漫画のレビュー&随想 | 100夜100漫

――夜毎、お話ししましょう。貴方が私を縊(くび)らぬ限りは。

*

「 恋愛 」 一覧

第184夜 ズレとは、絶望であり希望でもある…『となりの怪物くん

「ハルのお陰で私は2倍忙しくなった/私のことだけじゃなくて/私以外のことも考えなきゃいけなくなったから」[他人(ひと)と関わる限り/傷ついたり/傷つけられたり/それでも/ひとを求めてしまうのは]「…まあ/しかたないか/きっと/そういうものなんだろう」


となりの怪物くん(1) (KC デザート)

『となりの怪物くん』ろびこ 作、講談社『デザート』掲載(2008年8月~2013年11月)

  高校に入学したばかりの水谷雫(みずたに・しずく)は、年収一千万を目指して勉学に励む少女だ。ダメ人間気味な父と、その代わりに外に出て働く母を見て幼少の頃から育って来たからかもしれない。勉強以外には関心が薄く、生き物が苦手ということもありクラスで孤立することもしばしばだったが、それも大して気にしていなかった。
 そんな雫はある日、担任から隣席という理由だけで、不登校の要注意人物、吉田春(よしだ・はる)の元にプリントを届けるよう仰せつかる。初めて会ったハルは、友達を作りたいと思いながらも常識のなさと無駄に強い腕っぷしのために孤立している少年だった。
 ハルの独自の思考回路によって気に入られた雫は、いきなりの告白を受ける。が、ひとまずそれは置いておいて、学校に来るようになったハルの斜め上を行く明晰さによる奇行と些細なトラブルで出てくる暴力に、雫は嫌々ながらも世話をやくことに。
 冷血少女と超問題児という2人にも、徐々に周囲との繋がりは出来る。美少女だがそれが原因で孤立し、友達を渇望しつつもネット上で独自の世界観を築いている夏目あさ子(なつめ・あさこ)や、野球部で人当たりのいい性格の佐々原宗平(ささはら・そうへい)といったクラスメイトとも仲良く(?)なり、雫とハルの微妙にヘンなコミュニケーションは続いていく。
 更にはハルの兄、優山(ゆうざん)、2人に奇妙なライバル意識を持つ海明学院のエリートのヤマケンこと山口賢二(やまぐち・けんじ)とその妹の伊代(いよ)、密かにハルを慕う委員長の大島千づる(おおしま・ちづる)たちの登場で、雫とハルの関係は一進一退ながら変化していくことに。そして、なぜ冷血なのか、なぜ怪物なのか。2人がそれぞれ抱えた孤独の本当の意味に、気が付く時も近づきつつあるのだった――。

(さらに…)

広告

広告
thumbnail

第181夜 人生の何気ない1コマに微笑せよ…『雲の上のキスケさん』

「いつもなら目にもとめないチラシの ありふれた一行が/今夜は あたしたちの胸を打つ/“出会いがすべて”/「会えてよかったね」/他に言葉がみつからない/そんな夜」 『雲の上のキスケさん』鴨居まさね 作、集英社『ヤングユー』掲載(1997年年5月~2003年12月) ……

thumbnail

第179夜 夜明けを呼ぶのは、異能ではなく決意…『黎明のアルカナ』

「この力は奇跡なんかじゃないわ/だから私が/奇跡に変えてやるの」「私の命は/あなたのもの/ナカバ様の心のままに」「ありがとう/ロキ」 『黎明のアルカナ』藤間麗 作、小学館『Cheese!』掲載(2009年1月~2013年6月)  人と、半獣半人の種族、亜人が暮らす……

thumbnail

第177夜 磁気仕掛けな少女の憧憬と、少年たちの惑い…『電影少女』

「ちょっ/ちょっと/キミはなに者なのかちゃんと説明してよ!」「ん/「ビデオガール」だってば/キミをなぐさめるために出てきたの/ビデオの中でもそう言ったろ」「そーいうことじゃなくてさ」「いいじゃね――か/どういう事だって/こまかいんだよおまえ!」 『電影少女』桂正和 ……

thumbnail

第175夜 水面に映る明朗快活…『ケンコー全裸系水泳部ウミショー』

「ここで泳ぐ意味ないことないよ/レベルとか/そんなこと言っちゃダメだよ/ここではみーーんな/楽しいから泳いでるんだよ」 『ケンコー全裸系水泳部ウミショー』はっとりみつる 作、講談社『週刊少年マガジン』掲載(2005年7月~2008年4月)  “ウミショー”こと県立……

thumbnail

第174夜 現代に咲く古式ゆかしい心地よさ…『チマちゃんの和箪笥』

「名前って……/私は和久井朝子ですが」「じゃあよく聞いて/朝子さん/朝子さんが この道を望んでるんじゃなくて/朝子さんの中の童(わらべ)が この道を望んでるの/その童が入部したのよ/敬意をはらって命名させてもらったわ」 『チマちゃんの和箪笥』佐野未央子 作、集英社『……

thumbnail

第168夜 髷と笑いの軌跡…『県立伊手高柔道部物語 いでじゅう!』

「ご、ごめんね。なんか変な奴ばっかりで…/けど、よかったら見学くらいしていってよ!」「(いい!)」「林田達のかけ合いは、桃ちゃんのお笑い心に火をつけた!」 『県立伊手高柔道部物語 いでじゅう!』モリタイシ 作、小学館『週刊少年サンデー』掲載(2002年7月~2005……

thumbnail

第165夜 かつてこの国が経験した、凄絶な季節に…『夏のあらし!』

「それでも/夏の間だけでも/生きて再びこの世界に居られることを感謝したいわ/だから精一杯/楽しく生きるわ/命短し/恋せよ乙女/紅き唇/褪せぬ間に…ってね/生きてるあなたは/恋をしなよ!」 『夏のあらし!』小林尽 作、スクウェア・エニックス『月刊ガンガンウイング』→『……

thumbnail

第164夜 10代は背伸びし、20代は首をすくめる…『たまりば』

「なんでハルオもまたアイス買ってんの?/さっき食べたじゃん」「オトナは1日にアイス2本食べてもいいんだよ」「いいなぁ〜/オトナ……」「そうでもねーよ」 『たまりば』しおやてるこ 作、エンターブレイン『Fellows!』掲載(2008年10月~2012年2月)  「……

thumbnail

第159夜 ともあれ、二人、生きていくのだ…『娚(おとこ)の一生』

「……私は……昔…」「もうええわ/君の過去のなんのは/つまらん/幸せの話をすると君は下を向くんや/過去には戻れへんのに/どうして目の前のぼくを見いひんのや?」 『娚の一生』西炯子 作、小学館『月刊フラワーズ』→『フラワーズ増刊 凛花』(スピンオフ)掲載(2008年7……

広告

広告