』……難仕事の顛末は、よく寝、よく食べ、よく鼻血

 ここでは初めて言及する『アルテ』。第3巻が先日発刊されたので語りたいと思います。  盛期から後期ルネサンスへと移りつつある16世紀初頭のフィレンツェを舞台に、貴族の少女でありながら“自分自身の力で生きる道”を目指し、偏屈な画家のおしかけ弟子となったアルテ。そんな彼……

thumbnail

【一会】『まるせい 3(完)』……それぞれの道、そしてStand by Meの結末は

 成年漫画(いわゆるエロ漫画)にかける作者の分身、花比野Q一朗(はなびの・キューいちろう)こと日比野龍一朗(ひびの・りゅういちろう)の、仕事関係の女性と深い仲になっても彼女はできない哀感と、一方で漫画執筆にかける熱い姿を描いたこの『まるせい』。自分としては何となく、エロ漫……

thumbnail

【一会】『白暮のクロニクル 5』……研修のち悪意不在の罪、ときどきラブコメ

 吸血嗜好と長命性を持った“オキナガ”がいる世界を舞台に、厚生労働省夜間衛生管理課(通称やえいかん)の新人、伏木あかり(ふせぎ・――)と、古参の“オキナガ”雪村魁(ゆきむら・かい)を中心に描かれる、ファンタジック社会派公務員ミステリ(?)な『白暮のクロニクル』。予告通り4……

広告

広告