漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 マガジン系 」 一覧

【一会】『進撃の巨人 16』……突きつけられた選択肢を突っ撥ねろ

DVD付き 進撃の巨人(16)限定版 (講談社キャラクターズA)

 前巻から語り始めた『進撃の巨人』。前巻での予告通り4か月後の刊行となりました。
 今巻は、誘拐されたエレンとヒストリアを奪還せんとするミカサたちの動きと、ヒストリアと彼女の実父であるロッド・レイスの対話が主な内容と云えるでしょう。新たな情報が明かされ、物語の様相はまたも変貌しようとしているような(そういえば「現在公開可能な情報」って最近みなくなってきた気がしますね)。

 それはともかく、読みながら思い浮かべていたのは宮崎駿監督による漫画版『風の谷のナウシカ』でした。考えてみれば、“衰退した人類”、“おおむね前近代の辺りまで後退した文明”、“人類の力ではあらがうことの困難な存在”と、そもそも重なる要素は結構あるなと思ったり。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『せっかち伯爵と時間どろぼう 6(完)』……それは、歳々に還る魂のような

 終わるという噂通り、本当に新年最初の『マガジン』で完結した『せっかち伯爵と時間どろぼう』。最終巻となる6巻が発刊になりました。時計仕掛けの狂騒劇は、果たしてどんな結末を迎えたのでしょうか――。  前巻の途中から、いつもの時事ネタや下ネタの色合いは薄れて、入れ替わる……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 13』……覚醒はヒロインの証

 予定通り2か月おいての新刊刊行となりました『七つの大罪』。はやいもので13巻となりました。ちなみに今回の限定版は〈7つの大罪〉メンバーの手配書の似顔絵をあしらったメタルマグネット7つやシールとなっています。  13という数は7と同様、キリスト教的に“いわくつき”の……

thumbnail

【一会】『せっかち伯爵と時間どろぼう 5』……始まりなのか、終わりなのか

 人類の60倍の速度で生き、しかし寿命はたった1年のために時間中に飛び飛びに存在するという人類の上位存在、上人類の生態を、物事の新解釈&パロディ&風刺ネタ満載で描くこの漫画(まあ、云ってしまえばネタの方が本体なのかもしれませんが…)。前巻から3か月で5巻の発刊となりました……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 12』……絶大なり、漆黒の力

 アニメの人気が盛り上がっていますが、漫画本編の物語も一つのクライマックスと思われる『七つの大罪』、前巻から2か月おいての刊行。ちなみに限定版には、全キャラ誕生日付き2015年日めくりカレンダーが付いています。  今巻は、バンとメリオダスによる“大罪”同士の闘いに始……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 15』……それは誰が為の“選択”か

 考えてみたら、作品そのものについて言及するのは初めてです、『進撃の巨人』。  人類を脅かす強大な巨人が闊歩する“壁”の外と、母を殺され全ての巨人を駆逐せんと怒りに燃えるエレン・イェーガー、その幼馴染で卓越した戦闘能力を有すミカサ・アッカーマン、同じく幼馴染で体力的には……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 11』……“ただの言葉”が力になる時

 今月5日からのテレビアニメの影響がやはりすごい『七つの大罪』。勢いづいたところで11巻の刊行となりました。今巻を思い切り圧縮すると、王都での“七つの大罪”VS聖騎士の闘いに一応の決着が……と思いきや、魔神の血によって、事態は更に混迷を極めていく――といったところでし……

thumbnail

【一会】『せっかち伯爵と時間どろぼう 4』……「ありのー♪」だけで分かる

 意外にダメな人が多い人類の上位存在、上人類の生態と、相変わらずの時事ネタ弄りで飛ばすこの漫画も、はや4巻となりました。刊行日で云えばその間わずか2か月。…まあ、タイミングによっては毎月単行本を刊行する場合もあるようだしいいのか。  今回は少し趣向を変えて、ギャグの……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 10』……彼らの因縁と彼の罪状

 お盆休み明けと共に刊行された『七つの大罪』の10巻。今巻では前巻に引き続き、“七つの大罪”が侵入した王都でのキングVSヘルブラム、アーサー(&メリオダス)VSヘンドリクセン&ギルサンダーという2つの戦いが繰り広げられています。  しかし、なんといっても今回の主役は……

thumbnail

【一会】『せっかち伯爵と時間どろぼう 3』……他人の悪夢が残すのは

 刊行からちょっと遅れましたが、書いておきます。  「“海賊王”に!!!! ならないからっ!!!」と帯にも大書されている『ワンピース』を皮切りに、○ィズニーに北朝○に放射能と、相変わらず“怖いものなど何もない”系風刺ネタ(下ネタ含む)が続いています。今巻で目についたネタ……

広告

広告