漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 SF 」 一覧

第81夜 ゲームと世界の特異点…『PSYCHO+サイコプラス)』

「知らないの?/この緑色はね……/悪魔の色なんだよ!!」


藤崎竜作品集 1 サイコプラス (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 ふ 26-1)

『PSYCHO+(サイコプラス)』藤崎竜 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1992年11月~1993年2月)

 もって生まれた緑色の瞳と髪という特異体質のせいで、日陰者の生活を余儀なくされていたゲーム好きの少年、綿貫緑丸(わたぬき・みどりまる)は、中古ゲーム屋のワゴンセールで見知らぬゲームを手に入れる。『PSYCHO+』と題されたそれは、プレイヤーの超能力を開花させるゲームだった。
 なぜか緑丸にしかプレイできないこのゲームを巡り、友人達や、ゲーマーの女の子、水の森雪乃(みずのもり・ゆきの)との日々は続く。騒動に巻き込まれながらも緑丸はステージクリアを重ねていくが、それは、やがて訪れる“緑色”の者の運命の、ほんの序章でしかなかった――。

箱庭的世界で
 きっと作者は理系なのだろう。と思って調べてみたら、やはり工学系の専門学校を出ておられた。
 初期短編集『WORLDS』にせよ、中国古典をSF的に解釈し、アニメ化もされた代表作『封神演義』であっても、この作者の作品には理系的なものが充ちている。それは『宙のまにまに』(第42夜)のような、文系から見た理系的モチーフの魅力ではなく、純粋に理系の人間が造り上げた世界の美しさだ。箱庭的に幾つもの特殊な世界を作り、ストーリーという実験をしているイメージ。前出の短編集(収録された表題作)が「WORLDS」なのは、まさに命名の妙と云っていいだろう。
 こうした作者独自の世界観は本作でも健在である。今でいうPSPのような携帯ゲームをモチーフにし、少年漫画的なサスペンス要素や恋愛要素を加味しつつも、やはり“世界がどのように成り立っているか”の解釈という、作者の作品群に通底したSF的要素を中心に据えている。線画イラスト的な画風とも相まって、他ではなかなか味わえない不可思議な魅力を堪能できる作品だ。

ゲーム・ゲーム・ゲーム
 本作ではタイトル通り『PSYCHO+』というゲームソフトがキーとなる。別にゲームソフトでなくとも条件を満たした小道具ならば何でもよさそうなものだが、あの時代、ゲームが最も適切だったのだと思う。
 本作の連載開始は1992年。前年にはゲームメーカーであるカプコンの“ストⅡ”こと『ストリートファイターⅡ』が人気となり、ここから百花繚乱たる格闘ゲーム時代が始まった。一方で『ドラクエ』『FF』に代表されるRPGも変わらぬ人気を集め、当時の主流ゲームハードであった任天堂の「スーパーファミコン」や、NEC「PCエンジン」などをプラットホームに、定番だけでなく斬新な作品も多くリリースされた。一部の書店では複数のゲーム雑誌が平積みされ、小野不由美や久美沙織といった作家がゲームについてのエッセイやノベライズを手がけた。つまり、ゲームというものが、恐らく現在よりももっと力を持っている時代だったのだ。
 作中には、『PSYCHO+』以外にも幾つかのゲームが登場する。20年が経過した今でも古びないほどに先取的なゲームハードやコンピュータセキュリティの描写とともに、それらは技術発展の魅力と同時に幾ばくかの影を落としている。疑似体験による至上の悦楽と、その向こうの闇。コンピューターゲーム全盛時代に、少年誌でさりげなくもそうしたテーマを扱った点は、作品テーマのユニークさともあいまって貴重である。

広告

広告
thumbnail

第79夜 貧乏とUFOと…『NieA_7ニア アンダーセブン)』

 2013/07/22  100夜100漫, , ,

「人はパンのみにて生くるにあらず?」「疑問形かよ!!/パン買えない人が言うな!!」 『NieA_7(ニア アンダーセブン)』安倍吉俊+g(ジェロニモ本郷)k(糞先生) 作、角川書店『月刊エースネクスト』掲載(1999年9月~2000年12月)  大学受験に失敗した……

thumbnail

第74夜 彼女は庶民的な日常とSF世界を行き来する…『成恵の世界

「飯塚クン/私なんか誘ってもつまんないわよ」「そ/そんなコトないよっ」「ビンボくさくてネクラでも?」「うん」「愛読書が女性セ○ンでも?」「う うん」「父が宇宙人でも」「うん」 『成恵の世界』丸川トモヒロ 作、角川書店『月刊少年エース』掲載(1999年4月~2012年……

thumbnail

第62夜 彼方に挑む者達と、一切をただ抱擁する者達…『プラネテス

「そのオッサンはな/地球(おか)の上で満足できる人じゃねェんだよ/オレにはわかる」「独りで生きて/死んで/なんで満足できるんですか/バカみたいよ/宇宙は独りじゃ広すぎるのに」 『プラネテス』幸村誠 作、講談社『モーニング』掲載(1999年1月~2004年1月)  ……

thumbnail

第61夜 真摯に生きる生物の姿は時としてスプラッタだ…『寄生獣

「…………この前/人間のまねをして…………/鏡の前で大声で笑ってみた……/なかなか気分がよかったぞ……」 『寄生獣』岩明均 作、講談社『モーニングTHE OPEN』→『月刊アフタヌーン』掲載(1989年8月~1994年12月)  地球上の誰かがふと思った。「生物(……

thumbnail

第45夜 新鋭機と“お役所的仕事”の流儀…『機動警察パトレイバー

「よくみとくといいや。/志望がかなえばこいつに命預けることになる。」「じゃ……じゃあこれが……/新型の警察用レイバー!?/こ…これは…/趣味の世界だねえ……」「とかいいながらわりと気に入ってるだろ。」 『機動警察パトレイバー』ゆうきまさみ 作、小学館『週刊少年サンデ……

thumbnail

第37夜 メタリックな胸の内の、天真爛漫と哀しみ…『ぼくのマリー

「あたしが練習台になってあげる/あたしを本物の真理さんと思ってデートに誘ってみてよ」 『ぼくのマリー』竹内桜 作、三陽五郎 協力、集英社『週刊ヤングジャンプ』掲載(1994年1月~1997年2月)  理工系で発明オタクの大学生、雁狩(かりがり)ひろしは、同じテニス……

thumbnail

第18夜 泥濘に蒔かれた種が見出す“よすが”のかたち…『漂流教室

「お母さん……ぼくの一生のうちで、二度と忘れることのできないあの一瞬を思う時、どうしても、それまでのちょっとしたできごとの数々が強い意味をもって浮かびあがってくるのです。」 『漂流教室』楳図かずお 作、小学館『週刊少年サンデー』掲載(1972年5月~1974年6月)……

thumbnail

第8夜 弟が愛し憎悪する姉は血と鋼に身を固める…『シリウスの痕

 2013/05/12  100夜100漫, ,

「さて最後のお別れをしなさい/自分の生身の肉体に」 『シリウスの痕(きずあと)』高田慎一郎 作、角川書店『月刊少年エース』掲載(1999年5月~2001年10月)  脳以外を機械化した人間を殺し合わせる闘犬(ドッグファイト)。犬たちには既に闘争本能しか残されていな……

広告

広告