漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 悲壮 」 一覧

【一会】『七つの大罪 29』……動く状況、去らぬピンチ

七つの大罪(29) (講談社コミックス)

 年明けから三度アニメ化もされた『七つの大罪』。エリザベスをめぐって歩んできた、メリオダスの3000年にわたる過酷な時間が明かされ、“騎士団〈七つの大罪〉と魔神族との戦い”や“アーサー王伝説にどう繋がるか”ということに加えて、“彼と彼女の終着点”も気になることになってきました。昨年12月刊行の29巻に追いつきましたので、読んで思ったことを語りましょう。
 今巻の限定版付録はというと、年末年始の頃の刊行では恒例になった感のある月替わりカレンダー。『七つの大罪』の限定版では、このカレンダーがいちばん有効活用できているかも。

 さて、本編。劣勢に見えたエスカノールでしたが、正午きっかりに発動する“天上天下唯我独尊(ザ・ワン)”によって何とかメリオダスを無力化。しかしこれは、殆ど相打ちのようなものでした。前にも(第19巻第23巻)書きましたが、エスカノールの力とは何なのだろうと思います。ただの人間が最強クラスの魔神をも上回る、というのは希望に他なりませんが、そんなことが有り得るのでしょうか。彼の力の意味が語られる時が待たれます。
 ともあれ、マーリンが云うように状況は深刻です。メラスキュラ打倒により、キャメロットを包んでいた次元のひずみは消失したようですが、相打ちによってメリオダスとエスカノールは戦闘不能。メリオダスは闇の力で自然回復するようですが、それは再び暴走するということでもあったり。
 メリオダスを案じたエリザベスは、一緒に“完全なる立方体(パーフェクト・キューブ)”の中に入り、それをマーリンが見張っていることになります。そうすると、敵が来て即座に戦えそうなのはキング、ディアンヌ、ゴウセル、そしてバンの4人ということになります。戦力はほぼ半減と云っていいでしょう。
 しかし、立ち止まるわけにもいきません。エリザベスにかけられた呪いは、記憶を取り戻したあと3日で死に至るというもの。一行はキャメロット解放を急ぎます。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

【一会】『七つの大罪 28』……良くも悪くも、因果は巡る

 多種族による7人だけの騎士団〈七つの大罪〉と、世を滅ぼそうとする魔神族の戦い、そしてその背後にある魔神族と女神族という対立する二種族間に芽生えた愛の悲劇を描く『七つの大罪』。過日に引き続き、昨年10月刊行の28巻について語ります。  ちなみに今巻の限定版はキラキラ缶バ……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 27』……憂心去らぬ、再集結

 魔の血を受け継ぎながら平和を願ったメリオダスを団長に、様々な種族が集った7人の騎士団〈七つの大罪〉の戦いと、過去の因縁を解き明かし、アーサー王の伝説へと連なる前日譚『七つの大罪』。27巻が出たのは去年7月です。既に29巻まで出ている本作ですが、まずは今巻から、読んで思っ……

thumbnail

【一会】『ベルセルク 39』……桜舞う里の憩い、彼女の深層への旅

 多くの人が、その成り行きを固唾を飲んで見守るダークファンタジー『ベルセルク』の、39巻が刊行されたのは今夏の始めの6月末。未完の大作になるのでは、と云われることも多い本作ですが、前巻からは1年余りというハイペースの刊行となりました。相変わらず遅きに失し過ぎな感もあります……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 26』……彼が心を棄てた理由

 様々な種族から成る騎士団〈七つの大罪〉と、魔神王に従う〈十戒〉。両者の戦いを描きつつ、背景には各種族の思惑が描かれた”円卓の騎士”的バトルファンタジー漫画『七つの大罪』。引き続き周回遅れ気味(既に27巻も刊行済み)ですが、5月刊行の26巻について書きたいと思います。 ……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 9』……束の間の平穏、そして迫る大災厄

 普通の人間だった初老男性と男子高校生が、異星人が起こしたアクシデントによって高性能のアンドロイド化。それぞれ極に振れた2人を対比し、人智を超えた能力を誇る機械となった男子高校生・獅子神皓(ししがみ・ひろ)の暴走を食い止めようとする初老男性・犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろ……

thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 4』……彼方から来たらんとするもの

 東京都豊島区に建つ、謎めいて不吉な建築物〈双亡亭〉が引き起こす奇怪な出来事と、そこに巻き込まれ、これを破壊せんとする者たちを描いた『双亡亭壊すべし』。4巻が刊行されたのは4月のことです。既に先月下旬に5巻が出ていますが、追っかけで思ったことを書いておきましょう。  〈……

thumbnail

【一会】『猫瞽女―ネコゴゼ― 4(完)』……ここぞ胸突き八丁、けじめの刻

 戦後まもなくソ連に占領され、共産主義が台頭したパラレルな1950年代の日本を舞台に、擬人化された猫たちによる遊侠活劇を描いた『猫瞽女―ネコゴゼ―』。完結巻となる4巻が、今春刊行されました。  盲目の女芸能者・瞽女(ごぜ)にして三味線に仕込んだ暗殺剣の達人でもある夜梅(……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 22』……覚悟の海

 “正体不明の巨人との戦い”に始まり、次第に物語の全貌が明らかになってきている『進撃の巨人』。4月の話ですが22巻が刊行されました。遅れ馳せもいいところですが、流れを追いつつ思ったことを書き留めようと思います。  前巻に引き続き、エレンの意識に混濁した父・グリシャ・……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 24』……情を知った弱さ、それを捨てた強さ

 騎士団〈七つの大罪〉を筆頭とする人間側と、〈十戒〉の率いる魔神族との戦いを描く鈴木央的アーサー王物語『七つの大罪』。昨年12月に24巻が発刊されました。3か月遅れとなりましたが、色々と書いてみたいと思います。  ちなみに今巻の限定版付録である「いろはかるた」は、今年の……

広告

広告