漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 オムニバス 」 一覧

第108夜 複雑な感情が、シンプルな関係性に現れる…『式の前日』

「……だって/泣いてんじゃん?」


式の前日 (フラワーコミックス)

式の前日穂積 作、小学館『月刊flowers増刊 凜花』→『月刊flowers』掲載(2010年10月~2012年7月)

 結婚式を前日にひかえた女と男、久方ぶりに再会する幼い娘と父親、高校時代の想い人を亡くした初老の双子の兄弟、田舎に帰ってきた兄と待っていた妹、書けない小説家と転がり込んできた少女、不穏な一夜にそれなりに気を揉む猫と飼い主。
 繰り返される日常の中、1対1の対話が際立つ特別なひと時が確かにある。6様の、そんな一幕は静かに過ぎていき、やがて彼らはゆっくりと日常に還っていく。少しの痛みと優しさを湛えて。彼らの一部始終を軽やかに切り取った短編集。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第105夜 開かれた瞳に映る世界は、本質か、かりそめか…『魔女』

「あなたにも きっとみえるはずよ。/わたし達は皆……/“彼女たち”の眷族なのだから。/あなた自身のからだで/世界を確かめていきなさい。」 『魔女』五十嵐大介 作、小学館『月刊IKKI』掲載(2003年4月~2004年11月)   彼女たちはどこにでもいる。文明と歴……

thumbnail

第88夜 少女達の絶望と、公権力の暗部…『ブラッドハーレーの馬車』

「自分の肉体(からだ)がどんな事になってるのかよく判らない……/ああ……ただ ひどく苦しいの/こんな苦しみが まさかこの世にあったなんて……/あら…駄目よ/もっと楽しい事を考えなきゃ……」 『ブラッドハーレーの馬車』沙村広明 作、太田出版『マンガ・エロティクス・エフ……

thumbnail

第86夜 旅人が迷い込む、叙情と禍福と幻想の万華鏡世界…『紅い花』

「あのみごとな紅い花はなんというのだろう」「知らん」 『紅い花』つげ義春 作、青林堂『ガロ』掲載(1967年10月[表題作])  林と川のある里にやってきた釣り人の主人公は、親の代わりに茶屋を切り盛りするキクチサヨコに出会う。彼女の元同級にあたるシンデンのマサジは……

thumbnail

第51夜 ふたりでいるって、割と素晴らしいこと…『くらしのいずみ』

「俺らももう長いし/そろそろする? 結婚」 『くらしのいずみ』谷川史子 作、少年画報者『YOUNGKING アワーズ増刊アワーズプラス』『YOUNGKINGアワーズ』掲載(2006年4月~2008年1月)  世の中には色々な夫婦がいる。友達のような夫婦、文科系優男……

thumbnail

第1夜 地味目なあの野菜による不可思議オムニバス…『茄子』

「「親の言葉となすびの花は千に一つの無駄もない」って知ってるか/ありゃ嘘だ/ボロボロムダ花が落ちる」 『茄子』黒田硫黄 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(2000年11月~2002年10月)  茄子。それだけを軸として、時空を超えて紡がれる茄子ストーリーのオムニ……

広告

広告