漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 月別アーカイブ:2018年10月 」 一覧

【一会】『Spotted Flower 3』……“汚れた大人”になった夜

Spotted Flower 3

 作者の有名作『げんしけん』(100夜100漫第3夜)で見覚えがあるような、二次元ヲタクな夫と一般人で夫ラブな妻。2人を中心とした“日常&妊娠→出産ストーリー”のような体で綴られてきたこの漫画『Spotted Flower』。
 予想よりも全然はやく3巻が出たのも、もう1年前の話となってしまいました。前述したような作品の枠から自ら逸脱するような、ある意味で衝撃的な今巻について、だいぶ遅くなりましたが語りたいと思います。

命名と妻の元彼

 前巻の本編ラストにて無事に出産が果たされ、母となった妻。妻と夫の共通の友人らしき皆さんが病院に駆けつけてきます。何気に1巻から皆勤のコスプレ大好きな女性と、ちらりとしか出てこず顔も見えませんが彼女の夫と思しき髭の男性、吃る癖のある男性と、『げんしけん』読者にとっては「あの人とあの人なんだろーなー」という面々です。
 友人らが去った後、今度は妻の祖母が来院。以前も相談しましたが未定だった赤ちゃんの名前について、そろそろ決めないとなりません。
 祖母の発案で決まった、赤ちゃんの名前は「咲」。やはりこの漫画の元ネタと云うべき『げんしけん』で登場した名前です。これは「この漫画はパラレルワールドですよ」という作者のメッセージと受け取っていいのでしょう。しかし相変わらず、お婆ちゃんは夫の趣味への理解があり過ぎですね。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告