変 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-4ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 変 」 一覧



第96夜 戦国系変態ギャグに仄見える純情…『こいつら100%伝説

「きみのいってることは/バカバカしさの中にも/きらりと光るものがあるが/やっぱり大バカモノと呼ばせていただきたいっ」


こいつら100%伝説 2 (りぼんマスコットコミックス (577))

『こいつら100%伝説』岡田あーみん 作、集英社『りぼん』掲載(1989年4月~1992年8月)

 時は戦国、世は地獄。忍術の達人である先生は、その腕を見込まれてさる国のお姫様をお守りすることとなる。色めき立ったのは、弟子である修行中忍者の3人。気障でオーバーアクション、自意識過剰気味の危脳丸(あぶのうまる)。クールで無表情、何を仕出かすか分からない危険人物、極丸(きわまる)。気の優しい常識人、でもどこかおかしい時もある満丸(まんまる)。
 お姫様を護るため、行く先々で密かに活躍する3人…のはずなのだが、欲望に正直な上に張り切りすぎるあまり、いつも少女漫画とは思えないカオスな結末を迎えてしまう。いつのまにか未来からの刺客、ターミネーターも弟子入りし、4人揃って先生とお姫様を振り回しまくる。こいつらの日常は混迷を極めるのだった。。

『りぼん』でドリフ系?
 前作『お父さんは心配性』と同様、作者一流の“変態ギャグ”を全面に押し出した作品である。自分は本作の方を先に読んだのだが、よくぞ『りぼん』でこの高出力な作風が受け入れられたものだと、初読時には驚愕した。
 ギャグとはいえ、驚きのあまり心臓が飛び出たり、止血のために脾臓を取り出したりするスプラッタな(?)シーンもあるし、家が爆発したり雪山で発狂したり、あまつさえ作者も乱入と、恐ろしいまでの壊れっぷりだ。古い例えで恐縮だが、最後はたいがい『8時だョ!全員集合』のコントのように全員が酷い目に遭う「ダメだこりゃ」パターンか、激怒した先生が3人を追い掛け回す「志村、このやろ~!」パターンかで、いずれにせよ舞台全体が大騒ぎになることが多い(実際、『全員集合』を模したオチの回もあった)。3人の師匠である「先生」が、さながらいかりや長介の役どころと云えようか。

それでも少女漫画
 とはいえ、やはり『りぼん』なのだ。忍者の弟子3人(のちターミネーターを加えて4人)が奔走する(大抵は暴走になるが)切っ掛けとしてあるのは、やはりお姫様への恋情であり、意外と好いた好かれたというエピソードも多い。
 もしかしたら、作者が第一に描きたかったのは、こうした恋愛模様の物語なのかもしれない。いや、もしかしないでも、『おとうさんは心配症』から、後の 『ルナティック雑技団』に至るまで、面倒ごとの発端は常に恋愛だった。“変態ギャグ”を銘打たれても、その根っこの部分は、やはり少女漫画なのだ。この点、少女を描きながらも恋愛要素の希薄な『ちびまる子ちゃん』(本作の連載時期と重複している)と不思議な対照をなす。
 “好き過ぎて物狂おしくなってしまう”ということにおいて、登場人物たちの心情と、作者が“少女漫画というジャンル”に対して持っていたであろう心情とは相似形と云えないだろうか。その純情こそが、本作を単なるキワモノギャグ漫画以上のレベルに押し上げていると思えてならない。



広告

広告
thumbnail

第86夜 旅人が迷い込む、叙情と禍福と幻想の万華鏡世界…『紅い花

「あのみごとな紅い花はなんというのだろう」「知らん」 『紅い花』つげ義春 作、青林堂『ガロ』掲載(1967年10月[表題作])  林と川のある里にやってきた釣り人の主人公は、親の代わりに茶屋を切り盛りするキクチサヨコに出会う。彼女の元同級にあたるシンデンのマサジは……

thumbnail

第81夜 ゲームと世界の特異点…『PSYCHO+サイコプラス)』

「知らないの?/この緑色はね……/悪魔の色なんだよ!!」 『PSYCHO+(サイコプラス)』藤崎竜 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1992年11月~1993年2月)  もって生まれた緑色の瞳と髪という特異体質のせいで、日陰者の生活を余儀なくされていたゲーム好……

thumbnail

第79夜 貧乏とUFOと…『NieA_7ニア アンダーセブン)』

 2013/07/22  100夜100漫, , ,

「人はパンのみにて生くるにあらず?」「疑問形かよ!!/パン買えない人が言うな!!」 『NieA_7(ニア アンダーセブン)』安倍吉俊+g(ジェロニモ本郷)k(糞先生) 作、角川書店『月刊エースネクスト』掲載(1999年9月~2000年12月)  大学受験に失敗した……

thumbnail

第71夜 隔たれた“塀の内”の、朗らかで仄暗い日々…『刑務所の中

「なんちゅうチンケなやり方でぇ/不精ヒゲはやらかして/ヒモで結んだズボンはいて/天突き体操なんかやった日にゃ/もうモロ囚人!/はずかしくってせけん様に会わす顔もありゃしねぇ」 『刑務所の中』花輪和一 作、青林工藝舎『アックス』『マンガの鬼AX アックス』、バウハウス……

thumbnail

第65夜 日常的な夢想に遊ぼう…『COJI-COJIコジコジ)』

 2013/07/08  100夜100漫, ,

「コジコジだよ/コジコジは/生まれた時からずーっと/将来も/コジコジは/コジコジだよ」 『COJI-COJI(コジコジ)』さくらももこ 作、ソニー・マガジンズ(現エムオン・エンタテインメント)『きみとぼく』掲載(1994年11月~1997年4月)  メルヘンの国で……

thumbnail

第57夜 ブラックなCG世界で真理の探究…『みんなのトニオちゃん

 2013/06/30  100夜100漫, , ,

「あーあ/オレ達ってCGだったんだ…」「全てが虚しいでちゅ」「自分の価値が分かっちゃうと何もやる気出ねーなぁ…」 『みんなのトニオちゃん』菅原そうた 作、扶桑社『週刊SPA!』、集英社『週刊少年ジャンプ ギャグスペシャル2002』掲載(1999年~2001年)  ……

thumbnail

第50夜 王への道を征く破天荒元王子の大騒動…『余の名はズシオ

 2013/06/23  100夜100漫,

「愚民愚民愚民愚民愚民愚民愚民がァアア!!/もっと余を頼れ! 無様にひれ伏せ! 余が怖がっているだと!!!?/余の辞書に撤退の文字わない!!/……/化け物っ! 貴様を倒す者の名をよく憶えておけ!!/余の名はズシオ」「ファイヤー!」「散ったァ!!」 『余の名はズシオ』……

thumbnail

第46夜 淡々と、ただならない日常は過ぎゆく…『あずまんが大王

「そんなんじゃありませんのだ」 『あずまんが大王』あずまきよひこ 作、メディアワークス(現アスキー・メディアワークス)『月刊コミック電撃大王』掲載(1998年12月~2002年3月)  恐らくは関東にある、どこかの共学高校。そこで繰り広げられる、とも、ちよ、よみ、……

thumbnail

第31夜 ビッグ・マイナーの“笑えるけど壮絶”な日々…『失踪日記

「私は取材旅行にでていた(そーゆーことにしといてください)」 『失踪日記』吾妻ひでお 作、大田出版『夜の魚』掲載(「夜を歩く」のうち「夜の1」のみ;1992年10月)+コアマガジン『お宝ワイドショー』掲載(「街を歩く」;2002年)+書き下ろし  1989年11月……



広告

広告