SF | 漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫-4ページ

漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 SF 」 一覧



第115夜 江戸前の七兄弟、親を偲んで旅路かな…『虹色とうがらし

「つまりなにか?/おれたちは一人の男があっちこっちの女に手をだして産ませた子どもってわけか?」「人ぎきが悪いな、それぞれみんな本気で愛しあった結果じゃ。/それが証拠に同じ年のやつは一人もおらん。」「ふざけるない!」


虹色とうがらし (1) (小学館文庫)

『虹色とうがらし』あだち充 作、小学館『週刊少年サンデー』掲載(1989年12月~1991年4月)

 はるか未来のその昔。地球によく似たとある星の、江戸という町でのお話。
 火消しの少年、七味(しちみ)は、片親だった母を亡くし、その遺言で龍神堀柳町(りゅうじんぼりやなぎちょう)に赴く。そこに建つからくり長屋には、七味と腹違いの兄弟が暮らしているのだという。
 父親のことを最後まで教えず逝った母の言葉をそれでも信じ、ほどなく長屋に行き着いた七味を迎えたのは、同じように母のない胡麻(ごま)、芥子の坊(けしのぼう)、菜種(なたね)、陳皮(ちんぴ)に山椒(さんしょう)の5人の異母兄弟。聞けば、もう1人、旅好きで不在の麻次郎(あさじろう)がいるという。
 長屋の大家、彦六(ひころく)から、この7人全員、母親が違うと聞かされた七味は「どこのどいつだ、その助平親父は!?」と憤るものの、煙に巻かれて長屋暮らしを始めることに。
 とはいえ、兄弟は落語家、坊主、発明少年に忍術幼児と曲者ぞろい。紅一点ですぐ下の妹、菜種は何かと七味に食ってかかるし、兄弟だけに打ち解けるのが早かった分、平穏な日常とはいかない按配だ。
 やがて兄弟は、せっかく揃ったのを節目に、それぞれの故郷を巡り、母親の墓参りをする旅に出ることに。しかし、仄見えていた陰謀が動き出し、兄弟達は命を狙われる破目になる。
 いったい刺客の狙いは何なのか。そして、まだ見ぬ兄弟達の父親の正体は。兄弟達の旅は続く。

(さらに…)



広告

広告
thumbnail

第99夜 破滅に挑む、人の悲しみと儚さか…『百億の昼と千億の夜

 2013/08/11  100夜100漫, , , ,

「神と戦うのか」「おお そうとも/わたしは相手がなに者であろうと戦ってやる/この わたしの住む世界を滅ぼそうとする者があるのなら/それが神であろうと戦ってやる!」 『百億の昼と千億の夜』光瀬龍 原作、萩尾望都 作、秋田書店『週刊少年チャンピオン』掲載(1977年7月……

thumbnail

第95夜 野望を貫き、護ることこそが悪の流儀…『はじめてのあく

「悪の組織が世界を獲ろうとする理由――わかるか来栖?」 『はじめてのあく』藤木俊 作、小学館『週刊少年サンデー』掲載(2009年1月~2012年5月)  神奈川県の藤沢で暮らす高校生、渡キョーコ(わたり・――)は、ある朝とつぜん体の自由を奪われる。従兄弟の阿久野ジ……

thumbnail

第93夜 仮想ロボバトルと男の娘の惑い…『バーコードファイター

「そのゴーグルを通して見た物は、ゲーム世界での現実なの。/烈ちゃんは今、パイロットスーツに身を包んで愛機のコクピットに座る……、/バーコードファイターなのヨ!」 『バーコードファイター』小野敏洋 作、小学館『月刊コロコロコミック』掲載(1992年3月~1994年6月……

thumbnail

第92夜 優しさ、ゆえに精神を壊す…『MIND ASSASSIN

「この平和な時代で/ボクの力が本来の意味で使われることは もうないと思ってた……/でも それは…自分が勝手にそう望んでいただけなのかもしれない…」 『MIND ASSASSIN』かずはじめ 作、集英社『週刊少年ジャンプ』→『週刊少年ジャンプ増刊号』→『月刊少年ジャン……

thumbnail

第91夜 鈍く終局する世界を見て歩くもの…『ヨコハマ買い出し紀行

「この数年で世の中も随分変わったわ/時代の黄昏が/こんなにゆったり来るものだったなんて/私は多分/この黄昏の世をずっと見ていくんだと思う/私には/時間はいくらでもあるからね」 『ヨコハマ買い出し紀行』芦奈野ひとし 作、講談社『月刊アフタヌーン』掲載(1994年4月[……

thumbnail

第82夜 旅の最果てを目指し、少年と彼女は行く…『銀河鉄道999

「あなたは機械の体をくれるという星へ行くのね/もし私をいっしょにつれていってくださるならパスをあげるわ/私と同じパスをあげるわ」「パス?」「そう/パスよ/無限期間有効の銀河鉄道の定期よ」 『銀河鉄道999』松本零士 作、少年画報社『少年キング』掲載(1977年1月~……

thumbnail

第81夜 ゲームと世界の特異点…『PSYCHO+サイコプラス)』

「知らないの?/この緑色はね……/悪魔の色なんだよ!!」 『PSYCHO+(サイコプラス)』藤崎竜 作、集英社『週刊少年ジャンプ』掲載(1992年11月~1993年2月)  もって生まれた緑色の瞳と髪という特異体質のせいで、日陰者の生活を余儀なくされていたゲーム好……

thumbnail

第79夜 貧乏とUFOと…『NieA_7ニア アンダーセブン)』

 2013/07/22  100夜100漫, , ,

「人はパンのみにて生くるにあらず?」「疑問形かよ!!/パン買えない人が言うな!!」 『NieA_7(ニア アンダーセブン)』安倍吉俊+g(ジェロニモ本郷)k(糞先生) 作、角川書店『月刊エースネクスト』掲載(1999年9月~2000年12月)  大学受験に失敗した……

thumbnail

第74夜 彼女は庶民的な日常とSF世界を行き来する…『成恵の世界

「飯塚クン/私なんか誘ってもつまんないわよ」「そ/そんなコトないよっ」「ビンボくさくてネクラでも?」「うん」「愛読書が女性セ○ンでも?」「う うん」「父が宇宙人でも」「うん」 『成恵の世界』丸川トモヒロ 作、角川書店『月刊少年エース』掲載(1999年4月~2012年……



広告

広告