漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 星空 」 一覧

第162夜 憎しみと受容と愛をもって全天を仰げ…『ほしにねがいを

「私達みんなひとつだったんです」「あ! もしかして……ビッグバンの前の事?」「今もひとつです/私達みんな違うけどひとつ−−/ここの宇宙もその他の宇宙も/草木も虫も/鳥も魚も海も土も/マグマも時間も/空間も暗黒も/私も輝くんも/有るのはみんなひとつ−−/ただ/それを言葉で分けているだけなんです!」


ほしにねがいを (アフタヌーンKC)

『ほしにねがいを』中川貴賀 作、講談社『アフタヌーン』掲載(2013年2月~同年5月)

 無差別殺傷犯、叶(かのう)の起こした事件によって父を亡くし、癌で母も亡くした双子の兄妹、藤木輝(ふじき・ひかる)と香夜(かぐや)。高校2年生の夏休み、2人は父方の祖父オキナに呼ばれ、その家でひと夏を過ごすこととなる。
 そんな2人を迎えに来たのは、自らを「田中くん」と呼称する不思議な青年。彼の奇妙な言動に半ば閉口しながら、2人はオキナの家へ向かうのだった。
 オキナが2人を呼んだのは、1200年ぶりに発生する“ある天文的現象”と、それに先駆けて“星を人に変える”仕事を2人にさせるためだ。地球に落下してきた「落ちたてほやほや」の隕石の「情熱」を人に変える。それは、古今東西の多くの星追い人が行なってきた仕事。星は、自分を人にした者の“願い事”をひとつだけ叶えてくれるのだという。
 自ら名前をつけた星たちと、双子と祖父との共同生活が始まる。それは、2人の願い事を探す日々、そして同時に、命の広がり、宇宙の繋がりを感じ取る日々でもあった。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第101夜 恋と友情は、廻る星座とともに…『星の瞳のシルエット

「気がつくと/まわりはみんな/そわそわ わくわく/あの人がすき この人がすき/毎日ドキドキきらめいて 14歳――――そうね/憧れ とか/恋 とか/片思い………とか/そんなことばが/いつのまにか もう/似合うときになったんだな」 『星の瞳のシルエット』柊あおい 作、集……

thumbnail

第89夜 少しの不安は、田舎の夜空に溶けてゆけ…『きんぎんすなご

「あんなに いっぱい/あるんだからさ/あした 見つからなくても あさって/でなけりゃ そのさき/見つけたいと思っていれば かならず 見つかるよ/星は なくならないから」 『きんぎんすなご』わかつきめぐみ 作、白泉社『月刊少女フレンド』、『別冊フレンド増刊 ザ フレン……

thumbnail

第72夜 猫による夏宵の永遠軌道…『銀河鉄道の夜-最終形・初期形

「カムパネルラ また僕たち二人きりになったねえ/どこまでもどこまでも一緒に行こう」 『銀河鉄道の夜』宮沢賢治 原作、ますむらひろし 作、朝日ソノラマ(最終形1983年10月、初期形1985年8月)  学校へ通うジョバンニは、漁に出て消息が分からない父と、病気で臥せ……

thumbnail

第62夜 彼方に挑む者達と、一切をただ抱擁する者達…『プラネテス

「そのオッサンはな/地球(おか)の上で満足できる人じゃねェんだよ/オレにはわかる」「独りで生きて/死んで/なんで満足できるんですか/バカみたいよ/宇宙は独りじゃ広すぎるのに」 『プラネテス』幸村誠 作、講談社『モーニング』掲載(1999年1月~2004年1月)  ……

thumbnail

第54夜 星空を仰ぐ何人にも、女神の誘いは降る…『星世界たんけん

 2013/06/27  100夜100漫,

「星は何千万年何百億年っていう長ーい一生だけど/人間や犬、植物と同じ――/せいいっぱい生きて新しい生命のたねを飛ばして死んでいく――/それをくりかえす生命そのものはずっと続くのよ」「ずっと?」「そう/ずっと――」 『星世界たんけん』加賀谷穣 作・画、山岡均 監修、星……

thumbnail

第42夜 恋情も、不安も、諸共に携えて見上げよう…『宙のまにまに

「21分30秒/ポルックス方面2等級!/はいっ」 『宙のまにまに』柏原麻美 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(2005年9月~2011年7月)  この春から高校に入学する大八木朔(おおやぎ・さく)は、父親の単身赴任を期に、かつて住んでいた小杉野市に戻ってくる。文……

広告

広告