漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

【探訪】コミケ91三日目…午後から回るも、ちょっと時間切れ

      2017/01/18


 今年のコミケ最終日となった今日も、午後からながら参加してきたので記録を残しておこう。
 C91三日目の今日の主なジャンルは以下の通り。
 男性向、ラブライブ!、アイドルマスター、TYPE-MOON、ギャルゲー、創作(少年)、評論・情報、学漫、オリジナル雑貨 ほか
 ちなみに一日目、二日目の記事は以下から。
【探訪】コミケ91一日目…少しだけ、いつもと違う会場構成
【探訪】コミケ91二日目…今日は西から、さらっと一回り

会場到着
 ゆりかもめ豊洲駅に到着したのは、昨日と同様今日も13時過ぎ。セブンイレブンでは最終決戦っぽいポエムが出迎えてくれた。

 帰る人も多いが、発車する車内はコミケ以外の人もおり、割と混んでいた。

 いつもは国際展示場正門駅まで乗るが、今日は有明駅で下車。コンコースの窓から、帰る人でごった返す、りんかい線の国際展示場駅が眺められた。

 こちらの有明駅にも、帰ろうと向かってくる人がちらほら。

 その帰る人々とすれ違って、ビッグサイトへと向かう。今日は東7ホールに創作系サークルが配置されているため、まずはそちらを回りたかった。正門を経由するよりも、有明駅で降りて東棟に直接向かった方が早いという判断である。

 昨日、帰る時に使った東6ホール付近の出口に対応して、東4ホール付近に入口が置かれていたので、そちらから入場した。本来は搬入口なので、いつでも使えるわけではないと思う。

東棟
 今日の東棟は主に男性向けのサークルが配置されており、全体的な混雑はやはり三日間で随一だったと思う。

 東5ホールの配置ジャンルはアイドルマスター、TYPE-MOON、ギャルゲー。時間がおそいので、ホールに入ってしまえばそこまで混んでいない。

 東3ホールへと抜ける。こちらのジャンルは男性向け全般。混んでいるが、動けないというほどではない。

 ホール内よりも、外に出て休んでいる人の方が多いようだった。

 目的の東7ホールに到着。昨日まで気付かなかったが、かなり広いホールのようだ。

 東7のさらに東は海。ラッピングのない移動基地局車が並んでいた。

 東7ホール内。しばしここで漫画を見て回った。ところどころ通路がつかえる程度の混雑だったが、1時間半ほどでほぼ全体を見ることができた。

 回り終えて、更衣室になっている東8ホールと東7をつなぐ共通部分に出た。

 従来の東棟への通路。新しい場所のためか、スタッフの道案内が充実していた。

 そのまま歩いて、東棟の西端に到達。やはり休んでいる人が多かった。

 例によって「おすすめルート」を使い、西棟へと回った。

西棟~時間切れ、帰還
 西1ホールのジャンルはオリジナル雑貨、デジタル(その他)。スタッフの方が持っている板には「お財布ありますか?」とある。特に東棟で多かったようだが、スリが横行しているとのことで、しきりと注意喚起がされていた。

 西棟もだいたい見て回り、コスプレエリアを見ようか、と思ったのだが、時間は既に15時。コスプレ終了時間となってしまった。

 残念だけど仕方ない。もっとうまく時間配分していれば…というか、もっと早く到着すればよかった…などと思いつつ、西棟共用部をすごすごと撤退した。

 独自に参加していた知人と合流し、大崎方面に出るため、りんかい線国際展示場駅へ。大道芸をやる人や前参議院議員の山田太郎氏の演説など、コミケの帰り道コンテンツ(?)も、すっかり定番化した感じ。

 りんかい線国際展示場駅前のローソンも相変わらず。ここも1つの企業ブースみたいなものか。

 今回の購入物の一部。今日買ったものが一番多いが、「創作(少年)」という割に少女っぽいものが多いような…。

 最終日がなかなか残念な結果に終わってしまったが、ひとまずこれにてコミケ91、そして2016年も終わり。次は悔いの残らないように参加したい。

 ついでに年内最後の記事となるので、少し今年を振り返ってみる。まず、お知らせをさせていただくと、今年の後半から外部の書評サイト「シミルボン」(https://shimirubon.jp/)にもレビューやコラムを投稿するようになった(向こうで書いたものの一覧はこちら)。特に複数の漫画にまたがったコラムは以前からやりたかったことなので、発表できる場ができたのは嬉しい。
 片や、ここの看板コンテンツである「100夜100漫」は、年の前半に投稿した2本のみだった。特にノルマ等を決めているわけではないけど、来年はもう少し双方のバランスをとって書いていければいいなと思う。

 長々と書いてしまいましたが、今年も「100夜100漫」に沢山のお運び、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。よいお年を。

 - 漫事探訪

広告

広告

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連しそうな記述