サンデー系 | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 サンデー系 」 一覧



【一会】『双亡亭壊すべし 2』……〈双亡亭〉突入。そこで待つのは絶望か

双亡亭壊すべし 2 (少年サンデーコミックス)

 東京都内に建つ謎の建築物〈双亡亭〉をめぐり、絵本作家志望の青年、〈双亡亭〉に立ち入ってしまった少年、その姉で退魔の力を有する〈刀巫覡(かたなふげき)〉の少女、そして、時の彼方から還ってきた少年、といった人物たちによって紡がれる“おばけ屋敷”ホラー漫画『双亡亭壊すべし』。もう先々月の話になってしまいましたが、2巻が10月下旬に発刊になりました。遅ればせながら、語ってみたいと思います。

 〈双亡亭〉の隣のアパートで暮らす、美大を出たばかりの青年・凧葉務(たこは・つとむ)。〈双亡亭〉敷地内の別宅に引っ越してきた少年・立木緑朗(たちき・ろくろう)と知り合った彼は、緑朗に軽い気持ちで〈双亡亭〉内を探検してはと勧めます。しかし、それが2人を〈双亡亭〉の呪縛に囚われることに繋がったのでした。
 ほぼ時を同じくして、〈双亡亭〉に因縁のある首相の斯波(しば)、防衛相の桐生による〈双亡亭〉破壊プロジェクトが発動します。弟の緑朗を案じて九州から駆けつけた刀巫覡の柘植紅(つげ・くれない)はこれに呼応、〈双亡亭〉破壊の特別工作班に参加することに。
 一方、〈双亡亭〉内での経験により心身に変調をきたした緑朗と、双亡亭が爆撃された夜、45年前の飛行機事故から当時の姿のまま生還し、超常的な力を有する凧葉青一(たこは・せいいち)の2人もまた、〈双亡亭〉破壊への執念が一致。政府の作戦とは別に〈双亡亭〉破壊のために現地を目指すのでした。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

【一会】『双亡亭壊すべし 1』……何を憎み、何ゆえ破壊を願うのか

 『うしおととら』(100夜100漫第64夜)『からくりサーカス』(第27夜)『月光条例』(一画一会第26巻以降)など、藤田和日郎先生の作品には多く言及してきましたが、先月、新たな連載作品の1巻が刊行されました。ひと月ばかり遅くなりましたが、読んで思ったことを述べようと思……

thumbnail

【一会】『銀の匙 Silver Spoon 13』……部活引退。そして彼が動き出す

 進学校の私立中学から受験に失敗し逃げるように農業高校に進学した八軒勇吾(はちけん・ゆうご)とエゾノー生たちの農業&畜産青春グラフィティ『銀の匙 Silver Spoon』。遅くなりましたが新刊の13巻を読了しましたので書かせて頂きます。  前巻後半から作中の時間の……

thumbnail

【一会】『銀の匙 12』……それが怖くないって凄いことだよ

 遅くなりましたが『銀の匙』12巻を読了したので書き留めておきます。  まさかのハチ(八軒)の下宿爆発からスタートの12巻。てっきり下宿を追い出されるかと思いきや、そこは大丈夫だった様子。  それはともかくとして、今巻では各人の視点がザッピングで描かれていきます。そし……

thumbnail

第185夜 責任=自覚×選択…『時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。

「空木宗也、キミは知らないようだから言っておくが――/人に使命感を抱かせしめるものは主義などではない。/誰かの期待だ。」 『時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。』田中ほさな 作、小学館『ゲッサン』掲載(2011年9月~2014年1月)  何事においても「ちゃんとしたい……

thumbnail

【一会】『月光条例 29(完)』……そして、物語は円環する

 「ヒジョーにメイワクな話をしよう」から始まった、おとぎ話(というか全ての物語)を巻き込んだ、ある意味で傲岸不遜、ある意味では史上最後の物語も、遂に語り終えられる時が来ました。最終巻だけに、頭の中を整理してから書きたいことも色々ありますが、あまり時間をおくのも何なので、ひ……

thumbnail

第168夜 髷と笑いの軌跡…『県立伊手高柔道部物語 いでじゅう!

「ご、ごめんね。なんか変な奴ばっかりで…/けど、よかったら見学くらいしていってよ!」「(いい!)」「林田達のかけ合いは、桃ちゃんのお笑い心に火をつけた!」 『県立伊手高柔道部物語 いでじゅう!』モリタイシ 作、小学館『週刊少年サンデー』掲載(2002年7月~2005……

thumbnail

【一会】『月光条例 28』……いまはまだ、泣くべき刻じゃないぜ

 26巻から毎月連続刊行されている『月光条例』。このまま最終巻まで行くのでしょうか。 (さらに…)……

thumbnail

【一会】『銀の匙 11』……年度終わりと、愛すべきシビアさ

 長いようでやっぱり長かった、エゾノーでの1年が終わろうとしています。  思えばハチも随分たくましくなりましたねー。自分のご飯は自分で守る、が染み付いているあたり、連載開始当初とは一味違う、強い生命力を感じます。  バレンタイン投下作戦とか闇鍋とか、楽しいエピソードを……

thumbnail

【一会】『月光条例 26巻』……それぞれができるコト

 「随意散漫」カテゴリでは継続中の漫画についても言及する、というわけで、先日発売の『月光条例』26巻について書いてみようと思います。(←後日追記:単行本1巻ごとの記事については、ひとまず「随意~」のサブカテゴリとして「一画一会(いちがいちえ)」を設定しました。)  ……



広告

広告