漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 日別アーカイブ:2018年11月18日 」 一覧

【探訪】~画業30周年記念企画~ 藤田和日郎原画展…“自然な熱さ”に鼓舞される


 『うしおととら』『からくりサーカス』『月光条例』『双亡亭壊すべし』などなど、100夜100漫の漫画遍歴の中でも大きなウェイトを占める諸作の作者、藤田和日郎氏。その画業30周年を記念した原画展が、東京・池袋で行われている。
 過日(11/16)お邪魔し、写真撮影も可能だったので幾つか画像も交えつつ、その時のことを記録しておこう。

エントランス

 原画展が開催されているのは、過去にも同様の漫画の原画展が催された、池袋の西武池袋本店・西部ギャラリー。到着したのは14時半を少し回った頃だった。
 入場料は当日800円。オリジナルブックカバー(コミックサイズ)が特典に付いた入場券は1,200円。後者については、11/19まで、デジタルチケットや、コンビニ発券チケットのサービスで入手できる。詳しくは、公式サイト(http://fujita-kazuhiro.gengaten.com/index.html)を確認されたい。

 入場してすぐの空間では、まず先生による挨拶色紙がお出迎え。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告