漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 熱い 」 一覧

第202夜 血溜まりに“真の友情”を映して…『バトル・ロワイヤル

「オレもだ……/オレもお前も少しずつ間違っていたんだ…/――だから俺とお前でだっ」「えっ!?」「オレの判断とお前の心(ハート)が一つになって……/本当の正解だっ」「………/……………ありがとう/川田」「――ったく………/お前ってヤツは涙腺の涸れねえ男だなっ」


バトル・ロワイアル (1) (ヤングチャンピオンコミックス)

『バトル・ロワイヤル』高見広春 原作、田口雅之 作画、秋田書店『ヤングチャンピオン』掲載(2000年2月~2005年2月)

 極東の全体主義国家、大東亜共和国。軍事政策を推し進め、アメリカを筆頭に世界各国と対立し半鎖国状態にあるこの国は、それでも優秀な工業輸出産品のために国民1人当たりGDPは世界一であり、一見、人々の暮らしは豊かだった。敵性音楽として目くじらを立てられるロックンロールも、ヤミルートなどの抜け道があって規制は案外緩い。
 しかし、この国には「ほんとうに最悪なシロモノ」もあった。正式名称、大東亜共和国戦闘実験第68番プログラム。1947年の第1回から毎年、全国の中学3年生からランダムに選出された50クラスに対し、閉鎖された空間で最後の1人になるまで殺し合いをさせる国家プロジェクトである。政府が“国家防衛上の必要から”と説明するこの制度は、当初こそ国民の猛反発があったものの、現在は表だって異を唱える者も少なく、毎年厳然と実施されていた。
 1997年、リトルリーグ時代は天才ショートと呼ばれ、ご法度のロックンロールを愛する“ワイルドセブン”こと七原秋也(ななはら・しゅうや)は、修学旅行に行くバスの中で眠らされ、見知らぬ教室で目を覚ます。彼ら香川県城岩町立城岩中学校3年B組の42人は、今回の“プログラム”実施対象である50クラスのうち1クラスに選ばれたのだ。
 秋也たちのゲームの舞台となるのは、香川県沖木島。外界から隔絶された世界で、1人ずつ異なった武器が支給され、クラスメイト同士による“椅子取りゲーム”が始まった。
 デス・ゲームの中、親友の国信慶時(くにのぶ・よしとき)が思いを寄せる中川典子(なかがわ・のりこ)と出会った秋也は、彼女を護ることを誓い、たくましい体躯をもち顔に傷を刻んだ転校生、川田章五(かわだ・しょうご)と共にこの“プログラム”そのものを破壊し政府にカウンターパンチを食らわそうと誓う。
 しかし、クラスメイトたちの思いは1つではない。無機質な天才、桐山和雄(きりやま・かずお)。既に魔性の芳香を放つ相馬光子(そうま・みつこ)。秋也に匹敵する運動神経とコンピューターの知識を持ち合わせるクールな色男の“ザ・サードマン”三村信史(みむら・しんじ)。ストイックな拳法使い杉村弘樹(すぎむら・ひろき)――。
 ゲームに乗った“ヤル気”の者、絶望して死を選ぶ者、仲間を信じて呼びかける者。交錯する意思と血しぶきの中、秋也は典子を護れるのか。そして、川田の云う“ゲーム脱出のプラン”とは。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第201夜 槌音が背を押す、それぞれの決意…『誰がために鋼は鳴る

「ケンちゃんさんの打つ音は/とてもキレイです/私 あの音を聞くと/がんばれるって思えるんです」「  そっか……」 『誰がために鋼は鳴る』天乃タカ 作、エンターブレイン『Fellows!』掲載(2009年2月~2010年6月)  神戸の北西、山裾に広がる三木市は打刃……

thumbnail

第200夜 かつての罪と命の重さ、抱えてなお歩け…『鋼の錬金術師

「目に見えない大きな流れ――/それを「世界」と言うのか「宇宙」と言うのかわかんないけど/オレもアルもその大きい流れの中のほんの小さなひとつ/全の中の一/だけどその一が集まって全が存在する/この世は想像もつかない大きな法則に従って流れている/その流れを知り/分解して再構築する…/そ……

thumbnail

第199夜 決意も、後悔も、伝えなくちゃいけない…『花もて語れ

「朗読にとって大事なのは聴き手の人数じゃない。/たとえ聴き手がたったひとりでも、それは読み手にとって大切な大切なお客さんだ。/舞台は、別に本物の舞台でなくたって構わない。/聴き手は友達だっていい。家族だっていい。/本当に聴いてほしかったら、舞台は他人に用意してもらうものじゃなく、……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 12』……絶大なり、漆黒の力

 アニメの人気が盛り上がっていますが、漫画本編の物語も一つのクライマックスと思われる『七つの大罪』、前巻から2か月おいての刊行。ちなみに限定版には、全キャラ誕生日付き2015年日めくりカレンダーが付いています。  今巻は、バンとメリオダスによる“大罪”同士の闘いに始……

thumbnail

【一会】『進撃の巨人 15』……それは誰が為の“選択”か

 考えてみたら、作品そのものについて言及するのは初めてです、『進撃の巨人』。  人類を脅かす強大な巨人が闊歩する“壁”の外と、母を殺され全ての巨人を駆逐せんと怒りに燃えるエレン・イェーガー、その幼馴染で卓越した戦闘能力を有すミカサ・アッカーマン、同じく幼馴染で体力的には……

thumbnail

【一会】『3月のライオン 10』……今ばかりは、“読み”は不要だ

 17歳の少年プロ棋士、桐山零(きりやま・れい)と、彼が独り暮らしをしている「六月町」(東京月島あたりがモデルと思われる)の対岸「三月町」に住むあかり・ひなた・モモの川本家3姉妹との交流を中心に、それぞれの家族の事情とか、個性的なプロ棋士たちの描写が興味深い本作。前巻から……

thumbnail

第191夜 逆巻く風雪は、ふたりのために…『千年万年りんごの子

「留まる力と/変わる力/それでも/すべてのものは無慈悲に終わる/小さな切欠によって/朝日/君だけが確かだ」 『千年万年りんごの子』田中相 作、講談社『ITAN』掲載(2011年12月~2014年2月)  1970(昭和45)年。一組の夫婦が誕生した。  東京の大……

thumbnail

【一会】『ドリフターズ 4』……“武士”は、それと認めた相手の首をしか欲しがらない

 遅くなりましたが書きます。歴史上の英雄・豪傑たちがファンタジー世界で一堂に会し、地域も時代も越えて共闘あるいは対決するという、男子なら誰もが一度は妄想したことがあるだろうストーリーを、作者の前作(100夜100漫第39夜)同様の洋画チックな台詞回し&一線を超えたマッドネ……

thumbnail

【一会】『七つの大罪 11』……“ただの言葉”が力になる時

 今月5日からのテレビアニメの影響がやはりすごい『七つの大罪』。勢いづいたところで11巻の刊行となりました。今巻を思い切り圧縮すると、王都での“七つの大罪”VS聖騎士の闘いに一応の決着が……と思いきや、魔神の血によって、事態は更に混迷を極めていく――といったところでし……

広告

広告