漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 魔法 」 一覧

第154夜 状況の千変万化に踊らず信念を貫け…『絶園のテンペスト』

「愛花が殺されたのは不合理だ/魔法も不合理だ/なら二つをぶつければ辻褄が合う/愛花を殺したやつを/この手で殺してやれる」


絶園のテンペスト 1 (ガンガンコミックス)

絶園のテンペスト城平京 原作、左有秀 構成、彩崎廉 作画、スクウェア・エニックス『月刊少年ガンガン』掲載(2009年7月~2013年3月)

 “はじまりの樹”。そして、“絶園の樹”。人類の文明の発展を司るといわれる前者と、それに対すると云われる後者。その対決は多くの文明の神話や伝説に形を変えて遺されてきた。
 絶海の孤島。“はじまりの樹”を守護し、そのための魔法を行使する鎖部(くさりべ)一族でも随一の魔法使い、鎖部葉風(くさりべ・はかぜ)は、一族の者の陰謀により絶海の孤島に流される。鎖部の魔法の触媒となる“文明の産物”を入手し難い無人島にいながら、葉風は外界との交信手段を模索する。
 日本国関東地方。男子高校生の滝川吉野(たきがわ・よしの)は、ぼんやりと携帯メールを眺めながら友人を案じていた。その友人、不破真広(ふわ・まひろ)は、何者かによって両親とともに殺害された妹、愛花(あいか)の復讐のため、犯人を捜し出して殺そうと行方をくらませているのだ。
 鬱々としたまま愛花たちの墓に参った吉野は、そこで「フロイライン山本」と名乗る妙齢の美女に襲われかける。忽然と現れた真広に助けられる吉野だったが、時を同じくして出現した蝶により、人間が金属化してしまう奇病、黒鉄病が蔓延し、街は壊滅する。
 徐々に進む文明の崩壊は、果たして“はじまりの樹”の理(ことわり)か、あるいは“絶園の樹”によるものか。
 吉野と真広、葉風と鎖部一族、山本と政府関係者たちによる、「関節が外れた」世界をめぐる激動の日々が始まろうとしていた。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第105夜 開かれた瞳に映る世界は、本質か、かりそめか…『魔女』

「あなたにも きっとみえるはずよ。/わたし達は皆……/“彼女たち”の眷族なのだから。/あなた自身のからだで/世界を確かめていきなさい。」 『魔女』五十嵐大介 作、小学館『月刊IKKI』掲載(2003年4月~2004年11月)   彼女たちはどこにでもいる。文明と歴……

thumbnail

第98夜 モノの言葉を知るための魔法…『まじかる☆タルるートくん』

「そうか/タルが魔法をかけなくても…/グローブにも魂があって/火にも心があって…/風や水や土………/みんな生きているって…/生きて…」 『まじかる☆タルるートくん』江川達也 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1988年8月~1992年9月)  江戸城本丸(えどじ……

広告

広告