漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 恋愛 」 一覧

第103夜 一つ屋根の下、可笑しく切なく青春は往く…『めぞん一刻』

「生きていれば――/いろんな欠点も見えてくるだろう。/でも 死人は無敵だ。/彼女の中で理想像が増殖していく。」


めぞん一刻 (1) (小学館文庫)

めぞん一刻高橋留美子 作、小学館『ビッグコミックスピリッツ』掲載(1980年10月~ 1987年4月)

 東京郊外の時計坂に建つ一刻館は、風呂なし、トイレ・洗面共同の木造アパート。浪人生の五代裕作(ごだい・ゆうさく)は、隣室の慇懃無礼に覗きを嗜む四谷(よつや)と、スナック勤務で下着姿でうろつく六本木朱美(ろっぽんぎ・あけみ)、それに主婦なのに酒ばかり飲んで息子を困らせている一の瀬花枝(いちのせ・はなえ)といった悪ノリ好きな隣人たちにおちょくられ、その度に出て行くの出て行かないので押し問答という幸薄い毎日を過ごしていた。
 ある日、管理人だった老人に変わって、新管理人、音無響子(おとなし・きょうこ)が赴任する。若く美しい響子に一目惚れした五代だが、響子は結婚半年で亡くなってしまった亡夫、惣一郎(そういちろう)のことが忘れられずにいた。
 受験、大学生活、就職と、いつでも瀬戸際に追い詰められる五代。そこに加えて曲者ぞろいの隣人たち、恋敵のイケメン三鷹瞬(みたか・しゅん)、五代に思いを寄せる女性たちが話を一層ややこしくする。ただでさえ天然気味な上に思い込みが激しく、亡き夫を慕い続ける響子に、五代の思いが届く日はくるのだろうか――?
(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第101夜 恋と友情は、廻る星座とともに…『星の瞳のシルエット』

「気がつくと/まわりはみんな/そわそわ わくわく/あの人がすき この人がすき/毎日ドキドキきらめいて 14歳――――そうね/憧れ とか/恋 とか/片思い………とか/そんなことばが/いつのまにか もう/似合うときになったんだな」 『星の瞳のシルエット』柊あおい 作、集……

thumbnail

第100夜 手を携え共に歩もう…『3×3EYES(サザンアイズ)』

「ヤクモ!! …大丈夫ナノ?」「へへっ/行こう香港!!/必ず君を人間にしてあげるよ」 『3×3EYES(サザンアイズ)』高田裕三 作、講談社『『ヤングマガジン増刊海賊版』→『ヤングマガジン』掲載(1987年12月~2002年9月)  東京新宿。親の都合で一人暮らし……

thumbnail

第85夜 甘口な、けれど薄荷も効いた日々…『ハチミツとクローバー』

「うまくいかなかった恋に意味はあるのかって/消えていってしまうものは無かったものと同じなのかって――」 『ハチミツとクローバー』羽海野チカ 作、宝島社『CUTiEcomic』→集英社『ヤングユー』→『コーラス』掲載(2000年6月~2006年7月)  美大生の竹本……

thumbnail

第67夜 偽りの表情が紡ぐ恋情と友情は、真実か…『彼氏彼女の事情』

「もし傷つくのなら/最初の相手は/有馬がいいわ/……/その日/“彼氏”“彼女”になりました。」 『彼氏彼女の事情』津田雅美 作、白泉社『LaLa』掲載(1996年6月~2005年3月)  神奈川県内トップの進学校、県立北栄高校に入学した宮沢雪野(みやざわ・ゆきの)……

thumbnail

第60夜 いまは遠ざかりし、優雅と峻別の時代の恋情を想う…『エマ』

 2013/07/03  100夜100漫, ,

「英国はひとつだが中にはふたつの国が在るのだよ/すなわち上流階級以上とそうでないもの/このふたつは言葉は通じれども別の国だ」 『エマ』森薫 作、エンターブレイン『月刊コミックビーム』掲載(2001年12月~2008年2月)  1890年代、英国。ヴィクトリア朝の終……

thumbnail

第56夜 ほの暗い情念のドラマを超えて暁は到来する…『朝霧の巫女』

「柚子/朝霧の「約束」は覚えてるか?/俺はそれを果たすよ/それだけは確かだ/どんなことがあっても/それだけは必ず」 『朝霧の巫女』宇河弘樹 作、少年画報社『ヤングキングアワーズ』掲載(2000年1月~2007年8月)  広島県内陸部に位置する地方都市、三次(みよし……

thumbnail

第53夜 やせ我慢上手な“恐るべき子供たち”…『こどものおもちゃ』

「…さあ…2人きりよ…私らも子供じゃないんだし…ケツ割って話そうじゃない? ん?」「…「腹」だろ/ケツはもうわれてんだよ」 『こどものおもちゃ』小花美穂 作、集英社『りぼん』掲載(1994年7月~1998年10月)  小学6年生の倉田紗南(くらた・さな)は青木賞作……

thumbnail

第51夜 ふたりでいるって、割と素晴らしいこと…『くらしのいずみ』

「俺らももう長いし/そろそろする? 結婚」 『くらしのいずみ』谷川史子 作、少年画報者『YOUNGKING アワーズ増刊アワーズプラス』『YOUNGKINGアワーズ』掲載(2006年4月~2008年1月)  世の中には色々な夫婦がいる。友達のような夫婦、文科系優男……

thumbnail

第44夜 恋と夢と。彼らが選んだのは…『部屋(うち)へおいでよ』

「ねェ……/これから……/いっしょに…/観よっか…/部屋(うち)においでよ…」 『部屋においでよ』原秀則 作、小学館『週刊ヤングサンデー』掲載(1990年月~1994年月)  東京、阿佐ヶ谷のとあるパブ。ピアノを弾く水沢文(みずさわ・あや)と、客なのに店の手伝いを……

広告

広告