漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 恋愛 」 一覧

第101夜 恋と友情は、廻る星座とともに…『星の瞳のシルエット

「気がつくと/まわりはみんな/そわそわ わくわく/あの人がすき この人がすき/毎日ドキドキきらめいて 14歳――――そうね/憧れ とか/恋 とか/片思い………とか/そんなことばが/いつのまにか もう/似合うときになったんだな」


星の瞳のシルエット 第1巻 (フェアベルコミックス CLASSICO)

『星の瞳のシルエット』柊あおい 作、集英社『りぼん』掲載(1985年11月~1989年4月)

 中学2年生の沢渡香澄(さわたり・かすみ)は、親友の森下真理子(もりした・まりこ)、泉沙樹(いずみ・さき)と慌しくも楽しい学校生活を謳歌していた。真理子が「好きな人ができた」と云うのを聞いて、香澄はいつの間にか自分たちがそんな時期にいることに気付く。
 恋愛経験の乏しい香澄にも、たった1つ初恋と云えそうな記憶があった。それは、幼い頃に祖母の家の近くのすすき野原で、見知らぬ男の子からもらった「星のかけら」の思い出。全天で最も明るい星、シリウスにも似たその石を、香澄は肌身離さず持ち歩き、大切にしていた。
 沙樹の幼馴染の白石司(しらいし・つかさ)への用事に付き合った香澄は、訪れた弓道部で司と一緒に弓を引く久住智史(くずみ・さとし)と出会う。真剣に的を狙う智史を知らず眼で追う香澄。彼こそが真理子の意中の人であると知り、軽い落胆を味わうが、そんな折、ラジオ番組に「すすき野原の男の子」から「シリウスの星のかけらの女の子」に宛てて曲のリクエストがかかる。
 「すすき野原の男の子」は誰なのか。香澄のほのかな恋心の行方は。中学から高校へと移ろう時と星空の下、少女たちと少年たちは、ひたむきで清冽な恋模様を描く――。
(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第100夜 手を携え共に歩もう…『3×3EYESサザンアイズ)』

「ヤクモ!! …大丈夫ナノ?」「へへっ/行こう香港!!/必ず君を人間にしてあげるよ」 『3×3EYES(サザンアイズ)』高田裕三 作、講談社『『ヤングマガジン増刊海賊版』→『ヤングマガジン』掲載(1987年12月~2002年9月)  東京新宿。親の都合で一人暮らし……

thumbnail

第85夜 甘口な、けれど薄荷も効いた日々…『ハチミツとクローバー

「うまくいかなかった恋に意味はあるのかって/消えていってしまうものは無かったものと同じなのかって――」 『ハチミツとクローバー』羽海野チカ 作、宝島社『CUTiEcomic』→集英社『ヤングユー』→『コーラス』掲載(2000年6月~2006年7月)  美大生の竹本……

thumbnail

第67夜 偽りの表情が紡ぐ恋情と友情は、真実か…『彼氏彼女の事情

「もし傷つくのなら/最初の相手は/有馬がいいわ/……/その日/“彼氏”“彼女”になりました。」 『彼氏彼女の事情』津田雅美 作、白泉社『LaLa』掲載(1996年6月~2005年3月)  神奈川県内トップの進学校、県立北栄高校に入学した宮沢雪野(みやざわ・ゆきの)……

thumbnail

第60夜 いまは遠ざかりし、優雅と峻別の時代の恋情を想う…『エマ

 2013/07/03  100夜100漫, ,

「英国はひとつだが中にはふたつの国が在るのだよ/すなわち上流階級以上とそうでないもの/このふたつは言葉は通じれども別の国だ」 『エマ』森薫 作、エンターブレイン『月刊コミックビーム』掲載(2001年12月~2008年2月)  1890年代、英国。ヴィクトリア朝の終……

thumbnail

第56夜 ほの暗い情念のドラマを超えて暁は到来する…『朝霧の巫女

「柚子/朝霧の「約束」は覚えてるか?/俺はそれを果たすよ/それだけは確かだ/どんなことがあっても/それだけは必ず」 『朝霧の巫女』宇河弘樹 作、少年画報社『ヤングキングアワーズ』掲載(2000年1月~2007年8月)  広島県内陸部に位置する地方都市、三次(みよし……

thumbnail

第53夜 やせ我慢上手な“恐るべき子供たち”…『こどものおもちゃ

「…さあ…2人きりよ…私らも子供じゃないんだし…ケツ割って話そうじゃない? ん?」「…「腹」だろ/ケツはもうわれてんだよ」 『こどものおもちゃ』小花美穂 作、集英社『りぼん』掲載(1994年7月~1998年10月)  小学6年生の倉田紗南(くらた・さな)は青木賞作……

thumbnail

第51夜 ふたりでいるって、割と素晴らしいこと…『くらしのいずみ

「俺らももう長いし/そろそろする? 結婚」 『くらしのいずみ』谷川史子 作、少年画報者『YOUNGKING アワーズ増刊アワーズプラス』『YOUNGKINGアワーズ』掲載(2006年4月~2008年1月)  世の中には色々な夫婦がいる。友達のような夫婦、文科系優男……

thumbnail

第44夜 恋と夢と。彼らが選んだのは…『部屋(うち)へおいでよ

「ねェ……/これから……/いっしょに…/観よっか…/部屋(うち)においでよ…」 『部屋においでよ』原秀則 作、小学館『週刊ヤングサンデー』掲載(1990年月~1994年月)  東京、阿佐ヶ谷のとあるパブ。ピアノを弾く水沢文(みずさわ・あや)と、客なのに店の手伝いを……

thumbnail

第12夜 欠ける月の下、優しい死とピアノの調べは歌う…『下弦の月

「あの月が欠けてゆく2週間があたし達に定められた運命なら/あの夜見た月が満ちる事は永遠にないだろう」 『下弦の月』矢沢あい 作、集英社『りぼん』掲載(1998年3月~1999年5月)  女子高生の望月美月(もちづき・みづき)は、街中でギターを弾く不思議な白人、アダ……

広告

広告