変 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-4ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 変 」 一覧



第86夜 旅人が迷い込む、叙情と禍福と幻想の万華鏡世界…『紅い花

「あのみごとな紅い花はなんというのだろう」「知らん」


紅い花 (小学館文庫)

『紅い花』つげ義春 作、青林堂『ガロ』掲載(1967年10月[表題作])

 林と川のある里にやってきた釣り人の主人公は、親の代わりに茶屋を切り盛りするキクチサヨコに出会う。彼女の元同級にあたるシンデンのマサジは釣り人の案内を請け負う。案内の帰り、マサジは川に流れる紅い花を見る。
 表題作以下、いずれも茫洋さと美しさと不安を湛えた短編集。

幾分かの夢心地
 黒澤明監督作品の『夢』という映画をご存知だろうか。あるいは夏目漱石の幻想的な原作を更にアレンジして映画化した『夢十夜』、もしくは内田百閒の小説『冥途』などに触れたことはあるだろうか。この作品集に収められた短編には、幾分か、そうした夢心地が漂っている。
 松本零士の作品(第24夜第82夜)と同じく、つげ義春の作品も父の部屋で知った。最初は古びた文庫版の『ねじ式』を読んだ。小学校中学年くらいだったので訳がわからなかった。しかし“世の中には不思議な漫画があるのだな”というだけは記憶は残った。
 しばらくして、父の本棚の別の箇所で本作を見つけた。同様に訳が分からなかったが、キクチサヨコの無表情に心惹かれ、物語の意味を、知識がないながらも嗅ぎ取ろうともがいた。かなり早目だったが、思春期の萌しと云ってもよかったのかもしれない。凶暴なまでの夏の山奥の自然と、ひと組の小学生の男女、語り手である主人公、そして、それらを一瞬にして連環させる鮮烈な紅い花のモチーフは、“旅人もの”作品が多く収録されたこの短編集の中でもやはり白眉と云えるだろう。

混淆する“いいもの”と“わるいもの”
 収められた作品たちは娯楽というよりも小説的である。しかし、むろん小説そのものではない。小説であれば文字や行間として表されるだろうことがらを画ですくい取っている。劇画調だったり、一時期アシスタントをしていた水木しげる風の画だったり、画面が極端に暗かったり、スケッチしたような写実的な背景だったりと、作品ごとに画面のばらつきは大きい。しかし、いずれも動きを表しながらも、どこか凝固した印象をもたらす点は共通している。読者はこの画から、奇妙に森閑とした雰囲気を感じ取るだろう。
 そこには読者が日常的に感じているだろう現実味はなく、かといって、あからさまな“おはなし”感もない。自分は小学校に上がるくらいまで、よく悪夢をみてうなされていたが、“その感じ”なのだ。
 作中で現出されているのは、普段と同じ現実から地続きでありながら、ありえない世界である。そこにはキクチサヨコのような可憐なイメージは無論ある。その一方で、いつ幸福が災禍に、平穏が陰惨に転じるか分からない、あの夢の中の怯えもまた、ある。いいものとわるいものとが、ごっちゃになった状態こそが夢の本質で、それが見事に紙上に組み上げられている。
 そんなひどく不安定物語は、言下には魅力的と云えないのかもしれない。が、幾度となく手に取らされてしまう。その不可思議な混交に、惹かれ始めてしまうのだ。その混交こそが、つげ作品の真骨頂なのだろう。



広告

広告
thumbnail

第81夜 ゲームと世界の特異点…『PSYCHO+サイコプラス)』

「知らないの?/この緑色はね……/悪魔の色なんだよ!!」 『PSYCHO+(サイコプラス)』藤崎竜 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1992年11月~1993年2月)  もって生まれた緑色の瞳と髪という特異体質のせいで、日陰者の生活を余儀なくされていたゲーム好……

thumbnail

第79夜 貧乏とUFOと…『NieA_7ニア アンダーセブン)』

 2013/07/22  100夜100漫, , ,

「人はパンのみにて生くるにあらず?」「疑問形かよ!!/パン買えない人が言うな!!」 『NieA_7(ニア アンダーセブン)』安倍吉俊+g(ジェロニモ本郷)k(糞先生) 作、角川書店『月刊エースネクスト』掲載(1999年9月~2000年12月)  大学受験に失敗した……

thumbnail

第71夜 隔たれた“塀の内”の、朗らかで仄暗い日々…『刑務所の中

「なんちゅうチンケなやり方でぇ/不精ヒゲはやらかして/ヒモで結んだズボンはいて/天突き体操なんかやった日にゃ/もうモロ囚人!/はずかしくってせけん様に会わす顔もありゃしねぇ」 『刑務所の中』花輪和一 作、青林工藝舎『アックス』『マンガの鬼AX アックス』、バウハウス……

thumbnail

第65夜 日常的な夢想に遊ぼう…『COJI-COJIコジコジ)』

 2013/07/08  100夜100漫, ,

「コジコジだよ/コジコジは/生まれた時からずーっと/将来も/コジコジは/コジコジだよ」 『COJI-COJI(コジコジ)』さくらももこ 作、ソニー・マガジンズ(現エムオン・エンタテインメント)『きみとぼく』掲載(1994年11月~1997年4月)  メルヘンの国で……

thumbnail

第57夜 ブラックなCG世界で真理の探究…『みんなのトニオちゃん

 2013/06/30  100夜100漫, , ,

「あーあ/オレ達ってCGだったんだ…」「全てが虚しいでちゅ」「自分の価値が分かっちゃうと何もやる気出ねーなぁ…」 『みんなのトニオちゃん』菅原そうた 作、扶桑社『週刊SPA!』、集英社『週刊少年ジャンプ ギャグスペシャル2002』掲載(1999年~2001年)  ……

thumbnail

第50夜 王への道を征く破天荒元王子の大騒動…『余の名はズシオ

 2013/06/23  100夜100漫,

「愚民愚民愚民愚民愚民愚民愚民がァアア!!/もっと余を頼れ! 無様にひれ伏せ! 余が怖がっているだと!!!?/余の辞書に撤退の文字わない!!/……/化け物っ! 貴様を倒す者の名をよく憶えておけ!!/余の名はズシオ」「ファイヤー!」「散ったァ!!」 『余の名はズシオ』……

thumbnail

第46夜 淡々と、ただならない日常は過ぎゆく…『あずまんが大王

「そんなんじゃありませんのだ」 『あずまんが大王』あずまきよひこ 作、メディアワークス(現アスキー・メディアワークス)『月刊コミック電撃大王』掲載(1998年12月~2002年3月)  恐らくは関東にある、どこかの共学高校。そこで繰り広げられる、とも、ちよ、よみ、……

thumbnail

第31夜 ビッグ・マイナーの“笑えるけど壮絶”な日々…『失踪日記

「私は取材旅行にでていた(そーゆーことにしといてください)」 『失踪日記』吾妻ひでお 作、大田出版『夜の魚』掲載(「夜を歩く」のうち「夜の1」のみ;1992年10月)+コアマガジン『お宝ワイドショー』掲載(「街を歩く」;2002年)+書き下ろし  1989年11月……

thumbnail

第30夜 霊とも敵とも共に歩む姿こそが強さ…『シャーマンキング

「そのなんでも知ってる“精霊の王”って奴と友達になれば!!/なんの苦労もしないで毎日のんびり楽に暮らせるんだろ…!!」「ドバカモン」 『シャーマンキング』武井宏之 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1998年7月~2004年10月)→完全版にて完結(2009年4月) ……



広告

広告