悲壮 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-4ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 悲壮 」 一覧



第158夜 狂わざれば、その時代を生きること能わず…『シグルイ

「士(さむらい)の命は/士の命ならず/主君のもの/なれば/主君のために死場所を得ることこそ/武門の誉れ/封建社会の完成形は/少数のサディストと多数のマゾヒストによって構成されるのだ」


シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)

『シグルイ』南條範夫 原作、山口貴由 作画、秋田書店『月刊チャンピオンRED』掲載(2003年6月~2010年7月)

 寛永6年9月24日。駿府城内で行われた御前試合は、酸鼻を極めるものだったという。
 普通、木剣を使用するところ、駿河大納言である徳川忠長(とくがわ・ただなが)は周囲の諫言も意に介さず真剣での立ち合いを所望。かくして、剣士達による凄惨な殺し合いが幕を開けるのだった。
 その第一試合に、諸大名の誰もが息を呑んだ。試合場に入ってきたのは、左手を欠いた剣士と、盲目にして片足を引きずる跛足の剣士だったのだ。
 その隻腕の剣士、藤木源之助(ふじき・げんのすけ)と、盲目跛足の剣士、伊良子清玄(いらこ・せいげん)は、もとは「濃尾無双」と謳われた剣豪、岩本虎眼(いわもと・こがん)の開いた虎眼流(こがんりゅう)で「双龍」と云われた同門同士だった。
 もともと虎眼流への道場破りながら、卓越した剣才と容貌で虎眼の一人娘、三重(みえ)を魅了し、道場の跡目へと野心を燃やす伊良子。百姓の子だったところを虎眼に拾われ、以来異常なまでの愚直さで剣の腕を磨いてきた藤木。
 いま、伊良子はその盲目跛足ゆえに編み出した秘剣「無明逆流れ」の構えをとり、藤木は憎悪と憧憬あい半ばする感情をもって一本腕で刀を構えた。他流者、門徒、師匠すらも飲み込んだ血飛沫と臓物と死。そして狂気すら湛えた士道。ここに至る因縁が、対峙する2人の間に翻る――。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

第155夜 親愛と憎悪、その全てで向き合おう…『含羞(はじらひ)−−我が友 中原中也−−

「小林ィ」「はっ はい」「おまえ“幸福”ってやつを知ってるかい」「“幸福”……ですか」「ああ そうだ/おまえが文章を書くのも/おれが詩をうたうのも/心の底で幸福をさがしているからなんだよ/あくせく働くのも/旅に出るのも/悩んだり/笑ったり/人生について考えたり/悲しみにうちひしが……

thumbnail

第137夜 波乱の刻を咲き誇った、幾つもの魂…『ベルサイユのばら

「神の愛にむくいる術ももたないほど小さな存在ではあるけれど…/自己の真実のみにしたがい/一瞬たりとも悔いなくあたえられた生をいきた/人間としてそれ以上のよろこびがあるだろうか」 『ベルサイユのばら』池田理代子 作、集英社『週刊マーガレット』掲載(1972年4月~19……

thumbnail

第134夜 願いよ、せめて彼女の前で真実となれ…『純潔のマリア

「何で邪魔すんのよ!/あたし悪いコトしてないじゃん/お前達は卑怯だ!/地上では皆あちこちで救いを求めているぞ/なのに祈っても祈ってもお前達は全然人を救わない/だからあたしがやっただけだろ」 『純潔のマリア』石川雅之 作、講談社『good!アフタヌーン』掲載(2008……

thumbnail

第130夜 路地裏の泥臭き死闘と不良達の純粋さ…『ホーリーランド

「はっきり言う/今のままじゃあオマエはもう通用しねえ!!!」「それでも…/それでも僕は街にいたい!/今戻ったら−−−/今戻ったら僕は一生−−−−/あそこから出られない気がする」 『ホーリーランド』森恒二 作、白泉社『ヤングアニマル』掲載(2000年10月~2008年……

thumbnail

第128夜 流れる涙は、狂おしい郷愁のゆえか…『地球(テラ)へ…

 2013/12/06  100夜100漫, , ,

「みんな聞け/ミュウは弱い!/傷つくとショックを受け/仲間たちの死に気をとられる/だがこれは戦闘だ!!/勝つことだけを考えろ!!/我々はただひとつのことだけを考えるんだ!/この戦いに勝って地球(テラ)へ…/地球へ行くと!」 『地球(テラ)へ…』竹宮恵子 作、朝日ソノ……

thumbnail

第122夜 血まみれの少女が焦がれた明日は…『キリエ 吸血聖女

「神様…どうして私なんかを生かされたのですか…/私なんかを…/私は/あの子達の為に泣いてあげる事もできないのに…」 『キリエ 吸血聖女』杉村麦太 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(2000年8月~2002年8月)  1870年、アメリカ西部。そこでは狂血病……

thumbnail

第99夜 破滅に挑む、人の悲しみと儚さか…『百億の昼と千億の夜

 2013/08/11  100夜100漫, , , ,

「神と戦うのか」「おお そうとも/わたしは相手がなに者であろうと戦ってやる/この わたしの住む世界を滅ぼそうとする者があるのなら/それが神であろうと戦ってやる!」 『百億の昼と千億の夜』光瀬龍 原作、萩尾望都 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(1977年7月……

thumbnail

第92夜 優しさ、ゆえに精神を壊す…『MIND ASSASSIN

「この平和な時代で/ボクの力が本来の意味で使われることは もうないと思ってた……/でも それは…自分が勝手にそう望んでいただけなのかもしれない…」 『MIND ASSASSIN』かずはじめ 作、集英社『週刊少年ジャンプ』→『週刊少年ジャンプ増刊号』→『月刊少年ジャン……

thumbnail

第88夜 少女達の絶望と、公権力の暗部…『ブラッドハーレーの馬車

「自分の肉体(からだ)がどんな事になってるのかよく判らない……/ああ……ただ ひどく苦しいの/こんな苦しみが まさかこの世にあったなんて……/あら…駄目よ/もっと楽しい事を考えなきゃ……」 『ブラッドハーレーの馬車』沙村広明 作、太田出版『マンガ・エロティクス・エフ……



広告

広告