漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 日別アーカイブ:2018年07月10日 」 一覧

【一会】『銀の匙 Silver Spoon 14』……想い、叶う。それはそうと急展開

銀の匙 Silver Spoon 14 (少年サンデーコミックス)

 札幌で勉強漬けだった中学生活から、逃げるように十勝の大蝦夷農業高校に進学した八軒勇吾(はちけん・ゆうご)。彼の価値観の転換と“本当にやりたいこと”の探索を中心に、淡い恋と部活動、そしてひたすら農地と家畜と労働の群像劇を描いてきた『銀の匙 Silver Spoon』の14巻が刊行されたのも、もはや1年近い過去(2017年8月刊行)となりました。まことに遅まきではありますが、その14巻について書こうと思います。

 13巻から2年ちょっとを経て刊行された14巻ですが、もちろん作中の時間軸は13巻の直後、ハチたち3年生が9月の定期考査を終えたところから始まります。
 目下、間近に控えているイベントは、ハチの起こした会社「(株)GINSAJI」と学校のチーズ研究会・ピザ研究会が連携して目論んでいる、ばんえい競馬場でのピザ販売会と、色々あってハチが勉強をみている御影あき(みかげ・――)の大蝦夷畜産大推薦入試の2つです。
 ばんえい競馬の開催日と、ついでにエゾノーの学園祭も迫ってくる中、各担当部署で、ハチたちはそれぞれに頭を悩ませます。ハチの会社の(一応)社長でもある大川先輩は平常運転みたいですが。
 準備の合間、ピザ研究会のふくよかナイスガイ別府君が“まかない”的に作ったチーズナンも美味しそうです。隠し味の男風呂ヨーグルトも、まぁ、加熱していれば大丈夫だと思いますし。。
 チーズナンと云えば、自分は以前カレー屋さんで頼んで苦しい思いでギリギリ完食したことを思い出します。見た目以上にボリュームがあるようなので、初めてのお店で頼む時はご注意を。

(さらに…)

広告

広告

広告

広告