漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

【探訪】コミケ93二日目…穏やかな中日

      2017/12/31

 コミケ93も2日目。参加して無事に帰還したので、引き続き記録を残そう。

 2日目の今日の、主なジャンルは以下の通り。
 ラブライブ!、ガンダム、ユーリ、おそ松さん、ワールドトリガー、ハイキュー!!、黒子のバスケ、血界戦線/ヘタリア、弱虫ペダル/ダイヤのA、進撃の巨人、アニメ(その他)、鉄道・旅行・メカミリ、TV・映画、芸能、特撮、音楽(洋楽・邦楽・男性アイドル)、スポーツ、創作(少女・JUNE/BL)FC(小説・少年・少女・青年・ジャンプその他)

 ちなみに一日目・三日目の記事は以下から。
【探訪】コミケ93一日目…午後から参加でちょうどの初日
【探訪】コミケ93三日目…あわやホワイト・コミケット

会場到着

 今日もまた、豊洲方面からビッグサイトへと向かった。

 昨日よりは少しは早いが、やっぱり昼過ぎになってしまった。

 自分にとっての今日のメインは創作系サークル。昨日と同じく「有明」駅で降りて直接東ホールへ向かった。

東ホール

 東棟の道路側入り口(なんというか、東1と東4の間に位置するところ)から館内に入る。時間は12時半くらいだったかと。

 ガレリアの様子。人が流れており、立ち止まる必要はない。

 まずは東2・3を回る。ジャンルは「ラブライブ!」「ガンダム」「創作(少女・JUNE/BL)」など。

 東7と8はこんな状況。今日のジャンルは東7は「血界戦線/ヘタリア」「弱虫ペダル/ダイヤのA」「進撃の巨人」「FC(少女・青年・少年)」、東8が「FC(少年)」。

 東7・8を出て東4~6方面に回る。

 東6はこんな感じ。今日のジャンルは「FC(ジャンプその他)」「ハイキュー!!」「黒子のバスケ」。

 全体的にはそれほど混雑していないとはいえ、人気サークルにはやはり行列ができている。

 東1まで戻ってきて、そこから東2方面を撮る。今日の東1は「アニメ(その他)」。

 東をだいたい回ったので、今日も「おすすめルート」で西へ向かった。

西ホール~中央

 企業ブースは昨日みたので、今日から配置されている屋上展示場コスプレエリアへと。企業ブースに並ぶ列は、まだまだ長かった。

屋上展示場へ向かおうとするも、結構な大回りが必要で、一度中央エントランスまで戻り、外の階段を使う必要があった。

 素直に昨日と同じく2階の企業ブースに向かうスロープを上ればよかったのかも。

 屋上展示場のコスプレエリアでは、現在続編「鬼籍の闇の契約者」が連載中の『3×3EYES』のコラボ屋台を発見。他にもあったのかもしれないが、確認できず。

 屋上展示場、中央エントランスプラザ、庭園の各コスプレエリアをぶらぶらし、再び東ホール側へ抜けて防災公園へと向かう。

防災公園~帰路

 今日で防災公園の使用は最後(明日は使用不可)。それもあってか、集まっている人は昨日よりも多かった気がする。

 これだけ古今のキャラクターが集まっていると、謎の感動があるな。。

 15時半過ぎ、防災公園から退出。正味の滞在は3時間といったところだった。

コスプレ広場
 今日も撮らせて頂いたので紹介する(画像をクリックすると大きな画像で見ることができます)。なんか漫画ブログなのに漫画分が少ない気もするが…そういうこともあるだろう。
 ※コスプレイヤーの皆様へ…逐一許可を頂戴したつもりでおりますが、差し障りがございましたら、お手数ですがこちらからご一報下さい。

 低予算なファンタジードラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズからメレブと仏。以前おなじような場所にヨシヒコとムラサキもいた気がするけど関連あるのだろうか…?

 今冬、最終章の映画公開も始まった女子高生戦車アニメ『ガールズ&パンツァー』より、イタリアンな高校・アンツィオ高校の隊長アンチョビ。これは策士なドゥーチェ。

 『けものフレンズ』よりサーバル。アニメの印象そのままの被り物スタイル。ポーズも本編そのままで再現度高し。

 『銀河鉄道999』より、メーテルと鉄郎。憂いを含んだ感じがそれらしい。扮するはメーテル:アヤタ(TwitterID:@ayata_772)さん、鉄郎:とぅいんくる(TwitterID:@yazawaniko025)さん。

 『ガルパン』より、英国っぽい高校・聖グロリアーナ女学院の隊長ダージリン。紅茶はさすがの本物使用。寒さもしのげて良い感じの模様。

 空飛ぶヘリから刑事がライフル撃ったりする往年の刑事ドラマ『西部警察』より、捜査課長の木暮謙三(っていうか、石原裕次郎)。持っているのはブランデー?

 今年、劇場版3部作が公開が始まった『コードギアス』シリーズより、ゼロ。細い体躯がそれらしい。

 男たちの赤裸々旅ドキュメンタリー『水曜どうでしょう』より、シェフ大泉とONちゃん。シェフの方は言動まで驚異の再現度でした。

 時間帯とジャンルも関係すると思うが、東ホールは昨日よりも混んでおらず、一層スムースに回ることができた。逆にコスプレエリアは今日の方が混雑しているように思われた。とはいえ、混乱するほどではなく、楽しいひとときを過ごすことができた。
 明日で今回のコミケも今年もおしまい。買い忘れや回り忘れが無いよう注意して、楽しみたいと思う。

 明日の主なジャンルは以下の通り。
 男性向、鉄道・旅行・メカミリ、創作(少年)、学漫、歴史・創作(文芸・小説)、オリジナル雑貨、評論・情報、ギャルゲー、アイドルマスター

 - 漫事探訪

広告

広告

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連しそうな記述