漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 悲壮 」 一覧

【一会】『いぬやしき 9』……束の間の平穏、そして迫る大災厄

いぬやしき(9) (イブニングKC)

 普通の人間だった初老男性と男子高校生が、異星人が起こしたアクシデントによって高性能のアンドロイド化。それぞれ極に振れた2人を対比し、人智を超えた能力を誇る機械となった男子高校生・獅子神皓(ししがみ・ひろ)の暴走を食い止めようとする初老男性・犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)の活躍を描く“おとうさん英雄譚”が、本作『いぬやしき』です。
 今秋アニメ化も決定しているこの漫画の9巻が、8巻の予告通り5月に出ました。今更ですが、読んだ感想を書いておきたいと思います。
 ちなみに、今巻にはカラーコミック付きの特装版が存在します。2年ほど前に『マガジン』に掲載された出張読切に着彩したもののようですが、内容的にはダークヒーロー皓のサイドストーリーといったところかと。

 それはそうと、今巻の話に入りましょう。
 皓が飛行機を落とし、さらに皓と壱郎が闘ったことで東京の街には甚大な被害が出ました。当然、命を落とした人もたくさん居るのですが、壱郎はそうした死者や怪我人たちを次々に治療していき、即座にネットで共有されて文字通り「神」と呼ばれることに。
 そんな彼の脳裏に去来するのは、これまでの人生でした。58年生きてきた意味は今この時のためにあったと彼は独白して涙を流すのですが、人の命を大切と感じる彼の性格は、どのように培われてきたのでしょうか。そこも気になりますし、もっと気になるのは彼の涙でしょう。その悲しそうにも見える表情からは、もしかしたら言葉とは裏腹に、自分の今の境遇(≒アンドロイド化してしまったこと)を強引に「よかった」と思い込もうしているようにも、思われます。
 ともあれ、事態は沈静化されました。ネット上で壱郎は有名人になったようですが、彼の家族は、直に壱郎の活躍を見た麻理以外はまだ何も知らない様子です。そして一方、壱郎にやられた皓の方も、完全に斃れたわけではありませんでした。

 家に戻った壱郎は、テレビで事の次第を知った家族と対面します。ついに、今の自分が何者になってしまったかを知らせる時がきました。でも、たとえ身体が得体の知れない機械になってしまったとしても、以前と思い出や意識を共有できているのなら、多くの人がそれは同一人物だと認識すると思います。彼の家族も概ねそういった反応を示していますが、唯一、長男の剛史だけは複雑な面持ち。その感覚も分かります。
 一段落ついて、壱郎も子どもたちも職場や学校に復帰します。ネットやテレビでばんばん動画が流れているだろうにも関わらず、職場では誰にも指摘されなかったという壱郎さんの影の薄さは本物ですね。。
 そんな中、壱郎の協力者である安堂直行(あんどう・なおゆき)の家には侵入者がありました。誰あろう、幼馴染みでもあり、アンドロイドとなって大量殺人を引き起こした皓です。以前と変わりない皓の挨拶にも、応じた安堂君の反応にも、緊張感が掻き立てられます。
 しかし、ついに堰を切った直行の追求が、皓に突き付けられます。もちろん皓は許されざる者なわけですが、ここからの数ページは皓にも少し感情移入して読みました。彼の罪は、どうにも取り返しも申し開きもできないには違いないのですが、無機質にそれを断罪しようとする人々にも何か怖いものを感じます。

 一方、壱郎が命を救うのを目の当たりにしたことで、剛史の戸惑いも多少は薄れます。自分も機械になって認められたい、死なない存在になりたいと云う剛史の考えを壱郎は否定しますが、壱郎自身、機械になって自分を肯定できたのは確かでしょう。
 ちなみに、ここで壱郎が云う「ホビットでも自分が好き」というのは、1話の話の続きと思われます。自己肯定できた理由を、彼は心優しい自分の性質が活かせたから、と云いますが、それよりもやはり、家族に受け入れられたから、というのが大きいと自分は思います。

 序盤で描かれた様子とは打って変わって、仲良く過ごす犬屋敷家の人々。しかしここで、皓の猛威にも匹敵する災禍が降り懸かってくることになります。以前から伏線はありましたが、合衆国大統領が発表したその災禍とは、3日後に隕石が地球に衝突するというものでした。
 この一大事の予告を受けて、世の中は無政府状態に。仕事や学校に行く人も殆ど居らず、公共の場所で全裸で走り回り、警察は犯罪行為を取り締まろうともしません。大統領の云い方次第では、もう少しマシなことになったんじゃないかと思いますが、実際トラ◯プ氏ってあれくらい云いそうですよね。。
 大震災の時のように公共広告機構のCFだけになったテレビを見たりする夜を過ごし、壱郎は恐らく最後となる決意を固めます。それはきっと、自分の力で隕石をどうにかする、というものであることでしょう。

 といったところで、今巻は幕。最終巻となる10巻に続きます。刊行予定は既に決まっており9月22日。あと1か月を、神妙にかつ楽しみに、待ちたいと思います。

広告

広告
thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 4』……彼方から来たらんとするもの

 東京都豊島区に建つ、謎めいて不吉な建築物〈双亡亭〉が引き起こす奇怪な出来事と、そこに巻き込まれ、これを破壊せんとする者たちを描いた『双亡亭壊すべし』。4巻が刊行されたのは4月のことです。既に先月下旬に5巻が出ていますが、追っかけで思ったことを書いておきましょう。  〈……

thumbnail

【一会】『猫瞽女―ネコゴゼ― 4(完)』……ここぞ胸突き八丁、けじめの刻

 戦後まもなくソ連に占領され、共産主義が台頭したパラレルな1950年代の日本を舞台に、擬人化された猫たちによる遊侠活劇を描いた『猫瞽女―ネコゴゼ―』。完結巻となる4巻が、今春刊行されました。  盲目の女芸能者・瞽女(ごぜ)にして三味線に仕込んだ暗殺剣の達人でもある夜梅(……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 22』……覚悟の海

 “正体不明の巨人との戦い”に始まり、次第に物語の全貌が明らかになってきている『進撃の巨人』。4月の話ですが22巻が刊行されました。遅れ馳せもいいところですが、流れを追いつつ思ったことを書き留めようと思います。  前巻に引き続き、エレンの意識に混濁した父・グリシャ・……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 24』……情を知った弱さ、それを捨てた強さ

 騎士団〈七つの大罪〉を筆頭とする人間側と、〈十戒〉の率いる魔神族との戦いを描く鈴木央的アーサー王物語『七つの大罪』。昨年12月に24巻が発刊されました。3か月遅れとなりましたが、色々と書いてみたいと思います。  ちなみに今巻の限定版付録である「いろはかるた」は、今年の……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 21』……命の選択、“壁の外”の来歴

 やはり前巻の予告通りの発刊時期となった『進撃の巨人』21巻。遅くなりましたが、読んで思ったことなど書いていきたいと思います。  決着が近づくウォールマリア奪還戦。前巻において、どうにか敵主力の多くを打倒した人類側ですが、支払った代償もまた大きなものでした。大多数の……

thumbnail

【一会】『いぬやしき 7』……殺戮のさなか、再びの邂逅

 エイリアンと思しき存在が引き起こしたアクシデントにより、人智を超えたスペックのアンドロイドとなってしまった初老の犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)と、高校生の獅子神皓(ししがみ・ひろ)。彼らの活躍あるいは暴走を描いた『いぬやしき』の、前巻の予告からして嫌な予感しかしない……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 22』……世界を覆う、そのものの名は絶望

 つい先日21巻について書いた『七つの大罪』ですが、早くも一昨日に22巻が刊行となりました(自分が読むのが遅かっただけですが)。珍しく早めに読みましたので、レビュー&思ったことを書きたいと思います。  その前に、恒例の限定版付録ですが、今回はミニキャラが描かれたペットボ……

thumbnail

【一会】『猫瞽女―ネコゴゼ― 3』……その過去に、戦慄と涙

 戦後まもなくソ連に占領され、共産主義が台頭したパラレルな日本を舞台に、擬人化された猫たちによる遊侠活劇を描いた『猫瞽女―ネコゴゼ―』。盲目の女芸能者・瞽女(ごぜ)にして三味線に仕込んだ暗殺剣の達人でもある夜梅(ようめ)と、ロシア正教に由来すると思われる“機密”により対象……

thumbnail

【一会】『ベルセルク 38』……“白”と“光”は、似ているようで違う

 現在連載中の漫画では、最高峰のダークファンタジーに数えられる『ベルセルク』の3年ぶりとなる新刊が、先月発刊されました。いくぶん中途半端ではありますが、今巻から言及したいと思います。  長大にして未だ道半ばの物語を要約するのは困難ですが、黒い剣士ガッツと、白銀の騎士グリ……

広告

広告