漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 恋愛 」 一覧

第144夜 死は炙り出す。誰もが“誰かの為の誰か”と…『潔く柔く

「あの人のことを/とてもよくわかっていますか?/あの人を……/…とてもよく………わかりたいです」「そりゃあ無理だ/とてもよくわかるなんて/他人の傲りだ/そんなこと言う奴は信用できない」


潔く柔く 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

『潔く柔く』いくえみ綾 作、集英社『Cookie』掲載(2004年1月~2010年1月)

 ある時とある高校で、彼らは巡り会った。瀬戸カンナ(せと・――)、春田一恵(はるた・かずえ)、川口朝美(かわぐち・あさみ)、真山 稔邦(まやま・としくに)。
 ハルタは幼馴染のカンナに想いを寄せていた。しかし真山もカンナへの恋心を募らせ、麻美はハルタを想う。夏の日、4人のうちの誰かと誰かの秘密が共有され、そして、ある出来事の衝撃が、彼らの日常を引き裂いた。
 そんなカンナたち1人1人が歩む道と、過去・現在・未来において交わり、あるいは交わらない、幾多の若者たちの、憧れと、喜びと、苛立ちと、絶望。
 凛として臆病な、そんな幾つもの道の錯綜の中、彼女の心は変わっていけるのか――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第138夜 2人の日々は、あのスイングとともに…『坂道のアポロン

「んふっ/相棒?/いやですよこんなの」「最高じゃないか/一緒にバカやれる友達なんて/大事にしろよ/恋愛と違って/友情ってのは一生もんだからな」 『坂道のアポロン』小玉ユキ 作、小学館『flowers』掲載(2007年9月~2012年7月)  船乗りである父の仕事の……

thumbnail

第137夜 波乱の刻を咲き誇った、幾つもの魂…『ベルサイユのばら

「神の愛にむくいる術ももたないほど小さな存在ではあるけれど…/自己の真実のみにしたがい/一瞬たりとも悔いなくあたえられた生をいきた/人間としてそれ以上のよろこびがあるだろうか」 『ベルサイユのばら』池田理代子 作、集英社『週刊マーガレット』掲載(1972年4月~19……

thumbnail

第127夜 奇想に重ねた、直球ど真ん中な成長ロマン…『美鳥の日々

「い…いや、違う!/何でオレの右手が女になってんだ!?/てゆーか、お前、何でオレのこと知ってんだよ!!!」「あ、あの…/それは…つまり、その…/私、ずっとずっと/か…片思いしてたんです。/セイジ君の事ッ!!」 『美鳥の日々』井上和郎 作、小学館『週刊少年サンデー』掲……

thumbnail

第123夜 恋の皮を被った私(わたくし)と関わりの物語…『モテキ

「あっ ちょい待ってて/あーうん/ごめんっちょっと待ってて/うっ またメール着信……/俺のキャパは一気に溢れかえった/これが/モテ期か!?/そんな/イキナリ!?/今 急に頂点なの!?」 『モテキ』久保ミツロウ 作、講談社『イブニング』掲載(2008年23号月~201……

thumbnail

第120夜 甘々な見た目に隠されたほろ苦さ…『シュガシュガルーン

「覚えてる…?/ずっと前…/約束したよね/「あたしたちは/ずっと親友」 『シュガシュガルーン』安野モヨコ 作、講談社『なかよし』掲載(2003年9月号~2007年5月号)  魔界に住む2人の小さな魔女、伝説の魔女シナモンの娘で元気者のショコラ=メイユールと、現女王……

thumbnail

第117夜 地に澱む神代の穢れに抗うは、筋肉質な純情か…『天顕祭

「木島/戻って来いよ/たった1年だけどよ/お前のいねェ足場はさみしいもンだ」 『天顕祭』白井弓子 作、同人誌発表(2006年2月~2007年8月)→サンクチュアリ出版より単行本  かつて、この国は「汚い戦争」を経験し、フカシとよばれる毒物に汚染された。そこかしこが……

thumbnail

第111夜 「今、ここ」から逃げ出したい、全ての人へ…『彼方から

「なんでこういう事態になったのかわかりませんが/とにかくっ/ぐじぐじしてたって仕方がないと考えましてね/こうしてお世話いただいているのも何かのご縁かと存じますし/この際 腹すえてついていかせていただきたいと決意した次第なわけでして」「………/何を言っているのかわからん」 ……

thumbnail

第110夜 少年よ、選択肢を切り抜けろ…『Doする!?パラダイス

「ど ど ど どうするよ/オレ~~~……!?」 『Doする!?パラダイス』玉越博幸 作、講談社『コミックボンボン』掲載(2005年8月~2006年10月)  クラスのアイドル、腐れ縁の幼馴染、ちょっと近寄り難かったはずの委員長……。そんな彼女たちに、気付けば少しだ……

thumbnail

第103夜 一つ屋根の下、可笑しく切なく青春は往く…『めぞん一刻

「生きていれば――/いろんな欠点も見えてくるだろう。/でも 死人は無敵だ。/彼女の中で理想像が増殖していく。」 『めぞん一刻』高橋留美子 作、小学館『ビッグコミックスピリッツ』掲載(1980年10月~ 1987年4月)  東京郊外の時計坂に建つ一刻館は、風呂なし、……

広告

広告